« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の8件の記事

続・国見山(祖谷)登山記録~♪

 この前、道を間違えた国見山。どこでどう間違ったのかを確かめる為、再度、登山してきました~。

6:40 登山口

P10101401  あの日に下山予定場所だった、ヘアピンカーブに車を置き、沢沿い道を歩きはじめる。

 すぐに沢と別れ、植林の中へ。地形図通りの緩やかな植林の中、尾根を回り込む。

 ここで分岐あり。右の尾根道は別ルートなので、真っ直ぐ横道を辿る。

7:30

P10101691  沢に出会う。

 沢を過ぎてすぐ、ガレ場に出る。あたりにはヤマシャクヤクのつぼみがちらほら。まだ少し早いようで、開いた花は無し。

 色々写真を撮りながら、ゆっくりと歩いたので、ここでかなり時間を使う。

9:00

 沢を渡り、植林と潅木帯の間を緩やかに登る。

 昔の営林署の造林小屋跡。崩壊していて近寄れない。

10:00

 潅木帯を過ぎると、登山道は植林の中へ。

P10102641  緩やかに高度を稼いでゆくと、見覚えのある分岐。

 前回間違った場所に出る。この分岐には赤テープが無く、上から降りてきたとき、迷ったものの真っ直ぐ進んでしまったことを思い出す。

10:30

 1141Mピークに着く。ここでお昼。

 雑木林の陽だまりの中での食事は最高!自分で作ったおにぎりがご馳走に変わります!!

 街で食べる、どんな山海珍味より、私はこの方が好きですね~。なにより、安上がりだしねっ!(笑)

11:00

 食事を終えて、カタクリの群生地へ。

 カタクリ、3日でずいぶんと多くの花が開いていた。そのときはちらほらで、つぼみも見えなかったのに・・・。植物の不思議を感じますね。

 ここで写真を撮ってた人と話していると、別の人の声が。聞き覚えのある声に振り向くと、森林ボランティアでお世話になったことのあるSさん。

 1年以上お会いしてないにもかかわらず、私のことを覚えててくれたみたい。Sさんが最近登ったナスビ平のカタクリの情報など、3人でしばし談笑。

 お二人とも、ここから下山予定、とのことなので、一緒に下山。

13:00

 話をしながら下山していたら、あっという間に駐車地点に到着。

 間違いも分かったし、ヤマシャクヤクも見れたし、言う事なしの山行きでした~(^O^)/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

登山道に咲いてた花たち

P10101461 P10101601

P10101631 P10101921  

P10101971 P10102261

P10101981 P10102781

P10102841

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国見山(祖谷)登山記録~♪

 <国見山>  標高1409M

 昨秋、堂ヶ森に行って以来、約半年振りにして今年最初の山歩きは、どこにしようかさんざん悩んだ末、行った事のない山で、そんなにキツクなさそうで(^_^;)、春の花が楽しめそうな山、ということで、国見山を選択。

7:00  後山峠・神社脇の登山口

P10100301_2  旧祖谷有料道路料金所跡の脇から旧道に入り、後山峠を目指す。

 登山口。駐車場やトイレもある。

 

7:40 川崎国見林道の登山口

P1010045  程よい傾斜の尾根道をグングン上がると、林道に飛び出す。ここまで、車で来ることも出来る。

 それにしてもこの林道の計画、かなり尾根に近いところを通っているのが気がかり。また、道幅も広く、舗装もしているので、自然へダメージが大きそうなのが、ちょっと心配です。

 

8:10 防火帯

P10100481  不思議な国籍調査の杭の乱立。こんなに要らないと思うのですが、境界が入り組んでいるのかな?

 

8:30 稜線に到達

P10100521  ここからは快適な尾根道。そこかしこに小鳥たちがさえずり、とっても賑やかに。

 

9:00 国見山頂上

P10100631  少しずつ陽は差してきたものの、春霞で遠望はあまり利かない。

 でも、これからの新緑や秋の紅葉のシーズンの展望は、相当なものがありそうです!

 

10:10 ヤブレガサのコル

P10100981  急な斜面を降りると、なだらかなコルに出る。暖かな春の日差しが降り注ぎ、とても穏やか。休憩がてら、辺りを見回すと、ヤブレガサの群生が。これほどあるのは珍しい。

 

10:50 横道三叉路

P10101051  メジャーがぐるぐる巻きにされ、「ここが分岐です!」と分かりやすくなっている。真っ直ぐ下ると大歩危駅まで行く下山路。

 横道を下り初めてすぐのあたりで、2人組の登山者が。「カタクリ咲いてましたか?」と訊かれる。「どこにあるか分からなかった」と答えると、「三叉路からすぐのところだよ」と教えられたので引き返し、ご一緒させていただく。

 

11:10 カタクリ自生地

P10101081  三叉路からすぐのところにあたり一面カタクリの群生。ただ、今年は若干遅い感じで、まだつぼみすら付けていないものが多い。

 この群生地、ナスビ平や赤星山のように、柵もロープもないため、かなり登山者に踏まれている模様。ただ、咲いてる範囲も狭く、また登山道上にまで群生しているため、ちょっと保護するのは難しいかも?

 3人で写真を撮っていると、大歩危駅方面から登山者が。その方が言うには、「下の方のカタクリは、もっと咲いてました」とのこと。標高の違いかな?

11:50 横道三叉路

 大歩危駅から来た登山者の方と話をした結果、一緒に下山することに。ここからが、この日の登山のハイライト。何せ道に迷い、「遭難」しかかったんです!

 横道、というので、ひたすら同じくらいの高さを歩いていたのだが、歩いているうちに、標高が、徐々に上がってきた。しかし、林業用?のモノレールの軌道があるので、これ沿いが道だろうと考え、気にせずそれを辿る。(これが間違いの元だった模様)

 道中はかなり悲惨で、土砂くずれの後のガレ場があったり、倒木が道をふさいでいたりと悪戦苦闘。三叉路から50分歩き、お互い疲れたので休憩。

 地図と高度計で、現在地の確認。方角や植生から判断して、当初予定からはかなり上方に来てしまっていることがなんとなく分かる。

 協議の結果、同じ道を引き返すのはかえって危険だし、モノレールの軌道がずっと続いていたので、このまま軌道沿いに行けば、何とかなると考えさらに進む。

12:50 川崎国見林道に降りつく

 休憩地点から5分も歩くと、林道工事の現場が見え、お互いほっと安心。「これで熊のエサにならなくてすむね~~」なんて冗談も飛び出す。(笑)

13:00 川崎国見林道の登山口。

 標高や林道を歩いた時間から考えても、かなり東に、そして上方に間違ってきていた事が分かる。どこで間違ったのか、次回大きな宿題として残ってしまった。 

13:40 後山峠・神社脇の登山口

 色々あったものの、無事に下山。大歩危駅方面から登ってきた登山者の方を送る。その方の登ってきた、駅からの登山口や、登山道の様子を教えてもらう。

P10101311

 まだ咲き残っていた八重咲の桜。やはり祖谷地方の春は、平野に比べると遅いな~と改めて実感。

  

P10101371  帰り道、どうしても食べたくなったものがあったので、高速に乗り、南国のSAへ。ここで「巨峰味のソフトクリーム」を買い、今日の疲れを癒し帰宅。

 今日の間違いをきちっと修正するため、近日中に、もう一度挑戦する事に決定!今度は下から登ってみて、三叉路を目指すつもりです!

~登山道に咲いてた花たち~

P10100311_1 エイザンスミレ

P10100421_1 クロモジ・・・だと思う(笑)

P10100811 ツルシキミ?

P10100861 ???

P10100941 エンレイソウ

P10101121 カタクリ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハッピィバースディ・咲ちゃん♪

 今日・17日は、土佐鶴さんのお嬢さん、咲ちゃんのお誕生日。

 それに先駆けておとといの15日、鶴家にて、お誕生会をしました♪

P10008971_1 バースディケーキ。

P10008881 なぜか馬刺し(笑)

P10008931 ハマグリの海賊焼き

P10008911 めでたい席の定番、お寿司

P10008901 鶴妻さん手作りのトマトの煮込み。

・・・とても2歳の子供のお誕生会とは思えない料理の数々(笑)。

そういいつつも、しっかり堪能した私なのでした~~(^□^;ゞ

来月は、お父さんのお誕生会が。となれば、プレゼントはもちろん・・・。期待して待っててくださいね~~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

愛国心

 なんて滑稽な言葉!

 そもそも「愛国心」なんて、上から押し付けるようなものじゃないのに・・・。

 それに、今の社会は、”国”単位で物事を考える時代ではなくなっていて、”地球”単位で考えなければならない時代のはず。

 今必要なものは、「愛国心」ではなく「愛地球心」だと思うのですが・・・?。

 旗の色も、肌の色も、信じるものも、全て違えど、私たちが住める場所は広い宇宙の中でただひとつ。それがあるからこそ、生きていられるのに・・・。

 まぁ、こういったあやまちも、それはそれで人間らしいものなのですが・・・。

 地球が、いつまで人間の“ままごと”に付き合ってくれるか、それが私には気がかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまごそぼろ

 今日はなぜか、どうしても「たまごそぼろ」が食べたかったので、初めてですが、作ってみました。

 ネットで作り方を調べると、フライパンで炒める方法と、湯煎で作る方法と、2つあったので、それぞれを試してみました。

 結果・・・、想像できた事ですが、湯煎の方が、焦げることなく、色合いもキレイ!食感も、湯煎の方が、ふんわりとしているような気がしました。

 P10008811_1

で、今夜の夕食はこちら!

右上が、湯煎で作ったそぼろ、左下がフライパンで作ったそぼろ。色の違い、良く出てます。

 ほかの具材は、焼き豚・炒めたシイタケ・タケノコ・茹でたキャベツ・青梗菜、それらを、ご飯の上に彩りよく載せて、完成!

 適当に作ったわりには、結構美味しかったです~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新連載!(笑)「気刊:極楽園通信・Vol.0」

「極楽園通信」 新連載準備号!

 ついに動き出した大型プロジェクト!(笑) 

 気刊(できれば隔週刊)で更新予定の「極楽園通信」。(ももゑさん、勝手に真似しちゃいました~(~_~;))

 今日は、その準備号として、先日の草刈の模様をチラリと。

 草刈前P10008681

 草刈後

P10008711

・・・あんまり変化ないかも・・・(~ヘ~;)

 次回以降は、畑の定点観測など、色々企画を考えちう。乞うご期待!・・・といいたいところですが、なにぶん気まぐれなので、どうなります事やら?

 でも、何とか頑張ります!p(^^)q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうち森林救援隊・4月の定例会

 今日は、【こうち森林救援隊】の活動で、高知市(旧土佐山村)菖蒲の山林へ。

 作業内容は、以前に間伐した材木を、材木市場に出すための下準備。1本の木を、搬出するために、市場の規格に合わせ、 3Mずつに切り揃える。

 しかし、細い木が多く、本数も少なかったので、 作業は昼食休憩を挟んで、3時間程度で終了。 道具の手入れなどをして、 いつもより早めの時刻に解散。

 かなり時間が余ったので、付近をウロウロ。タケノコや山菜を探してみたものの、どうやら”イノシシ”さんが、先にお食事されていたもよう。幾人かのかたが、イタドリを取っただけでした~(~_~;) 

 

 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色とりどりのケーキ

 ここのところ、甘いものが食べたくなる日が多く、今日も評判のケーキ屋さんへ。

 行ったのは、高知市高須にある『パティスリー・マリアージュ』

 友人に、ここのケーキやシュークリームをご馳走になったことがあり、前から行ってみたかったお店。今日たまたま通りかかる機会があったので、早速お店に入ってみました。 

P10008441 買ったケーキはこちら。

「いちごのモンブラン」420円と、「キャラメルクリームのシュークリーム」105円。

 ここのケーキの特徴は、豪華なデコレーション!こちらのパティシエ、全国コンクールで、大きな賞を取った事もある、凄腕の持ち主。

 今日買った「いちごのモンブラン」も、見事なまでに、色とりどりでキレイ。土台のスポンジの焦げ茶、その上に載る、黄色のカスタード、ベージュ、白、ピンクの各クリーム。そして上のいちごなどの飾り。ちょっと値段は高めですが、それだけの意匠がこめられてます。

 もちろん、味もバッチリ!甘さの特徴を言えば、食べた瞬間は『甘いっ!』と、ハッキリ感じるけど、後味はさっぱりとしていて、後に残らない。次から次に口に運びたくなる、そんなな甘さです。

 シュークリームもまた然り。普通のカスタードと、キャラメルクリームがあり、今日は他にはあまりない、キャラメルクリームを選択。 こちらも美味しいですよ!ひよくち齧るとキャラメルの香りが口の中一杯に広がります。

 おまけに、先週行った、『ポテトシブヤ』さんの画像を・・・。

P10007871 こちらは、芋菓子専門のお店の直営店のため、モンブランのクリームはもちろんサツマイモを使用。

 甘さは、お芋の甘さを強調するためか、かなり控えめ。こちらもなかなかのものです~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »