« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の19件の記事

餅・赤飯のヱビスヤ

昨日から、高松に遊びに行ってました~。

 

今日は、昨年、西赤石山で偶然にお会いし、

道中ずっとご一緒していた「お餅さん」のお店にお邪魔してきました。

高松市内のアーケード、「片原町商店街」にある、

明治時代創業の、由緒あるお店です。

http://www.mochi.co.jp/ 

  

「お餅さん」も、私のことを覚えてくれていて、

餡餅を3つ買っただけの私に、

抹茶と三色団子のご接待。

その上、お赤飯をお土産に包んでいただきました。(^^)v

 

どれもとても美味しく、

特に、餅そのものの味が素晴らしく感じました。

モチモチ感、粘り、甘み・・・、材料のもち米の特徴なのでしょうか?

老舗ゆえ、何か特別なもち米を使っていそうな感じがします。

 

諺にある、「餅は餅屋」の言葉を実感しましたね~。

「お餅さん」感謝です~! m(__)m

また、伺いますね!(o^-’)b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

懐中時計

昨日、初日を迎えた、

「夜会VOL.14─24時着 00時発」

そのグッズで、個数限定の懐中時計(12000円)。

何でも、3~4時間前から並んでいる人もいたらしい・・・。

そういった流れが落ち着く頃観に行くとはいえ、

購入は、厳しいかなぁ・・・。

でも頑張ってみよう~♪ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカ焼き!

先日、イカを頂いたのですが、p10004991

すっかり忘れて冷蔵庫で眠っておりました。(汗)

今日、それを思い出し、何を作ろうかな~と考えていたら、

ある料理が頭の中に舞い降りてきました。

それが・・・【イカ焼き】!!

 

砂糖・しょうゆ・みりんをひと煮立ちさせて、タレをつくり

刷毛で塗って照り焼きにしました。

美味しかったけどでも、

ちょっと焦がしちゃったのが、残念でした~(-_-;)

 

焼いているときに漂う香りの懐かしい事!

縁日で漂っていた、あの香り・・・。

な~んとなく、ほのぼのとしちゃいましたね~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、一番の話題

某元社長が言ったとされている言葉。

~「人の心は金で買える」~

確かに、それは一面の真実。

それゆえ、マネーを武器に人心を掌握し、

ここまで成長を遂げることができたのだろう。

・・・が、彼はあることに気がつかなかった。

お金で得た心は、お金によって失う事を・・・。 

 

いずれ分かるでしょうが、

今回の事件が公になった後、

一番得をした人物が、内部情報を検察にリークしたのではないかな~

というのは、考えすぎでしょうかねぇ?

(↑つまり、サスペンスドラマの見すぎ?(笑)

 

後任に社長、あるいは取締役となった人物、

彼らの言動、ちょっと注目してます。

それと、他のヒルズ族の某社の買収行動なんかもね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間伐作業

今日は、NPO法人「土佐の森・救援隊」の活動で、

愛媛県との県境に近い、いの町本川地区の長沢へ。

作業内容は、立ち木の伐採。

 

チェーンソーを振り回すこと約2時間半。

今回は、初心者の参加が無く、

その指導をする必要がなかったこと。

そして、一人での作業がほとんどだったので、

思う存分、作業をすることができました。

 

ただ、やはり山間部は気温が低い!(>_<)

そして、風も少し強く吹いていたため、

ちょっと、風邪をひきかけているみたい・・・。

 

どんな作業だったか・・・などは、また後日書くことにして、

今日は早めに寝よう~~(-_-)zzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は誕生日~(^^♪

1978年1月21日、午後1時47分頃に、私は生まれたらしい。

以来今日まで、あっという間の出来事でした。

 

毎年、誕生日が来ると、思い出す言葉があります。 

そして年々、実感が強まる言葉でもあります。

その言葉とは・・・、

「騏驥の馳せて隙を過ぐるがごとし」 ~『荘子』盗跖編より~

戸の隙間から、走り去って行く馬を見るようなもの、

という意味なのですが・・・、

この言葉どおり、

人生って、本当にあっという間の出来事なんですね!

 

僅か28年生きてきただけで、

こんな事を言うのは不遜な事なのですが、

それでも、思わずにはいられないですね~。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

健康診断

一年ぶりの健康診断。

嬉しかったのは、体重が3キロ減ったこと!

この冬は、トレーニングを休まなかったので、

夏に減った体重を、ずっと維持できてる!

体調ももずっと良いままだし、

良い傾向だにゃ~♪

 

昨冬は、トレーニングをサボったので、

夏に減った分が戻っちゃったからな~(-_-)

この調子で、体重と健康、維持してゆくぞっ!p(^^)q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サヨナラCOLOR」(ネタバレ注意!)

ちょこっと感想。
でもまだ見てない人もいると思うので、
そういった方はこの日記、見ないでねっ♪

~ただいま、昨日の映像を、頭の中で巻き戻しちう~
~同じく再生ちう~
~感想文、仕込みちう(笑)~ 

きっちり2時間で起承転結。
淡々と流れてゆくストーリー。
いかにも映画らしい映画、そういった印象でした。

ストーリーの展開としては、
未知子の全く記憶の埒外だった、
正平の存在。

が、医師として、人間として、
正平が、心を尽くすうちに、
徐々に気持ちが移ってゆく未知子。
ついには、正平にプロポーズまで・・・。

プロポーズの返事を待つ、子宮ガンが治った未知子。
が、しかし・・・、
自らのがんにより、
まるで未知子の身代わりとなるかのように死んだ正平。
そして、ランプ職人として一人旅立つ未知子・・・。

映画を観終わって、頭の中をよぎったのは、
巖岳先生・・・それは役名だがね~(~--)/(^^;)、
もとい、みゆきさんの「命のリレー」。

この歌もある意味、
「サヨナラからはじまる物語」ですものね~

何を書いているのやら、取り留めがなくなくなってきた(笑)
収拾がつかなくなったのでこの辺で(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サヨナラCOLOR

みゆきさんの出演している映画、「サヨナラCOLOR」を

美術館ホールで観てきました。 

 

外科医役のみゆきさん、やっぱりステキ!(*^_^*)

みゆきさんらしい存在感は、十分感じました。

でも、出演時間短すぎ~(;一_一)

 

映画そのものは、予定調和というか・・・、

まぁ、ありがちなストーリーでしたが・・・(-_-;)

 

それより何より、相変わらずの頭痛で、

映画を楽しむどころではありませんでした~(×Δ×)ξ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チケットキタ━━━━━(゚ ∀゚ )━━━━━!!!!!~!

夜会のチケット、今日到着!

席は・・・なんと端っこ!( ̄□ ̄;)ガーン!

列は全体の真ん中程度。

まぁ、選べるものではないから、仕方ないですね~

しかも今回は、公演チラシの同封もなし(-_-;)

それくらい、サービスしてくれても良いのにな~(ノ_・。)

でも、楽しみだ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭痛持ち(笑)

タイトルどおり、私は頭痛餅・・・いや持ち。(~_~;)

特に、これからの花粉症の時期に多く発生。

理由は、鼻をかむことが多くなる為。

その刺激が良くないようで、時々痛みます。(-_-;)

(強くかまないようにはしているのですが、回数が多くなるとどうしても・・・(-_-;))

厄介な事に、市販の頭痛薬である、

(バファ○ン・ナロ○エース・ノー○ン)等は効かず、

脳神経外科で処方された頭痛薬をのんでます。

今日は頭痛でさんざんな一日でした~┏(>o<)┓

♪~明日は少しましになれ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな記事見つけた!

ネットをぶらぶらしていて、こんな記事を見つけました。

北海道日刊スポーツのWEB記事

オリコン1位の歌の中に、「地上の星」が入ってないところを見ると、

かなり前の記事みたい。

http://www.kita-nikkan.co.jp/40years/y_050140.htm

「母娘で良く似て見事な胸」のお母様や、

「頭の切れそな二枚目マスター」の写真もあり、

興味深かったです。(^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新年の抱負(遅っ!)

  • 体重を、平均55キロにするっ!p(^^)q(現在56、5キロ)
  • 新しい仕事を探すっ!(夢に向かって、走るぞ~♪!)
  • 石鎚山に、「イシヅチザクラ」を見に行く!
  • ・・・・・・後思い出したら、その都度追加しますっ!('◇';ゞ

とりあえず、以上!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮込みハンバーグ♪

今日は、煮込みハンバーグを作りました♪

p10004631 トマトソースでコトコトと。

でも・・・、卵入れるの忘れた~~(笑)

パテを作っているっ途中、

何となく、やわらかすぎるな~って思っていたのですが・・・。

作り終わって、台所の片隅をふと見ると、ぽつんと卵が一つ(・_・;)、

まぁでも、何とか形になって、無事に出来上がり~(^^)

いい具合に煮えました~(o^-’)b

 

参考にしたレシピはこちら!(^_-)-☆

E・recipe

http://www.rae-recipe.org/regulars/322/041220_1.html

 

でも、分量など、自家流(早い話が適当^^;)にしたところも多かったです。

食べた感想は・・・( ̄~ ̄)ξモグモグ。

まあまあ・・かな?。

ちょいと塩が足りなかったみたい・・・(~ヘ~;)。

少し間隔をあけて、また作ろっ(^^♪

今回はトマトソースだったから、

次はデミグラスソースでやるぞっっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「街路樹」~ウインター・ガーデンより

飛躍した思考なのは承知の上で書きます。(~_~;)

 

この歌、自然林と人工林の違いにも、

当てはまるのではないだろうか?。

人工林とは、文字通り、人が植えて作った林。

つまり、そこで生まれた者はないわけで、

だから、人工林は、妙に淋しい雰囲気があるのかな・・・、

自然林は、もっと賑やかな感じがします。

・・・な~んてね!

ちょっと、センチメンタリズムに流されちゃいました~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スギ花粉・・・。

もうすぐ花粉が飛び始める季節。

遠目に杉林を見れば、オレンジ色に染まっている箇所も目に付いてきた。

でも今年の花粉予想では、例年より少ないらしい。

予報どおりだといいな~♪

 

しかし、このスギ花粉症。

もし、戦後の拡大造林政策が無く、

人工林の量が、ほどほどに保たれていたとしたら、

これほどのことにはならなかったのだろうか?

物事に、”もしも・・・だったら”はないとしても、

考えずにはいられないですね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すや「栗きんとん」

「栗きんとん すや」

岐阜県中津川市にある和菓子屋さんです。

中津川は栗の名産地として名高く、それゆえ、

栗きんとんを作っている御菓子屋さんは沢山あるのですが、

その中でも、人気はトップクラス!

 

そのお味は、と言えば、早い話が栗の味(笑)

が、しか~し(笑)、これぞまさに、

「栗きんとんは栗より出でて、栗より美味し」

と言うべき物で、しっとりとした食感、穏やかで自然な甘さ、栗の香気・・・

どれをとっても非の打ち所のない絶品!

甘いものがお好きな方、是非、ご賞味あ~れ!ヾ(@^▽^@)ノ

 

「栗きんとんすや」

http://www.suya-honke.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みゆきさんに歌って欲しい歌」~夜会編第1回

「街路樹」~夜会vol.12~「ウインター・ガーデン」より~

DVD「夜会の軌跡」に収録されてはいますが、

歌っているのは、杉本和世さん。

杉本さんの声も良いけど、やっぱり、みゆきさんの声で聴いてみたい。

個人的な想像なのですが、もしみゆきさんが歌うとしたら、

闇夜のテーブル」や「女という商売」のような、

毒気のある声で、歌いそうな気がします。

 

杉本さんバージョンのアレンジ&声だと、

街路樹が軽やかに会釈を返している様子が思い浮かびます。

翻って、みゆきさんが毒気のある声で歌うと、

そこで生まれた者ではない、街路樹の孤独感を、

よりいっそう、引き立たせる事ができそうな気がします。

 

ウインター・ガーデンで使われた歌は、

一部を除いて、CDにもDVDにも未収録の歌が多いので、

二度と聴く機会のなさそうなのが、ただただ残念!(>_<)

「朱を奪う紫」「凍原楼閣」「氷を踏んで」等々・・・。

みゆきさ~ん「ウインターガーデン」の再々演、

いつかお願いします~m(__)m 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年!

今年の正月は、昨年末の寒波が嘘のような、

暖かい幕開けとなりました。

どなた様にとっても、穏やかで暖かい一年になりますよう、

心より、お祈り申し上げます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、昨年のクリスマスケーキの続報です。

生クリームの<色>の訳、小笠原さんに直接お伺いして、判明しました。

 

通常、生クリームの香り付けには、

バニラビーンズを使うのだそうですが、

それを使わず、「ペパーミント」を使うのだそうです。

それゆえ、生クリームが僅かに緑がかる、とのこと。

(他にもリキュールなどが入っているようです)

 

また、ペパーミントを使う利点として、

甘さを控える事ができるようです。

そして、もうひとつのお話として、

「何故和菓子屋さんがケーキか」の事もお話下さいました。

それは、かつて働いていた職人さんが、

某有名ホテルで働いていたため、

洋菓子のノウハウも持っている、とのことでした。

 

それをさらに改良して生まれたのが、

「和菓子屋さんのクリスマスケーキ」

なのだそうです。

 

なるほど~(ёoё)です!

だから、私の第一感で、

「和菓子屋さんらしさがない」と考えてしまったのでしょう(~ヘ~;)

やはり、話は最後まで聞いてみないと分りませんね!

  

最後になりましたが、

色々教えてくださった小笠原さん、

どうもありがとうございました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »