« 東京紀行・その3「世情」篇 | トップページ | 東京紀行・その5「東京見物~帰高」篇 »

東京紀行・その4「カラオケオール」篇

1;00 カラオケ「パセラ」

 世情で「S氏」と分かれた後、すぐ近くにあるカラオケ店「パセラ」へ。

 歌舞伎町界隈には、たくさんのカラオケ店があり、どこがいいか迷ったので、みゆきファンの知人「R氏」に相談。

 すると、「ここが世情からも近く、どこの機種でもあるから、お勧めだよ!」、と教えていただく。(「R氏」感謝です~!m(__)m)

 受付で、「何時間の予定ですか?」と聞かれたので、「フリータイムで」と答える。すると、「では、朝までコースですね」との返事が。 

 朝まで・・・って、何時までかな~と思ったら、なんと7時まで! 地方では、せいぜい5時までなので、さすが、眠らない街・東京!です(笑)。

 案内された部屋は、かなり小さく、せいぜい3人まで。4人では、ちょっときついかな?というくらいの広さの部屋。

 とりあえず、何か飲み物を・・と思い、メニューを見ていると、「ご注文は、リモコンで」とある。へっ?と思い、リモコンをよく見ると、曲目予約とは別に、注文予約のボタンがあるのに気が付く。これはなかなか便利な機能。

 ボックスの電話で注文するときに、他の人が歌っていると、うるさくて注文し難いことが多いですからねぇ。このシステムなら、そんな気遣いなく、すぐに注文が出来るので、他のボックスでも、是非導入して欲しいな、と強く感じました。

 ビール・カンパリオレンジ・ピザ・カニサラダ、をとりあえず注文。・・・さて、何を歌おうかなな?と、歌本を開き、そぞろ見ていると、「失礼しま~す」とドアが開き、飲み物が運ばれてきた!

 あまりの早さに、知人と二人、目をぱちくり。(ё_ё) 平日の深夜とはいえ、そんなに暇そうにも見えなかったのに、この早業。田舎のボックスとは、大違いだな~~と、洗練されたサービスに感心することしきりでした。

 この後、7時前まで、延々と二人でカラオケ。私が歌った歌は、「窓ガラス」「あほう鳥」から始めて、最後は「闇夜のテーブル」「我が祖国は風の彼方」まで。互いに、ほぼあいうえお順に選曲しながら歌いまくりました~♪(ちなみに私は35曲歌いました~('◇';ゞ)

 7:00 退店

 これだけ歌って料金は、「朝までコース2100円+飲み放題1050円+おつまみ代」だけ。お一人様4300円でした~(安いっ!)

 知人を新宿駅まで送る。

 さすがに、朝の時間には、変な呼び込みはいないが、夜の街で働いていたであろう、お兄ちゃん・お姉ちゃんたちが、だるそうにウロウロ。中には、歩道の真ん中で、ギョウザを広げているツワモノも。さすが歌舞伎町、いろんな人がいるもんだ~♪

 7;15 新宿駅東口 

 ここで知人と別れ、私は西口にあるホテルへ。 

 チェックアウトする人や、朝ごはんに降りてくる人でごった返している中をかき分け、自室に帰る。さっとシャワーを浴びて、ベッドにバタンキュー(死後)

 以上、「カラオケオール」篇でした~

 次回は、「東京見物~帰高」篇です! 

|

« 東京紀行・その3「世情」篇 | トップページ | 東京紀行・その5「東京見物~帰高」篇 »

中島みゆき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/8706829

この記事へのトラックバック一覧です: 東京紀行・その4「カラオケオール」篇:

« 東京紀行・その3「世情」篇 | トップページ | 東京紀行・その5「東京見物~帰高」篇 »