« 『千羽海崖』 | トップページ | 奈半利『豚福亭』 »

「出羽島」

千羽海崖を歩いた後、向かったのは牟岐町出羽島で行われているアート展へ。

1img_2050


港から、千羽海崖方面。

南阿波サンラインもくっきり。

1img_2051

出羽島の街並み。

東回りコースでまずは灯台へ。

1img_2052


手前から、小津島 津島 奥は大島

1img_2053


15分ほどで灯台。

1img_2054


飛行機雲がまっすぐ伸びてます。

1img_2057


西回りコースの谷にあった赤い実は…?

1img_2059


ここにもスミレ

1img_2061


世界で4か所しか自生してないという、シラタマモのある大池。

貴重ですね~~!

1img_2063


白い泡?が浮かんでました

1img_2067


室戸や野根山方面の遠望。

どこまで見えてるでしょう?

1img_2068


岩場には、化石蓮根。

1img_2069


蛇の枕・・・シラタマモの池に大蛇が住んでいて、その枕、だそうです。

1img_2073


集落まで降りてきました。

平日にもかかわらず、大勢の人がアート展に来てました。

瀬戸内の芸術祭ももうすぐですね~~。

アート各種は撮影禁止と思い込んで撮らなかったですが、

どこにもそんな案内はなかったので、

撮影可だったかもしれません。

ウロ四宮さんの作品が良かったです!

島ののんびりしたたたずまいもいいですね。

ただ、過疎化はかなり進行しているようで、

空き家がほとんどのように思えました。

10年後はどうなっているのやら。

|

« 『千羽海崖』 | トップページ | 奈半利『豚福亭』 »

自然探訪」カテゴリの記事

コメント

☆グランマー啓子さん

千羽海崖も出羽島も、そぞろ歩きに最高な、素晴らしい遊歩道でした。

この日も風が強くて、白波立ってましたが、
船は出てましたね~。
でも今日のように雨になったらさすがに欠航でしょうね。

赤い実はハナショウブですか。
似たような実はたくさんありますから、
葉とかで見分けるのでしょうけど、
無知な人間には難しいですね。
教えてくださってありがとうございました!

投稿: 紅千鳥 | 2013年3月13日 (水曜日) 午後 12時35分

紅千鳥さん おはようございます

今、島ではアート展が開催されているんですね

海に浮かぶ島々を始め
南阿波サンライン、野根山連山の
素晴らしい眺めを思い出しながら
懐かしい千羽海崖・出羽島
楽しませて頂きました♪
ありがとうございます

昨夜から風が強いですが
今日の海は荒れているでしょうねぇ

西回りコースの赤い実は
ハナショウブかなと思いま~す

投稿: グランマー啓子 | 2013年3月13日 (水曜日) 午前 10時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/56939318

この記事へのトラックバック一覧です: 「出羽島」:

« 『千羽海崖』 | トップページ | 奈半利『豚福亭』 »