トップページ | 渇水の早明浦ダム »

地球環境報告Ⅱを読んで

少し古い本ですが『地球環境報告Ⅱ』を読みました。

この本が世に出て約7年。おそらくは悪化の一途を辿っているであろう地球環境。

地球のそこかしこから聞こえてくる破局の足音。

それを回避するすべを知ろうとも持とうともせず、ただ享楽の日々を過ごしている地球人・・・。

このまま、地球人は【ただの心しか持たないやせた猫】になるよりほかないのでしょうか?

いや、この本の中に出てくる「死に急ぐインディオの若者」のように、【ただの心】すら持てないまま、滅び去る定めなのか。

何もできず、ただ日々を過ごしている私には、それが相応しいものだとしても・・・。

|

トップページ | 渇水の早明浦ダム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/4675853

この記事へのトラックバック一覧です: 地球環境報告Ⅱを読んで:

トップページ | 渇水の早明浦ダム »