« 『吉川』 | トップページ | 久万高原『真木食堂』 »

『皿ヶ嶺』







愛媛県の皿ヶ嶺に登ってきました。

初心者でも登れる簡単な山でありながら、なぜか今まで縁がなく、山暦14年で初の皿ヶ嶺でした。

いや~~、うわさには聞いてましたが、想像以上に『花の山』でしたね~!

どこもかしこも足の踏み場もないほどで、驚きでした。

1img_1236


「コンロンソウ?」

1img_1244


「ヤマブキソウ」

1img_1246
「ジロボウエンゴサク?」

1img_1250

「ラショウモンカズラ」

1img_1256


「ヤマルリソウ」

1img_1260


「タチツボスミレ}

1img_1276


『コミヤマスミレ』

1img_1285
『シハイスミレ』

1img_1267


「シコクカッコソウ」

1img_1293

「ミツバツチグリ」

1img_1299


「ニガイチゴ」

1img_1309


「イワカガミ」

1img_1321


「ミヤマハコベ」

1img_1327


「コガネネコノメソウ」

1img_1333


「ヤマシャクヤク」

1img_1334

「ヤマウツボ?」

1img_1336


「ツクバネソウ?」

1img_1340


「ホウチャクソウ」

1img_1343

「ミヤマエンレイソウ」

・・・ほとんど「?}ばかりですが、ちょっとずつ調べます~(^-^;

花は難しいです!

(追記)

友人が調べてくれたので、

かなり名前がわかってきました。

(追追記)

少しづつ?が取れてきました(笑)

間違いなどあれば、ご指摘いただけると嬉しいです!

|

« 『吉川』 | トップページ | 久万高原『真木食堂』 »

登山記録」カテゴリの記事

コメント

★yuuminさん

キンラン・ギンランは見たこと無いんですよね~。
希少な花の情報は、なかなか知り難いですし。

スミレの名、訂正しました。
上から3つ目のスミレは『シハイスミレ』であってますか?

皿ヶ嶺には、また夏に、行ってみようと思います!

投稿: 紅千鳥 | 2012年5月15日 (火曜日) 午前 05時04分

E-mail Site 2012/05/14 (Mon) 09:32:14
お越し下さって有り難うございます。
シコクカッコソウのお花が素敵ですね!
7日に天狗の庭までは行ったのですが麓から歩いたので山頂までは登りませんでした。
紅千鳥さんがイワカガミを載せられていたので昨日お山に登って来ましたよ!
あんなにお花がたくさん咲いているのを目にしたのは初めてです。
昨年も登ったのだけどクマガイソウが咲いていたので時期が遅かったのかしら~
コミヤマスミレやヤマルリソウが凄い群生でしたね!
四季折々と変化のある素敵なお山ですから色んなルートを歩かれると良いですよ!
午前中にお邪魔しましたらメンテナンス中でした。
午後から友人をキンランの場所にご案内して其れから高縄山のギンランとクマガイソウを見に行きました。
杉木立の下で見頃でしたよ!
キンランの16本は初めてだと喜んでいました。
ギンランは100本くらい有りました。
上の匂いスミレがタチツボスミレです。
ナガバタチツボスミレも皿に有りました。
葉に薄い赤っぽいスジが入っているのが特徴です。

投稿: yuumin | 2012年5月14日 (月曜日) 午後 08時32分

★yuuminnさん

初めまして、そして、ようこそお越しくださいました。

花の名前、本当にちんぷんかんぷんですね!(^_^;)
花だけでなく、葉などほかの部分も撮影しておかないと、
花だけ見比べてみてもさっぱりわからなかったりしますし…。
ご指摘の通り、後程訂正してみます。

イワカガミの発見は全くの偶然で、
何だか見晴らし良さげな場所に踏み跡があったので、
辿ってみたら、そこに咲いておりました♪

今回は一番メジャーなお手軽ルートだったので、
次回以降はまたコースを替えて、
引地山や陣が森なども盛り込んで、
じっくり皿が嶺近辺を楽しみたいと思います!

投稿: 紅千鳥 | 2012年5月13日 (日曜日) 午後 07時28分

紅千鳥さん初めましてyuuminnと申します。
啓子さんのお部屋でお名前は存じ上げていたのですが…
皿ヶ峰に登られたのですね!
私も綱繰山の翌日に息子の運転で皿に向かったのですが途中でガソリンがないと言われ麓から歩かされました。
お陰で翌日から腰痛に悩まされました。(笑)
もうイワカガミのお花が咲いているのですね!
機会が有れば会いに行きたいと思います。
お花の件ですが、ジロボウエンゴサク、タチツボスミレ、ニガイチゴ、コガネネコノメソウではないでしょうか…
間違っていたらごめんなさいね!
水の元の下の林道を歩いていくと天狗の庭に出ます。
其処にはセリバヤマブキソウが咲きます。
コンロンソウの小道になっていてヤマシャクヤク、ユキザサ、イチリンソウ、ヒメニラ、エイザンスミレ、ヤマルリソウ、沢山のお花が咲いています。
次回に訪れてみてくださいね♪

投稿: yuumin | 2012年5月13日 (日曜日) 午前 01時32分

★うどんこさん

そうなんですよね~。
すごく小さいささやかな花なのに、
その作りの細かさは素晴らしいものがあります。
まるで…(以下略)(爆)

花の名前、必死で頑張りましたが、
目が疲れて眠くなったので今日はここまで~~(^_^;)

投稿: 紅千鳥 | 2012年5月10日 (木曜日) 午後 08時59分

これは高山植物百科辞典博士に聞かなくては(笑)
ハコベはよく聞いたかな

知り合いに博士もどきおばあちゃんがいるので、機会があればきいてみようカナ~^^

でもみんなつつましく咲いていてかわいいですよね~
まるで私みたいに(苦笑)

投稿: うどんこ | 2012年5月10日 (木曜日) 午後 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/54678670

この記事へのトラックバック一覧です: 『皿ヶ嶺』:

« 『吉川』 | トップページ | 久万高原『真木食堂』 »