« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月の11件の記事

「サヨナラ・コンニチワ」と「TOURIST」

この2曲、何となく似てるなぁ~~・・・・・。

「サヨナラ・コンニチワ」は、

24時から0時の間の事を詩にしているけど、

「TOURIST」は、

0時から24時のことを詩にしてい感じ。

 

みゆきさんの別の詩(目を開けて最初に君を見たい)で言いかえると、

「サヨ・コン」は、<今から始まる長い一晩>で、

「TOURIST」は、<今から始まる長い一日>というところかな?

 

むむぅ・・・、これ以上、論理的に説明できない私のおつむの弱さ!(>_<)

いかんともしがたいですなぁ・・・(笑)

もう寝よう~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜会のラストシーン

 夜会、東京公演もあと2日~。

 私が見た7日から、な~んともう2週間!。時間の過ぎて行くのが早すぎる~(・_・;)

 先日、久々に「銀河鉄道の夜」を読み返しました。

 「24時着00時発」のモチーフとなった、この童話。改めて読んで、夜会のラストシーンを考えるヒントを貰いました。

 川辺アカリは、初めの命では、いまいち仕事が上手く行かず、夫もうだつが上がらない感じでしたが、転轍機を切り替えた、もう一つの命では、夫婦共に、仕事において成功を収めた様子を出していました。

 

 この表現、"命が切り替わった"ということを、観ている人に感覚的・視覚的に解り易くするために必要なのでしょうが・・・。

 ただ、「仕事の成功=幸福」というのは、ちょっと単純すぎるかな~という気もしています。

 この新しい人生でも、相変わらず仕事は上手く行かないけど、夫も冴えないけれど、「それでも幸せだわ~」・・・と言うようなラストなら、もっと洒落てたかも・・・? 

  な~んて、みゆきさんの誕生日にもかかわらず、不届き千万な事を考えてしまった私でした~(殴)(蹴)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京紀行・番外「東京ごまたまご」「篇」

a001088_ ネットで画像を探して、貼り付けてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京紀行・番外「東京ごまたまご」

a001088_ こういうやつです~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京紀行・その5「東京見物~帰高」篇

9:00

 やはり、普段と違う時間帯だからかな?ほとんど眠れず。かえって目が冴えてきたので、出発の準備。ニュースを見ながら、荷物をまとめ、チェックアウト。

9;30

 新宿駅へ。ここからは、東京メトロ新宿線に乗り、神田神保町へ。

10:00

 神田神保町駅。ここは、日本有数の古書街。ありとあらゆるジャンルの本屋さんが軒を連ねていて、見ているだけでも飽きない、お気に入りの場所。

 ただ、時間が少し早く、まだ開店してないお店が多かったので、とりあえず腹ごしらえ。例によって、蕎麦屋さんで「ミニ天丼と蕎麦のセット」を食べる。

10:30

 お昼までの予定で、各書店をぶらぶら&立ち読み。欲しい本も色々あったが、今回は予算がないので、じっと我慢!(>_<)

 買わない理由のひとつとして、前回の夜会で、ここに来たときに買った本で、まだ読んでない本が家で待ってるから、それが申し訳ない、との思いもよぎりました~。('◇';ゞ

12;00

 神保町の隣、小川町へ。

 このあたりには、登山用品店が多く立ち並んでいて、ここもまた、山好きの私には、お気に入りの場所♪。登山用のザックや靴、軽くて機能性の高いコート、などなど欲しいものは数多くあるけれど、これもまた予算不足なので、何も買わずに見~て~る~だ~け~。(笑)

14;00

 一通り、お店を見て回ったので、いよいよ帰路に。JR神田駅まで歩き、そこから浜松町~モノレールで、羽田へ。

15:00

 羽田空港で、会社へのお土産の物色。今回買ったのは、「東京黒たまご」なる商品。20個で1500円くらい(うろ覚え^^;)と、一個あたりの値段も安価だったので 「東京ばなな」の予定を変更して購入。

 ホワイトチョコでコーティングされたおまんじゅうの中に、黒ゴマの餡が入っていて、みやげ物の中ではかなり美味な方。お土産を配ったみんなの感想も上々でした。(^^♪

15;30

 地下の洋食屋さんで夕食。「ハンバーグ(ライスつき)850円」を食べるが・・・、ひと目で、冷凍物を暖めただけと分かる、悲しくなるような代物。味も、今ひとつ・・・(×Δ×)ξ

 あまりの悔しさに、「次のお休みには、必ずハンバーグを作るぞっ!!p(^^)q」と、心で誓ってしまったのでした。(笑)

16;35 羽田発

 東京湾に照り返す夕日が眩しい中、離陸、少しして、橙色に染まる富士山を見ながら、今回の旅を想い帰す。

 いろんな人に会いました。憧れの人、久しぶりの人、初めての人、通りすがりの人。

 たくさん歩きました。新しい場所、懐かしい場所・・・。

 心をよぎる様々なものを思ううち眠くなり、静かに体をシートに横たえる。

18;30 高知空港着

19:30 家に着く 

 後片付けもそこそこに、翌日の仕事に備え、就寝。

 前日の朝に家を出て帰るまで、37時間の旅行記、これにて終了!

ふぅ~・・・・・・書くの、疲れた~~~(爆) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京紀行・その4「カラオケオール」篇

1;00 カラオケ「パセラ」

 世情で「S氏」と分かれた後、すぐ近くにあるカラオケ店「パセラ」へ。

 歌舞伎町界隈には、たくさんのカラオケ店があり、どこがいいか迷ったので、みゆきファンの知人「R氏」に相談。

 すると、「ここが世情からも近く、どこの機種でもあるから、お勧めだよ!」、と教えていただく。(「R氏」感謝です~!m(__)m)

 受付で、「何時間の予定ですか?」と聞かれたので、「フリータイムで」と答える。すると、「では、朝までコースですね」との返事が。 

 朝まで・・・って、何時までかな~と思ったら、なんと7時まで! 地方では、せいぜい5時までなので、さすが、眠らない街・東京!です(笑)。

 案内された部屋は、かなり小さく、せいぜい3人まで。4人では、ちょっときついかな?というくらいの広さの部屋。

 とりあえず、何か飲み物を・・と思い、メニューを見ていると、「ご注文は、リモコンで」とある。へっ?と思い、リモコンをよく見ると、曲目予約とは別に、注文予約のボタンがあるのに気が付く。これはなかなか便利な機能。

 ボックスの電話で注文するときに、他の人が歌っていると、うるさくて注文し難いことが多いですからねぇ。このシステムなら、そんな気遣いなく、すぐに注文が出来るので、他のボックスでも、是非導入して欲しいな、と強く感じました。

 ビール・カンパリオレンジ・ピザ・カニサラダ、をとりあえず注文。・・・さて、何を歌おうかなな?と、歌本を開き、そぞろ見ていると、「失礼しま~す」とドアが開き、飲み物が運ばれてきた!

 あまりの早さに、知人と二人、目をぱちくり。(ё_ё) 平日の深夜とはいえ、そんなに暇そうにも見えなかったのに、この早業。田舎のボックスとは、大違いだな~~と、洗練されたサービスに感心することしきりでした。

 この後、7時前まで、延々と二人でカラオケ。私が歌った歌は、「窓ガラス」「あほう鳥」から始めて、最後は「闇夜のテーブル」「我が祖国は風の彼方」まで。互いに、ほぼあいうえお順に選曲しながら歌いまくりました~♪(ちなみに私は35曲歌いました~('◇';ゞ)

 7:00 退店

 これだけ歌って料金は、「朝までコース2100円+飲み放題1050円+おつまみ代」だけ。お一人様4300円でした~(安いっ!)

 知人を新宿駅まで送る。

 さすがに、朝の時間には、変な呼び込みはいないが、夜の街で働いていたであろう、お兄ちゃん・お姉ちゃんたちが、だるそうにウロウロ。中には、歩道の真ん中で、ギョウザを広げているツワモノも。さすが歌舞伎町、いろんな人がいるもんだ~♪

 7;15 新宿駅東口 

 ここで知人と別れ、私は西口にあるホテルへ。 

 チェックアウトする人や、朝ごはんに降りてくる人でごった返している中をかき分け、自室に帰る。さっとシャワーを浴びて、ベッドにバタンキュー(死後)

 以上、「カラオケオール」篇でした~

 次回は、「東京見物~帰高」篇です! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京紀行・その3「世情」篇

22;30 公演終了

 表に出ると、黄色いスポーツカーが。さっと横付け。

 この日、共に夜会を観に行った知人が、この車の持ち主である「S氏」に事前に連絡をしていて、青山劇場~世情間の送迎と、「世情」の案内の段取りを付けてくれていた。

 その車(外車だ!^^)に乗って、世情まで、ドライブ。やはりスポーツカーは、加速が違います。車の話などを「S氏」と話をしながら、歌舞伎町へ。

 

23:00 中島みゆき専門酒場「世情」

 以前から、話には聞いていた、みゆきファンなら一度は訪れてみたい場所。場所は歌舞伎町新宿区役所から、5分くらいのところ。

 お店の入り口には、「会員制」とあり、高級感を、否応なく突きつけらる感じがありました。

 中に入ると・・・意外に狭い!('◇';ゞ

 カウンターに、10人くらい。別に席があり、そこに2人が座れる程度。私たち3人は、お店の一番奥のカウンターがちょうど3人分開いていたのでそこに座る。

 一番奥に知人、真ん中に私、私の左に「S氏」の順。その「S氏」のさらに左隣には、先客が居て、なんと「S氏」の知人である「Y氏」(とあるみゆきファンの掲示板の常連さん)とのこと。

 その4人で、夜会の感想などを大声で語り合う。ん?・・・大声? そう、普段はこの店、静かにみゆきさんの歌が流れ、時が止まったかのような錯覚がある、と「S氏」も言っていたのですが、この日は大音量でスピーカーがガンガンと鳴っていた。(・_・;)

 お店の人が言うには、「お客さんに、手製のスピーカーをプレゼントされたので、今日はお披露目で、大きな音を流してます。いい音でしょう!(^^♪」、と自慢されていました。

 確かに、音はよかったのですが、いかんせんうるさすぎ・・・(~_~;)。隣の人とも大声で喋らなければ、互いに聞こえないんですから・・・(-_-;)。まるで、カラオケスナック状態。

 さりとて、一見のお客である私には「うるさい」とは言えず、「S氏」も、やや言い出しにくそう。

 いまいち、気分が乗らず、さっさと出たかったのですが、折角案内してくれた「S氏」や、世情を訪れるのを楽しみにしていた、知人のことを考えると、そうもいかず、気合を入れて、互いに大声で(笑)、夜会&みゆきさん談義。

 「S氏」や「Y氏」の夜会観やみゆき観など、いろいろな話を聞かせていただき、とても有意義な2時間でしたね~。p(^^)q

 ただひとつだけ、音がうるさかった、それだけが残念でした~。(ノ_・。)

 次回は、「カラオケオール」篇です!(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京紀行・その2「夜会」篇(ネタバレ)

16:45

 ホテルのロビーで待ち合わせをしていた知人と会う。昨秋以来の再会を懐かしみつつ、新宿駅~渋谷駅へ。

17;10

 渋谷駅から、宮益坂を通り、青山劇場へ。まだ人影もまばらな劇場の表で、記念写真を撮りあう。

17;30

 時間が会ったので、早めの夕食。劇場付近をぶらぶらして見つけた、新鮮な野菜が売りのこじんまりとしたレストランへ。(レストランの名前、忘れました~(-_-;))

 食べたのは「ロールキャベツのグラタン」800円。味はまずまずでした。

18:10

 再度青山劇場へ。 この時点でもまだ人影は少ない。

 劇場中央入り口では、グッズの先行販売をしていたので、パンフ・ストラップ・しおり・レターセット・ポスターを買う。

 ポスターは・「全B・B2・B4?」と3サイズあるはずなのに、B2サイズしかなく残念!(>_<)そのB2サイズも、残り僅かとなっていました。

 表で待つのは寒いので、こどもの国(だったかな?)の受付のエントランスでトイレ&時間待ち。パンフを読みながら過ごす。

19;00

 表で拡声器の声がして、見るとかなりの人が並んでいる様子。私たちも腰を上げ列に加わる。

19:15 開場

 相変わらず意味の無い、形だけの手荷物検査を経て、劇場内へ。まずは地下のグッズ売り場へ。

 グッズは、表で先に買った人が多かったのか、グッズ売り場よりも、CD・DVD売り場に並んでいる人の数が多かった。・・・お目当てのサイン色紙はこの時点で終了してました~(ノ_・。)。大阪では早めに並んで貰うぞ~~!!p(^^)q

 表には無かった他のサイズのパンフはないかな~とグッズ売り場を見ると、そんな表示はどこにもなし! あの大きなサイズのポスターを持ち歩いている人もいなかったので、既に売り切れだったのでしょうね・・・。

 その代わり?一日限定40個で売り出されている「懐中時計」、こちらはたくさん残ってました~('◇';ゞ やはり、12000円と高価な事、それでいて、シリアルナンバーが刻印ではなく、シールな事があり、どうも不人気の様子。

 時計そのものも、特別凝ったデザイン、というわけでもなさそうなので、私も買いませんでした~(笑)

20:00 開演

 まだ見ていない人のために、詳細はあえて書きません(笑)

 私の見た実感は、某研究所の掲示板でたくさんの論客の方々の述べられている感想と,大体同じ。

 台詞の増加による、場面、設定、各々の立場など、前作では抽象的過ぎるな~と思うことを、はっきりと表現しようとしてました。特に今作では、アカリとかげの動きのシンクロシーンが前作より多くなり、みゆきさんを香坂さんのコンビネーションの良さ、改めて感じましたね。

 コビヤマさんや鮭たちの演技も、いかにも舞台らしい、演劇的な動きをして、観客にビジュアル面で、楽しませようという意図も見えました。 みゆきさんの、幕開けやラストの衣装や仕掛けなども、それと関連しているように感じました。

 その分、(再演ということもありますが)”感動”という面では、やや物足りなかったです。 前作を見たときは、劇を見ながら泣いたものですが、今回は、「面白かった♪」という感が強いですね。

 物足りない原因の一つとして、やはり席がいまいちだった事があります。左の端の席だったので、舞台左側がほとんど見えず、かなり消化不良間があります。音響も、コクーンと比べると、やや籠もっているような感じがしました。(でも、これも席が端だったからかもしれません)

 それでも、みゆきさんの声は、やはり伝わってくるものが違います!他のアーティストにはない、あの声の波動・・・。もっと、中央に近い席で見られたなら、もう少し音質も違っていたかと思うと、そのことだけが心残りです。

 開演前に、2階席に上がり、上から見下ろしてみたのですが、こちらは高度感もあり、舞台全体がよく見えました。 端の席はS席でなく、A席扱いにしてくれてもいいかな?と強く思いました。

 この日の色々な思いを、何とか大阪公演まで持続させ、もう一度じっくり比較してみたいと考えてます(^^♪

 以上、夜会篇でした! 次回は世情~朝までカラオケ篇です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京紀行・その1~「ガラスの使徒」篇

先日、「夜会」鑑賞を主目的に東京へ行ってきました。

折角東京まで行くので、いろいろ遊んでこようと思い、

映画「ガラスの使徒」の鑑賞や、

中島みゆき専門酒場「世情」の探訪など、

予定を目イッパイ詰め込んだ、1泊2日の旅でした。

全部いっぺんに日記にすると、とてつもなく長くなるので、

ちょっとずつ小出しにしてアップしますね~(笑)

まずは初日の午前中の出来事を・・・。

  

7;55 高知龍馬空港発

 前日、関東地方は雪が降っていたが、その影響は無く、順調な旅の始まり。

9:05 羽田着 

 羽田に着くと、外はどんよりとした曇り空で、かなり寒い。

 午前中の予定である、10:30開始の映画、「ガラスの使徒」を見るために、恵比寿ガーデンプレイス内にある、「東京都写真美術館」へ向かう。

 

 ・・・が、いきなりトラブル。

 9;29発の京浜急行に乗り、JR品川駅に行きたかったのだが、予定時刻を過ぎても電車が出ない。

 どうしたのかな~?と思っていると、「トラブルのため、お急ぎの方は、モノレールをご利用ください」、とのアナウンス。 

 仕方なしに大急ぎでモノレールに乗り換える。この時点で15分のロス。浜松町~恵比寿までは無事に着いたが、この時点で、時刻は10:27.。

 JR恵比寿駅からガーデンプレイスまでは、動く歩道があるのだが、そんなものを探す余裕がなく、駅を出て、ひたすら走る!走る!!

 

 受付にたどりついたのが、10:32。息をきらせて、チケットを購入。

 そんな慌てた様子の私を見かねたのか?

 受付のお姉さんはいたって冷静に、「予告が8分ありますのでどうぞ(^^♪」とやさし~いお言葉をかけてくれました。(恥)

 気を取り直して、既に薄暗くなっている館内へ。中を見渡せば観客は、私を入れて4人。(・_・;) 

 平日の午前中ならこんなものかな~と思いながら手近な席に座る。

 

 さて、映画の感想ですが・・・。まずまず面白かったです。

 特に映像美、とでも言うのでしょうか。水中のシーンや、拷問シーン、そしてラストシーンなど、フィルムならではの特撮などがふんだんに盛り込まれており、優れた芸術作品だな~と感じました。

 ただ、シナリオは、かなり荒唐無稽でしたが・・・(汗) これが、「唐流」というものなのでしょうか?

 

 そして、一番のお目当て、みゆきさんの出演ですが・・・・・・、期待したほど出ていませんでした~(ノ_・。)

 映画の初めの方に、ちょこっとだけ。しかも、シナリオにはあまり関係がなく、終わりの方には出てきませんでしたし・・・。

 (もしかしたら、私が気付かなかっただけかも知れませんが・・・・。)

 

 パンフには、唐さんが、どうしてもみゆきさんに出演して欲しかった、云々・・・。とあり、その割には出演が少ない買った~(-_-;)。

 もっと大きな役があったのですが、みゆきさん自身が、「女優ではありませんので」と唐さんに断りをいれた、云々・・・、という事もありましたので、まぁ、こんなものなのでしょうね。

 上映時間は、正味、100分くらいでした。

 映画を観終わって、今夜の宿地である新宿へ移動し、ホテルのすぐ近く蕎麦屋さんで、昼食。「ミニカツ丼と蕎麦のセット」

 東京で一番ハズレがなく、そして安価な食べ物が、食券を買って食べる蕎麦屋さん!

 ミニの丼物をつけても500円以下なので、ビンボー人の私にはとっても重宝な食事処です♪ 

 14:00 ホテルに入り 仮眠を取る・・・。

東京紀行・その1~「ガラスの使徒」篇でした~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅屋さん、続報

1月30日の日記に書いた、お餅屋さんの話の続き・・・。

あの時食べたお餅、一味違うな~と思っていたのですが、

やはりもち米が違うようです。

使用しているもち米は、佐賀県産の「ひよく米」。

通常、お餅に良く使われる、「こがねもち」と比べて、

粘りや甘さが違うようです。

くわしくは、こちらのブログを参照ください!

http://www.mochi.co.jp/cgi-bin/diary-book/diary-book.cgi

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニューシングル

このシングルのジャケット写真、ちょっと・・・だなぁ~。(・。・;

裏ジャケットの写真はもっとましに写っているけど、

表の写真はなんか・・・!。

あ~あ、言っちゃったぁ~!(笑)

 

まぁ・・・その・・・、ジャケット用として撮った写真じゃない、というのは理解できるけど、

それにしても、シャキッとしてないこの雰囲気・・・・・・・。

他に写真は無かったのかなぁ・・・??

(点々ばかりで歯切れの悪い文章だなぁ・・・('◇';ゞ

・・・って、ここも点々かいな~!(爆)) 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »