« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月の7件の記事

キレンゲショウマ!

H17・7・29 晴れ 午後はにわか雨。

見の越~一ノ森~剣山~見の越

昨日、久々に、剣山のふもと、行場のキレンゲショウマ群生地を訪ねました。

見の越には、以前来た時には工事中だった場所に、新しく2階建ての駐車場ができてました。

5:30 登山開始! 

画像はp10002221 登山口の神社の参道。

付近にはニッコウキスゲ?の黄色い花が咲いていた。

6:10 西島リフト駅 

風は強く、少し寒い。登山口からここまでに咲いていた花。

ギンバイソウ・タカネオトギリ・ナンゴククガイソウ・イブキトラノオ・シコクフウロ等

p10002251

刀掛けの松 

ここの分岐から行場へ

2 咲いてました、キレンゲショウマ!

でもまだ蕾のものがほとんどで、咲き揃うのは来週末くらいかな?といった印象。

でも、ホント、いつ見てもキレイな花です~!(≧v≦)

7:25 行場の散策が終了。一ノ森へ。

2

8:25 一ノ森頂上。朝のうちにはガスっていた剣山もすっきりと見えた。

8:45 一ノ森ヒュッテ。トイレを拝借。

そして、徳島から来られ、ヒュッテに泊まられていたご婦人と、少し会話。

ニッコウキスゲの名を教えていただく。そして、クマザサ茶を、ご馳走してもらう。

このご婦人には、一ノ森から南の槍戸山行きを勧められるが、

この日は夕方に用事があったのであきらめる。(でも、次回は必ず行きます!)

9:50 剣山 ガスはさらに晴れてきて、三嶺も見え出す。

10:40 トラヴァース道~大剣神社~リフト駅 

11:30 遊歩道経由で下山。

ーー♪ーーこの日の感想ーー♪ーー

キレンゲショウマ・やはり7月ではちょっと早かった・・・(^_^;)

徳島のご婦人に聞いた話ですが、今年は鹿の食害の影響で、例年の半分くらいしか咲いていないとか。

よほど山にエサがないのか、それとも、天敵がいないから、個体数が増加して、今まであまり食べなかったものにまで手を出すようになったのか・・・。

どちらにせよ、自然のバランスが崩れている、ということだけは、間違いなさそう。

この日もやはり下山途中、リフト駅を過ぎたあたりで左膝が痛くなる。(>_<)

もう少し強化する方法、、何かないものか、日々悩んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅「633美の里」

西条市の「ひうちの湯」へのドライブの途中、休憩に立ち寄った道の駅「633美の里」。

久々に訪れたが、相変わらず、たくさんの品揃え。ちょうど夏野菜の旬ということもあり、数多くの種類の野菜があった。これらは、「名珍菜」と呼ばれ、ここの名物となっている。

特に驚いたのは、はじめてみた「赤いオクラ」。!(^^)!

味は全く同じとのこと。普通の緑のオクラと並べれば、料理のよい彩りとなりそう。

ほかにも彩り候補として、白いナスがあった!加熱しても白いままか、聞きそびれてしまった。どなたか、ご存知ありませんか~?

いずれの野菜も帰りだったら買ったのに・・・と予定の立て方を少し後悔した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「西条市・ひうちの湯」入湯記

んー、実にいい湯でした!(≧v≦)

まずは内風呂。浴槽は広々としていて、その中央にお湯の噴出し口が。その周囲には、ジェット風呂、泡風呂、電気風呂などが取り囲んでました。

サウナは2種類。遠赤外線のサウナとスチームのサウナ。どちらも広い!ともにテレビも付いていて、長時間の沐浴にも耐えられるつくり。

外の露天風呂。これは温度の違いで2種類。方やぬるめの34度、もう片方は42度の設定。露天風呂は源泉そのままのようで、茶褐色に濁っていて、いかにも効きそうな感じでした。

内風呂、露天風呂共に、お湯がとてもキレイ!(^^) ちゃんと毎日入れ替えているという説明書きがあり、実際、湯垢など全くついてませんでした。

温泉には居酒屋チェーンの「養老乃滝」が併設してあり、酒飲みには最高の場所でしょう!

入湯料は大人600円。施設の充実度を考えるとお得な部類に入るのではないでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野川源流探訪記

2005・7・1 深緑の吉野川源流点

画像はp10001401 まだつぼみ?のギンバイソウ

渇水の影響で水が少なく、歩きやすいだろうとの判断で、
沢歩きをしてみようと計画。
以前から一度行ってみたかったこと、
そして今、渇水で話題となっている早明浦ダムの源でもある吉野川の源流へ。

高知市から、国道194号線を通り、長沢から県道石鎚公園線へ。
最奥の寺川集落から、さらに林道を行き、登山口のある源流橋まで約2時間。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
5:15 源流橋(登山口)
はじめは植林の中。少し行くとすぐに自然林となる。
登山道ははじめのうちは沢をはるか下に見ながら右岸を奥へ。
                                           
5:47 30分標識・第一渡渉点(休3分)
ここで沢に下りる。
急な斜面に木の梯子がかけられている。
最初の渡渉。靴を濡らしながら左岸へ。
                          
6:08 第二渡渉点
ここは広々とした河原になっている。
再び右岸へ。滑らないように慎重に渡る。
ここからは、右岸~左岸を行ったり来たり。
途中、登山道が切れているところもあるが、岩伝いに沢を歩けば問題なし。
全体的に沢は平坦なので、登山道は無視して、
沢を歩き通しても、さほど危険はなさそう。
気にせず、滑らないように慎重に奥へと歩く。
                            
7;05 吉野川源流モニュメント
p10001442
円いモニュメントが印象的。
写真では分かりにくいが、中心部分は四国の形にくりぬかれている。
                                        
                                         
                                         
7:20 モニュメント奥の滝
p10001481
想像以上に滝には水がなかった。
モニュメント~滝の間は伏流水となっていて、
水不足の深刻さを実感する。
しばらくここでゆっくり・・・と思っていたら、ポツポツと雨。
仕方がないので合羽を出し、雨にぬれて滑りやすくなった岩を慎重に伝いながら下山。
私のコースタイム。

5:15 源流橋(登山口)
5:47 30分標識・第一渡渉点(休3分)
6:08 第二渡渉点
6:17 45分標識
6:34 60分標識      (休5分)
6:55 75分標識
7;05 吉野川源流モニュメント
7:20 モニュメント奥の滝
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
7;40 モニュメント奥の滝
7;50 吉野川源流モニュメント
8;40 第二渡渉点      (休5分)
9;25 源流橋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空と君のあいだに

今日、槙原敬之バージョンの『空と君のあいだに』をレンタルで聴いた。

収録されているアルバムは「LISTEN TO THE MUSIC」

感想は・・槙原さんの声は優しすぎ、かな?

歌詞に、【僕は悪にでもなる】とあるけど、ちょっと悪にはなれそうもない気がしました。

逆に、ユーミンの『春よ、来い』ではその優しさが、

いいほうに出てたと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水不足解消?

今日は朝から断続的に強い雨。

1日から降り続いた雨で、ダムの貯水率も回復しつつある模様。

仁淀川上流の大渡ダムでは、増水のため放水をしていいる。

空梅雨だった6月とは対称的に、

今後一週間は、これまでの帳尻を合わすかのような雨の予報。

人間の都合のいいようには、いかないのが自然とは知りつつも、

しばらくは洗濯物が乾かない日々が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渇水の早明浦ダム

p10001701 渇水の早明浦ダムの底から姿を現した旧大川村役場(17・6・30撮影)

見事に水がない・・・。この姿を見に、平日にもかかわらず、多くの見物客がいた。

p10001691

上流の長沢堰堤も同じように水枯れ。

1日夕方から~2日昼にかけて、久し振りに雨らしい雨が降ったが、

水不足解消!とまではいかないだろうな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »