« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の25件の記事

『麺房まつみ』

『麺房まつみ』
『ざるうどん・大』

つやつやの麺は、それなりに太いのに、
歯ごたえや舌触りがとっても滑らか〜♪

つけ汁の旨さも特筆もので、
ウズラのたまご、ネギ、ゴマ、ショウガ、
それぞれ入れる度に味も変わって、
楽しい一杯になります。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ユーファーム』

『ユーファーム』
『栗ソフトクリーム』

ふと、ここのソフトクリームが頭をよぎったので、ちらっとドライブ♪

檮原方面に行くには遠いけど、春野ならなんとかなりますよね。

普通のクリームよりも、ちょっとザラリとした栗の食感がいいですねぇ。

ソフトクリームを発明したのがどこのどなたか存じ上げませんが、

恐ろしいものを作られたと感心致します(*^_^*)

口福感いっぱいになりました。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『浜心うどん』

『浜心うどん』
『肉ぶっかけ・大』

久しぶりの浜心うどん。
ココの肉は初めてかも?

お肉はすじ肉♪
結構厚さのあるお肉が、
程よい歯ごたえを残し、
柔らかく煮込まれてます。

ぶっかけダシは、ちょっと甘めだったので、
七味を投入して調整すると良い感じになりました。

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『吉川』

『吉川』
『ひやあつ・大』

久しぶりに物部川を渡って吉川へ♪
肉汁うどんはこの日はやってなかった(^_^;)
提供メニューを絞ってるみたいでした。

で、シンプルなひやあつ〜。
イリコっなダシと、麺線バラバラゆえの、くすぐるような食感が楽しい(o^∀^o)


ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『丸源ラーメン』

『丸源ラーメン』
『塩ラーメン』

開店時以来の丸源ラーメン。
肉そばはちょっとむつこいので、
あっさり軽そうな塩を選択。


これが大当たり!
海苔が大量に入ってて、サワヤカサンサンなお味と香り♪

シナチクも、分厚いのに軟らかくて箸休めに良いです。

良い一杯に出会えましたo(`▽´)o

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三豊市『はまんど』

三豊市『はまんど』
『塩ラーメン』

粟島からの帰り道、立ち寄ったのが香川屈指のラーメン店、はまんど!

シンプルな塩ラーメンをいただきました。

淡泊なのに濃厚!
あっさり軽いのに、コクがたっぷりという、
素晴らしいバランスのラーメンです。

味玉の旨さも尋常ではありません。

さすがの一杯でした(≧∇≦)

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内国際芸術祭~粟島編~

10/21 秋限定公開の三頭の掉尾を飾るべく、粟島に渡ってきました。

9:05の船に乗る予定でしたが、早めに港についてたら、続々と来島者が集まり、

早めの臨時便が出て9時前には島に到着してました。

1img_3480

高速船が生み出す泡も、永遠の万華鏡のごとく、さまざまに形を変えて楽しませてくれます。

1img_3486


1img_3484


港には、竜宮城?が!

1img_3487


500円でレンタサイクルを借りて、作品がOPする9:30までの間、島をうろちょろ・・・。

1img_3491


「なびねこ」なる浮き?ブイ?を使ったアート!

表情とコメントが面白いです♪

1img_3492

1img_3495


1img_3589


玉三郎一家の会話が素晴らしい(笑)

127 凪に漕ぎ出す 麻生祥子

1img_3499


小さな船が、大きな一隻の船を形作ってます。

1img_3501


127 スサノヲ 滝沢達史

こちらは黒い漁網を使ったインスタレーション。

1img_3506


1img_3508


網を梯子に見立てているみたい・・。

1img_3512

二階に上がると、ガラス板の下に、古新聞で作った世界地図が!

126 『Subtle Intimacy』 佐々木類

1img_3518


ガラスの中に、植物を閉じ込め焼き上げたもの。

1img_3520


繊細な植物の構造がよくわかります。

1img_3526


整然と並んだ姿はヒエログリフみたい・・・・。

1img_3523

131 島の鬼を巡る 田村友一朗

1img_3536


鬼瓦ですが、展示場所が学校の音楽室ということもあり、

モデルはバッハとヘイドンだとか^^;

128 漂流郵便局 久保田沙耶

1img_3549


この銀の箱の中には、様々な、

『いつかだれかのどこか宛』の手紙が入ってます。

写真では伝わりませんが、面白いコンセプトだと思いました!

000 コッペサンド舎 坂田阿希子

1img_3557


作品133のある、粟島海洋記念館内に、オープンしているカフェ。

給食を思い起こさせるアルマイトの食器の上には、

(左)粟島産鯛のフライ・自家製タルタル添え

(右)あんバターサンド

(上)自家製ジンジャーエール

鯛のフライが分厚くて美味しかった!

1img_3569


11時OPのお店ですが、10:45分に並んでなんとか間に合いました。

コッペサンド舎、人気ですね~!

133 海の図書館

1img_3561

海に関係する本を置いてます。

来訪者が本を寄付してゆく、という参加型の作品?ですね。

133 粟島製塩所 山本浩二 

1img_3570


このドームの中に塩のミストが漂い、

骨組みに塩が着き、結晶化してゆく過程を見る作品。

1img_3578


『一昨日丸』 日比野克彦

瀬戸内海底探査船美術館と銘打たれてます。

この船で、海底を探索し、色々引き上げた物を展示してます。

渡海屋 オリーブソースうどん

1img_3587


港近くにあるお店で売ってたうどん。

麺は冷凍でしょうが、具やソースが抜群に美味しい!

パスタでありそうなメニューですが、それをうどんに合わせ、

提供しているあたりがうどん県ならでは、でしょうか。

粟島、どの作品も良かったですね~。

徒歩で回れるコンパクトな範囲にギュッと魅力が詰まってました。

今年の芸術祭、春は沙弥島 男木島。

夏は伊吹島 女木島。

秋に豊島 犬島 本島 高見島 粟島。

直島と大島・対岸の宇野に行けてませんが、結構まわりましたね~。

芸術際、思う存分楽しませていただきました。

3年後もまたあるでしょうから、それを楽しみに待ちたいです。

ありがとうございました~♪♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺房まつみ』

『麺房まつみ』
『幽庵うどん・中』

まつみさん期待の新メニューは、わかりやすく言うと『肉入りつけうどん』!

つけダシは、刻んだ柚子皮とネギ、そしてたっぷりの牛肉が入ってます。

柚子皮がポイントで、肉の脂っぽさを抑えて、さっぱり後味に仕上げてますよ~♪

麺は湯だめor釜揚げと温かい麺の提供がデフォルトです。

画像の中は1.5玉なのですが、追加で1玉頼んでしまいました^^;

追加の麺は冷たい麺でお願いしたのですが、それでも合いますよ!

まつみさんの新メニューでお腹いっぱいになりました。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観音寺『カマ喜ri』

観音寺『カマ喜ri』
観音寺『カマ喜ri』
『野菜天+つけうどん』

高見島からの帰り、久しぶりに来てみました。
時間が遅く、この日最後のうどんだったようです。

野菜天、野菜の切り方があまり見ないタイプ。。
トマトの天ぷらは、ジューシーでさっぱりおいしかったです。

つけうどん、つけ汁は程よい濃さ。
麺は少し緩かったなあ〜、もう少し締めたらコシが出たかも。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺房まつみ』

『麺房まつみ』
『冷やしきつね・中』

じつはこの冷やしきつねというのは、
ありそうで、実はメニューには記載がない(笑)

私はあるものと思い込み、何の気なしに注文したのですが、
大将ちょっと戸惑ってたので、ん?とメニューを見たら!(^_^;)

まあ、不可能なメニューではないので、
対応して下さいました♪


さて、そんなまつみさんに新メニューが登場してます。
『幽庵うどん』
どんなメニューかは、お試しあれ!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内国際芸術祭~高見島編~

10/15 台風近づく中、2013秋限定公開の高見島に行ってきました。

114 西山美なコ

新なぎさ号 キュートアップ作戦

1img_3479


高見島や佐柳島へ向かう船がすでにアート!

1img_3404
船内も、色々ペイントされてます。

1img_3477

115 小松敏宏 Sea Room

1img_3407


ビンの中身は海水みたい。

1img_3409


1img_3408
ビンの向こうに新なぎさ号。

無料の自転車を借りて、板持集落へ。

自転車、許可不要で乗り放題です。

124 板持廃村再生プロジェクト

1img_3410


何を展示しているのかといえば・・

1img_3415


廃屋をそのまま展示してます。

手を入れたのは周辺の草や灌木を刈ったくらい?

とはいえ、ここまで刈るには、相当時間はかかったはず。

猛ブッシュの中にうずもれていた廃屋たちに日の目がこんな形で当たるとは、

かつての住人達も思いもよらなかったことでしょうね。

117 畏敬・よみがえる失われたかたち

1img_3405


1img_3470


島内あちこちにはためく黄色い旗。

多度津町のすべての児童生徒が製作にかかわったとのことです。
風が強く、旗の翻る音が郷愁を誘いますね。

118 高見島へのオマージュ

1img_3421


なかなか面白い作品。

アクリルの絵馬みたいなものが、ぶら下がってます。

1img_3423

1img_3434




1img_3425


1img_3426


この島はかつて除虫菊栽培で栄えたとのこと。

それをモチーフにしてますね。

同じ敷地内にある、もう一つの作品が

125 野村正人 海のテラス
1img_3422


海に向けて、ガラスを設置し、海の中にいるような感覚にさせてくれる展示。

1img_3431

ここは会期中レストランになっていて、香川のイタリアンレストランが協力しているようです。

画像は牡蠣のカルボナーラ。

平打ち麺がソースと良くからんで美味です。牡蠣も大きく旨味も十分!

1img_3436

この隣では、作家さんが色々製作してました。

1img_3441

1img_3439


119 刻 青木亜樹

1img_3442


島にあるものを塗りこめているようです。

貝殻。漁網。冷蔵庫・・・?。

1img_3444

120 サブミッションハウスは撮影禁止。映像のインスタレーション。

121 中島伽耶子 うつりかわりの家

1img_3447


廃屋に、小さな穴をあけ、アクリルでふさぎ、光を入れてます。

122 蛸の家

1img_3448


蛸が蚊帳の中で寝てます(^_^;)

1img_3449


タコ漁が盛んなのですね~。

123 除虫菊の家 内田晴之+小川文子+田辺桂

もう一つの除虫菊の作品

1img_3458


除虫菊の花びらを敷き詰めてます!

こちらは奥から、種子・ガク・雄蕊!

1img_3459


集めるだけで相当な手間だったと推察。

貴重な展示です、この島最大の見ものかと。

1img_3460


こちらは会期中燃やしている、巨大な蚊取り線香。

1時間半ごとに火をつけているらしい。

会期後半には真っ白になってゆくのでしょう。

これも、蚊取り線香を粉にして、お灸状に仕立ててますね。

1img_3468


大聖寺では茶粥のお接待をいただきました。

島の人口は現在41人とか。平均年齢80歳。

10年後この島は………。

過疎と高齢化、どうなるのでしょうね、ホント。

1img_3474

オリーブはまちの刺身定食。あら煮・あら汁付き。

島の漁業会社さんの倉庫を会期中食堂にして、

シラス丼などもいただけるようになってます。

お刺身が脂乗ってメチャウマでした。

高見島、良かったですね~。

見どころもコンパクトにまとまってて、良い作品が多かった印象です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瀬戸内国際芸術祭~小豆島編~

12:40の船で小豆島へ。

13:05着。

13:06のバスに飛び乗って、向かったのは、

59 『目』という作品。

押入れやタンス、冷蔵庫の向こうにあるものは…。

扉をめくるたびに、意外な発見があって面白いです。

撮影禁止なのが残念なところ。

ここは発展途上らしく、今後どうなるか楽しみです。

再びバスに乗り、肥土山地区へ。

63 王文志 小豆島の光

1img_3372


前回からそのまま残ってます。

竹のドーム。

中で寝転がるのが気持ちいいですよ~

1img_3375


1img_3377


1img_3379


1img_3381


基礎の部分はこんな風になってました。。

62 わらアート

1img_3389


1img_3393


前回の時は、台風で倒れてしまって、見られなかったんですよね~。

今回はしっかり立ってました。

1img_3399

61 齋藤正人 猪鹿垣の島

1img_3400

60 うみのうつわ

光ファイバーで作られた光の船。

ここはいいですよ~!

船の上に寝っ転がれるのですが、揺れると色が変わる仕組み。

夏に見られなかった肥土山地区を回り、15:50の高速艇で高松に戻りました。

58は港の高速艇乗り場前にあります。

この日は高松~宇野~直島~犬島~小豆島~高松と、船を乗り継ぎ乗り継ぎの移動でした。

二日間有効のフリー乗船券を有効活用しましたが、

船に乗ってる時間の方が長かったかも(笑)

しかし、前日の豊島と合わせ、まともに払うと7690円でしたから、

4000円の乗船券をフルに生かした形となりました。

これも瀬戸内の島めぐりならではの楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内国際芸術祭~犬島編~

10/11 この日は犬島へ。

1img_3335

今回は、家プロジェクトから回りました。

98 前田征紀 

I邸  前回もここには作品がありましたが、中身は違ってました。

1img_3337
97 ジュン・グエン・ハツシバ

C邸

映像のインスタレーションです。なぜホームベースなのかは…。

現地で確認を(^^ゞ

1img_3339

96 妹島和世 中の谷東屋

これは前回からありますね。

94・95 荒神明香 

A邸 リフレクトゥ

1img_3341

1img_3343

S邸 コンタクトレンズ

ここも前回と、中身は違ってたかも^^;

1img_3349
99 浅井裕介 

1img_3351

93 名和晃平 F邸

ここは前回は日の丸何とか^^;・・・でした。

92はチケットセンター内にある、映像のインスタレーションです。

一通り回って精錬所美術館へ。

鏡を使ったこのつくり、前後に人がいると、面白さがよくわかります。

中は撮影できないので外観を少々。

1img_3368

いかにも由緒ありそうな重厚な造り。

1img_3364


朽ちかけた煉瓦が歳月を物語りますね。

1img_3353


美術館のカフェでいただいてお弁当。

お寿司とままかりの酢締めとたこの酢の物、桃ジュースで1000円。

船の時間までのんびりした後、午後からは小豆島へ向かいました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内国際芸術祭~豊島編・その2~




1img_3316



豊島篇、続きです。

こちらは27 心臓の音アーカイブ クリスチャン・ボルタンスキー

今回は、前回録音した、自分の心臓の音を聴きながら、作品を鑑賞しました。

自分の音は、案外大きな音でした(笑)そして、ちょっと不規則(^^ゞ

1img_3318


20 トムナフーリ 森万里子

・・・のある所(笑)

作品そのものは撮影禁止なので(-_-;)

家浦に戻って、

16 あなたが愛する者は、あなたを泣かせもする

トビアス・レーベルガー

1img_3327

相変わらず、派手な作りです。

1img_3328


17 百年の闇

この作品は撮影禁止なのですが、一見の価値があります。

日本という国の、闇というか、影の部分を感じますね。

19 mountain project

ここも撮影禁止ですが、なかなか壮大な構想です。

実現したら、ぜひ登ってみたいですね。

18 豊島横尾館 横尾忠則

1img_3323


ここはよかったですね~。さすが横尾さん。

前回豊島に飾られていた作品も展示されているようです。

(よく似た別作品かもしれませんが(^_^;))

いちご屋さんで、かき氷を食べて、

1img_3332


最後にもう一度豊島美術館へ。

ここはホントに凄い! 雨の日はどんなふうになるか、いつか見に行きたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内国際芸術祭~豊島編~

10/10 芸術祭で豊島に渡ってました。

朝6時半、サンポートに到着しましたが、まだ人はまばら。

待合所は7時からなので、それから来る方が多かったです。

7:41発の高速船も、満員ちょうど定員いっぱい、といった込み具合でした。

家浦港について、まずはNPO豊島プロジェクトさんで、電動自転車を借ります。

4時間まで1000円 6時間まで1500円 8時間まで2000円だったかな?

丸一日滞在予定だったので、8時間借りました。

行きたい場所は色々ありますが、まずはツアー制で人数に制限のある甲生の、

30:ビッグバンブーから!

1img_3225


8;40着でしたが、まだ準備中でした(^_^;)

ツアーは9時半からということもあり、受付だけ済ませて、まずは下から。

1img_3228


下からだけだと、ホントあんまりよくわかりません(笑)

やはり上に上がってこその作品ですね。

一旦28塩田千春さんの『遠い記憶』を見て、

1img_3233

1img_3240


年月を経て、全体のトーンがそろってきた印象がありました。

でも、今年で壊してしまうみたい、残念です。

9時半前にビッグバンブーへ再び。

1img_3249


さて、ビッグバンブーツアーです。

船首部分を下から。

生の、自生している竹を組み合わせて作られています。

1img_3256


選手から瀬戸内を眺める。

いい景色ですよ~!

1img_3262

複雑に組み合わされてました。

1img_3264

大漁旗が青空に溶け込んでます。

1img_3270

船首部分から船尾方向

じっくり15分ほど堪能しました。

次はE40へ。

イベント後の作品ですが、そのまま残っているようです。

1img_3280


でっかい魚籠でしょうか?

1img_3283

中はこんな感じ。

1img_3289

29 かがみ 青への想い

1img_3290

1img_3293
地元の方々と作成された大がかりな作品です。

甲生から豊島美術館に移動。

道中の景色も素晴らしいです。

1img_3299


海へ飛び出してゆくようなこのあたりの景色は特に最高です。

それよりなにより、豊島美術館が素晴らしいです。

撮影禁止なので、画像がないのが残念ですが、

小さな水玉が、転がり・つながり・集まってゆきます。

無限に変化する、不思議な空間でした。

その後、お昼を食べに島キッチンへ。

1img_3302
『綾川そばセット』

ぶっかけそばに、地元の野菜や海老・海苔の天ぷら。

1img_3301


サラダや前菜のお浸しもつきます。

島キッチンと同じ敷地にある甘味処で買えるのが、

165 仏教の味わい

1img_3303


ビャクダンの香りがするアイス…らしいですが、それほど感じなかったです(^^ゞ

お味はちょうどいい甘さでした。

22 ピピロッティリスト あなたの最初の色

こちらも島キッチンに隣接する蔵の中にあります。

1img_3307

映像のインスタレーション

1img_3311


魚眼で撮ってるのでしょう。

21 青木野枝 空の粒子

1img_3312

これは前回もありました。隣の湧水が、甘くておいしいです!

26 勝者はいない マルチバスケットボール

1img_3313


島の形をしているのですね~。

実際にバスケができます。

前篇ここまで! 後編はまたいつか(^^ゞ 








まだまだ続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『愛宕病院前の屋台』

『愛宕病院前の屋台』
『しおらーめん』

この日は残業で、帰宅は日付が変わってから(;_;)
しかしながら、こんな時間だからこそ食べられるものがあります。

それは愛宕病院前の屋台のらーめん!
今回はしおらーめんをセレクト。
これまた素晴らしく優しいスープ!
尖った部分がまるでなく、どこまでも淡くまろやか。

極細の麺も、柔らかすぎず、されど腰は控え目という絶妙の茹で加減。

久しぶりにスープ完飲しちゃいました(≧∇≦)


ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松『夢菓房たから』

高松『夢菓房たから』

『杵つき栗大福』

高松春日町にある、かなり大きな和菓子屋さん。

季節の果物を使った大福など、色んな和菓子が豊富にとりそろってます。

この栗大福、なんと杵つき餅使用!

通常は求肥餅を使うことの多い大福ですが、

固くなりやすい杵つき餅を使うことで、味わいを高めてます。

外側には打ち粉でなく、炒った米粉をまぶしてあり、

これがまた香ばしくて、中の栗や餡の香りと合わさり、

素晴らしい一品に仕上がってました。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松兵庫町『うどん市場』

高松兵庫町『うどん市場』
『ゆず胡椒うどん・中』

高松の兵庫町にあるセルフ。
しかしながら、なかなか創作メニューも多いです。

これは焼いたササミの鶏肉が載ったうどんですね。
ゆず胡椒が味をひきしめてます。

これで400円なのが、さすが香川のセルフ!
おいしかったです。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松瓦町『洋食おなじみ』

高松瓦町『洋食おなじみ』
『チキンカツ』

高松に来て、晩御飯を食べる時、
この店に寄りたくなります。

じっくり揚げたチキンカツは、
衣はカリッとなかはふっくら。
上にかけられたデミソースは、濃すぎず薄すぎず良い塩梅。

骨付きなのが、見た目良くて良いですね。

ごはんと赤出汁つけても980とロープライスなのも魅力です。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

善通寺『長田in香の香』

善通寺『長田in香の香』
『冷やし・大』

本島から帰って15時頃。
この時間にはうどん県と言えども開いてるお店は激減してしまいます。
そんな中、数少ない名店が、善通寺の長田in香の香。

釜揚げの名店ですが、猫舌な私には冷やしが一番(笑)

つけダシ、釜揚げ用はとっくりですが、
冷やし用はポットに、入ってます。

20分近く待った甲斐あり、茹でたて締めたて!
微細な穴が開いていて、ほんのり黄みがかった麺は、
見るからにうまそう!


当然見た目だけでなく、きっちりうまいうどんです。
そして長田in香の香はダシが旨い♪
このダシと麺の組み合わせはゴールデンコンビですね〜♪

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瀬戸内国際芸術祭~本島編~




瀬戸内国際芸術祭も、いよいよ秋シーズンが開幕!

行きたいところは数多くありますが、まずは『島スープ』を目当てに本島へ。

7:40発の船に乗ったら、乗客のほとんどはこえびさんたちでした。

着岸後、下船してすぐのところでレンタサイクル(電動)を借りました。

芸術作品だけのためなら普通のでも大丈夫ですが、

島をゆっくり廻ろうと思えば電動は必須ですね。

結構アップダウンあります。

1img_3143

105 石井章 Verteek『出航』

港からすぐのところにあります。

咸臨丸の彫刻だそうです。

1img_3132

000 岩田草平×プロマイノリティ

New Port ~青い香辛料~

000番という、パスポートやっガイドに載ってない作品

まだ出来上がってなくて10/15完成予定らしいです。

107 村尾かずこ 漆喰鏝絵かんばんプロジェクト

1img_3136

1img_3138

1img_3133


こんな感じの漆喰絵が、あちこちに散らばってます。

1img_3150

164 島スープ 『結びのスープ』

瀬戸芸の締めくくりという意味と、岡山と香川を結ぶ島という意味が合わさったネーミング。

EAT&ART TAROさん、もちろんいらっしゃって、説明してくださいます。

1時間半待ちました(^^ゞ

行列に並んでた神奈川の方と情報交換しながらだったので、案外早く感じましたね。

見ての通り、味噌仕立てのスープ。

蓮をすりつぶした団子に、野菜や鯛・イカなどが入った団子汁です。

今回も美味しかった~!

食いしん坊な私には、この企画はどんぴしゃり。

どこかでまたお目にかかりたい作品です。(3年後、あるのかな?)

1img_3151
108 本間純 耳鳴り

窓の外の海の景色と一体になった展示。

この静謐な間はよかったです。

1img_3157

109 森節子 崩壊と再生の中で

極彩色のペイントが、崩壊しかかった民家を一変させました。

おびただしい数の梵字が見事にARTになってます。

1img_3176

110 力五山 つなぐ

いくつかある作品の一つ、「橋」です。

境内に大きな橋をかけてます。

草木が海・赤いモノは瀬戸の島々を模しているとのこと。

1img_3182

112 平良亜弥と西岡万里子 ここにいるために

1img_3191


この作品、数万本の猫じゃらしを集め、その穂先の自然な色の違いで、このグラデーションを表現されてます!

ここは、もともとは、持ち主の方が別荘として立ててたのですが、都合があって中断したままとなっていたものを、

今回artとしてよみがえらせたとのこと。

この日は、どうも作家さんのどちらかがいらっしゃったようです。

びしっと和装で来られてて、作品の説明をしてくださってました。

めちゃくちゃ美人さんでございました~heart02

1img_3189


この作品を訪ねる際は、午前中がおすすめのようです。

午後は光が差さないので、魅力がちょっと欠けてしまうようです。

1img_3187


午前中だと、こんな風に上の模様が影になって見えますsign01

1img_3202


111 齋藤正×続・塩飽大工衆

土を塗り重ねて作った建物に、映像のインスタレーションと、すりガラスを使った細工があります。

1img_3206


106 カリン&パット/川口豊・内藤香織

シーボルトガーデン

1img_3220


こういった彫刻と、映像のインスタレーションがあります。

165のアイスは売り切れで食べられなかったのが唯一の心残りですが、

他はスムースにみられました。

土日は混雑しているようですが、平日はまだ大丈夫そうですね。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さぬきや』

『さぬきや』
『ぶっかけ・大』

臨時休業やらなんやらで、タイミング合わず、久しぶりになったさぬきやさん。

久々過ぎて、以前の味を忘れました(^_^;)
しかしながら、この麺、進化してるのでは!?
絶妙のツルシコ感です!
ぶっかけダシもなかなかまろやかで良い感じ♪

大満足の一杯でした。
ごちそうさまでした♪♪♪♪♪
さぬきやさんに行く前に、ピーチなうどん屋さんの前を通ったら
『天然アゴ出汁』の文字。
再調査しなきゃあですね〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺屋なかひら』

『麺屋なかひら』

『鰹味噌野菜らーめん』

久しぶりになかひらさん~(^_^)/

スープの味、ちょっと変わったかな~?

前食べたときは、もうちょっとこってりだったような気がしますが、

個人的には、これくらいが好みです♪

麺はぷりっぷりで、ジャストな茹で加減!

お野菜たっぷりなのは、味噌スープに合いますね。

麺類が主食(笑)だと、野菜不足になりがちなので、

こういったメニューはありがたい限りです!

締めにご飯の小を注文し、残ったスープを投入、

余すところなく旨味を堪能してまいりました。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『たも屋』

『たも屋』

「ひやひや・大+山芋」

日中はまだまだ暑い!

となると、ひやひやが食べたくなりますね~!

今回は山芋をトッピング。

ズルズルっといただきました(^_^)

生姜が効いたダシは

しゃっきりしていいですねぇ♪

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺房まつみ』

『麺房まつみ』
『牛玉・中』

お肉の入ったうどんは、温かいダシの方が
脂が固まらなくていいですね!

肉と卵とヤマイモとネギが混ざり合い醸し出すまろやかな旨さ、

後半生姜を加えれば、ピリッと引き締まる旨さ、

どちらも素晴らしい〜!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »