« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月の20件の記事

高松郷東『はりや』

高松郷東『はりや』
『かしわざる・大』

定期的に、そして衝動的に食べたくなる、
はりやさんのざるうどん!

この日は一番乗りでした。
ちょっと細めの麺はしなやかな腰。
クドくない、軽い甘さのつけダシ。
ふっくら揚がったかしわ天

この日のパーフェクトな旨さでした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『かつや』

『かつや』
『シャキシャキ野菜とチキンカツ』
たまに行くかつやさん。
手頃な値段で美味しいカツをいただけます。

今のフェア定が野菜たっぷりのチキンカツ!
ジューシーなカツを野菜といただく。
うーん、旨い!

しかしながら、かつやさんの真髄は、
やはり卓上のたくあんにあるような(笑)

たくあんとごはんだけで食べる強者って居るかな・・?

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鳳来』

『鳳来』
『五目そば』

高須方面で仕事があり、その帰り、

そういえばここに中華屋さんがあったなぁ、と立ち寄ってみました。

色々なメニューある中、「おすすめ」の文字が輝いていた

五目そばをセレクト。

野菜・肉・魚介の旨さが混然となった、王道のスープですねぇ。

なぜか麺が丼の中でダマになってましたが(^_^;)

こういうスープは、軟らかめの麺が意外に旨かったりしますよね。

ほっこり体も心も温まる一杯でした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『あぐら家』

『あぐら家』

『ざるらーめん・大』

暑くなると、ここのざるラーメンが食べたくなります!

風味良くキリッとした歯ごたえの細麺が、好みですね。

つけ汁も、他とは違う味わいで、

まろやかさと、さわやかさが特徴。

シナチクやチャーシューはほどよい箸休め。

この日は鉄鍋チャーハンといただきました。

最後のひとすくいまで、アツアツでいただけるのが、

鉄鍋の良いところ。

この日も完璧な旨さでした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『高丸山』

2015.5.21 快晴

Img_3311


この日は朝から青空。となると、やっぱり山ですよね~。

色々考えた結果お初の高丸山に登ってきました。

物部経由で193号線をさかのぼってましたが、県道16号線が一部通行止めの為、

急坂の市道?を迂回。八重地トンネルを抜け、少し走ると分岐があり、

上の写真の場所まで行きます。高知市内から2時間半ほどでした。

登山口からすでに、高丸山の山頂が見えてます。

Img_3314

新緑が、ひたすら鮮やかです。

Img_3319


ユキモチソウ?マムシグサ?の系統ですね、

この辺結構ありました。

Img_3322


ツツジ類、裏年との話通り、ホントにないですね。

花付きが良かったのはこの木くらいでした。

Img_3325


そしてササ枯れも深刻。

食べつくされてしまったようですね。

Img_3327


悲喜こもごもの投稿を続けていると、1時間で山頂に到着。

展望が一気に開け、周囲が良く見えます。

Img_3330

雲早山方面の縦走路。

山頂ではちょっと風が強く肌寒いほどでしたが、

空気は澄んで、遠望も良く効いてました。

Img_3333


はるか太平洋まで見渡せる、極上の展望台ですね!

Img_3336


高城山のレーダードームもくっきり。

Img_3360


帰路は旗立て方面へ。

岩にびっしり苔がついていて思わずパシャリ。

苔と言えばすぐ近くの山犬嶽にも登ってみなければと思いました。

Img_3366


Img_3380
ブナ林の新緑を目で、神社を見て下山。

往復2時間10分の歩行時間。

ヤマケイと同じでした。


Img_3382

帰路は美杉峠を越えて195号線に出ました。

梅雨までに、もう一回どこかに登りたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『讃岐うどん屋』

すいません、お店入って、

ひやかけ注文して受け取って、

席について、さて撮影…と思ったら、

携帯忘れてて撮れませんでした(^_^;)

と言う訳で、画像なしです(爆)

年末の集計用にアップしました。

まさに『自分的備忘録』ですね。

がちゃさん、失礼しました~m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『吉川』

『吉川』

「冷かけ・大」

なんと、あの野市の吉川さんが、手打ち麺復活との情報!!!

しかも、1月に復活してたとか…。

全~然知らなかった!(-_-;)

遅ればせながら、出かけてきました!

この日はちょっと肌寒い小雨模様でしたが、

まずは冷かけから~♪

「ちょっと麺が硬めですよ」と言われましたが、

それもまた良し、どんとこい!

そんな気持ちで丼を受け取り実食。

いやぁ~この不揃いで、舌触りがくるくる変わる旨さの麺、、

見事に復活してます。

かけダシもお出汁の風味が満点で、素晴らしい~!

かき揚げを投入すると、脂のコクが加わって、更に美味い!

手打ちは大変かと思いますが、

出来るだけ続けてほしいですね~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『俺の串なおさん』

『俺の串なおさん』
『豚足』
筒を出た後、先日食べそびれていた豚足をたべに『俺の串なおさん』へ。

豚の脂はつくづく旨いと思える一品。
これを肴にチビチビとお酒をいただく、
至高のひととき。

この日はかなりの呑んだくれとなってしまいましたが、

某看板その他もろもろのお店の代表と遭遇

記憶に残る一夜でした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『筒』

年に何度か、無性に美味しいお刺身が食べたくなります。

これ以上ない一品を求めるとなると、やはりここでしょう。

『筒』

『しめサバ』

身の透明感が素晴らしい。

酸味はわずかで、サバの甘みを全く殺してないのが凄いです。

『筒』

『カツオ塩たたき』

『筒』

『カツオ刺身』

大振りに分厚く切られたカツオ二品。

皮目に大胆に入れられた切れ込みが、美しさと食べやすさを兼ね備えてますね。

毎度のことですが、ここのカツオは微塵も臭みがない。

他店と何がこんなに違うのか…。実に不思議です。

『筒』

『コシアブラ天ぷら』

山菜の女王の異名を持つコシアブラ。

たまに他店でもいただきますが、筒の山菜はあくまで軽く揚がってて、

揚げ物なのに油を感じません。

『筒』

『地だこ』

軽くボイルされたたこ。

身の太さはかなりですが、あくまで軟らかく、
コリコリとした歯ごたえが最高です。

この日も、食べていたら自然と涙が!

筒さんに通うたび、この感動をもらいます。

次は新子だ~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『甘いもの二題』・・・ 『夢果房たから』『吉野川ハイウェイオアシス』

『甘いもの二題』

夢果房たからのいちご大福

大体うどん食べ歩きの帰りには、ここに立ち寄ってますね。

『甘いもの二題』

ここのいちご大福は、とにかくビッグサイズ!

食べごたえがあります。

バリエーションも多くて、この日はクリームチーズ入りのものがありました!

食べてみましたが、チーズの濃厚さが何とも言えませんでしたよ~(^^)

他にもパイナップル・桃・キウイ・・・四季折々のフルーツを大福にしてしまうお店です。

高知の和菓子屋さんには、ここまで大規模のお店はないので、

香川県民が羨ましい!

『甘いもの二題』

帰りに立ち寄った、吉野川ハイウェイオアシスにて買った、

『クレミア』という名のソフトクリーム。

コーンの部分がラングドシャクッキーなのが特徴。

クリームもかなり濃厚ですが、ちょっと臭いがあるかな?

ここは「すだちソフト」が定番でしたが、他にも種類、増えてますね~。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市『もり家』

♫ずっと探してた~ ホントの自分を~♪

というテーマソングが流れる、

某国営放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』で最近取り上げられた【もり家】さん。

高松市『もり家』

バカ一を出た後、イオンやらあちこちでかけて、訪れたのは、11時半ごろ。

平日なのにざっと40人くらい並んでました。

GWは3時間待ちだったとか(・。・;

ですがこの日は40分ほどで着席。
高松市『もり家』

思いっきりブレブレですが、注文したのは、

春季限定『竹の子天ざる・大』

ここは大だと、せいろが二枚になるようです。お蕎麦みたい(*^_^*)

しゃくっとした竹の子の歯触りがいいです。

天つゆか藻塩で食べます。

高松市『もり家』

この日は森田大将自らの麺でしたが、この麺は凄かった!

表面はふわりと軟らかく、それでいてしなやかに伸び、中心には凛とした歯ごたえを残す、

剛柔兼ね備えた、絶妙のコシ。

諸条件すべてが整い、

打ちも茹でも完璧に近い精度で決まったからこそのように思えます。

つけダシも、濃厚なのに、尖ったところがまるでなく、真円に近いまろやかさ。

正に『プロフェッショナル』という言葉がふさわしい、そんなひと品でした。

テレビに出ることにより、色々ハードル上がってしまっているかと思いますが、

そんなことをものともしない、素晴らしい実力を拝見でき光栄でした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高松市『うどんバカ一代』

高松市『うどんバカ一代』

『冷ぶっかけ・中』

久し振りにうどん県~!

朝ごはんはバカ一代にて。

ひんやりした朝でしたが、あえて冷たいぶっかけをセレクト。

キュッと引き締まった茹でたて麺は、まるでイカ刺しのよう。

この麺の旨さは格別ですね。

ただ何故だかぶっかけ出汁は、異様に味が薄くて、今ひとつ・・・。

何か間違ってるとしか思えなかったのですが、

こんなものなのかな~?

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラムール・ソリエ』

『ラムール・ソリエ』
『イチゴショートケーキ』

久しぶりにラムール・ソリエさんに行ったら、
17日で閉店とのこと。
美味しいお店がまた一つなくなりますね。 残念〜。

ケーキのスポンジがキメ細かく、
プリンもなめらかで好きだったのになー。

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『さかえ』

『さかえ』
『ぶっかけ+肉』

だんだん暑くなってきました。
こう暑いと、やはりぶっかけがいいですね!

さかえの塩分が濃いうどんは、そのままでも旨い!

甘くふわっと炊かれた肉も、
さっぱり感あるぶっかけダシも、
どちらも相変わらずの旨さ。


ちょっと麺量減らしたかな?
この日は少し少なく感じましたが、
気のせいかも(^_^;)

この日は初代?の大将が
3代目?を指導する姿を見かけました。
打ち手変わっても、味は変わらないのが素晴らしい!


ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ミレー・コーヒー味』

『ミレー・コーヒー味』
なんと、あのミレービスケットに、コーヒー味が登場してる!
ほんのりコーヒー風味程度ですが、
確かに香ります。

やっぱりミレーは旨い!

でも、個人的には柚子塩(だっけ?)が好みですね~。(^^ゞ

朝・昼・夜・真夜中と各種フレーバーも出てますし、

ミレー,攻めてますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『平八』

『平八』

『中華そば』

大津の平八さん、今まで何度となく店の前を通ってきましたが、

周囲の他店に行くことが多くて、今回初めて訪れます。

『平八』と言う店名の由来はどこからきているのでしょうか。

個人的には、本多平八郎忠勝、くらいしか思い浮かびません(^_^;)

そんなことを考えながら待っていると出てきたのが、

この見た目シンプルな中華そば。

チャーシュー3枚・葱・きくらげ・ゆで卵。
具材もいたって地味で、派手さは全くありません。

しかし! その味たるや、淡白なのに、深いコク。

あっさりなのに、旨味たっぷり。

このスープにはしてやられてしまいました。

チャーシューも肉厚ながら、ほろりととろける軟らかさ。

白さ輝く麺の風味も抜群!

ご飯の小も注文したのですが、

何故かから揚げがニケ付いてきました。

これはご飯についてきたのか、それともラーメンに付いてきたのでしょうか?

箸休めとしてちょうど良いサイズで、これはうれしいサービス。

それも含め、久し振りに大満足のランチとなりました。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『俺の串なおさん』




この5月から、メニューが少し変更になったと聞いたので、

久々に出かけました~♪

Img_3282


何やらメニューにハートマークがheart

Img_3283


『本日のおすすめボード』も登場。

ほほう、馬筋煮込みとな?!

Img_3284

早速注文。圧力鍋で中まで軟らかく煮えております。

牛筋と比べると、脂身が少なめで、実にあっさりとした味わい。

これ、くせになりますよ~(^_^)

Img_3285


レバー串

火加減が相変わらず絶妙です。 レバーが苦手でなければ、絶対おすすめの逸品。

Img_3286


新メニューその2 レバーパテ。

レバーとクリームチーズが見事に融合。

バゲットといただきます。

クリームチーズにコクがさらに加わって、旨い!

Img_3289


新メニューその3 めんたいポテト

明太子やたらこ苦手な私ですが、

これはOK! 明太子の風味がポテトとバターで中和されて、

ありがちな妙な生臭さが消えてます。

明太子の良い風味だけが味わえました。

Img_3290


基本の一本、鶏もも。

Img_3293


この日の隠しメニュー「つなぎ」

ハラミとレバーを仕込む時に削ぐ、血管やらなんやらを串にしてます。

皮とも違う、くにゅりとした食感が面白い一品。

何時もあるわけではないようですが、

こういった希少部位が味わえるのも面白いですねぇ。

早めに予約して、希望のネタを伝えておくと、出会える可能性が高くなるそうです。

Img_3296


やげんなんこつ

なおさんのやげんは、身がたくさんついていて、食べごたえあります。

Img_3297


鶏ハラミ

Img_3301


馬肉

Img_3300


新メニューその4 ささみ茶漬け・ハーフ。

メニューにはフルサイズしか記載されてませんが、

こちらのサイズもあります。

鶏ガラでとられたダシが絶品!

締めに最高のひと品です。

このスープを使って、さらにメニュー開発が進められているようですよ~!

この日たまたま同席してた隣席のお客さんと話してたら、

なんと、私のブログの読者さん!

すっかり打ち解けて、いろいろお話できたのも良かった!

Yさん、ありがとうございました~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『讃岐うどん屋』

『讃岐うどん屋』

「冷かけ・大」

某所にて、卸団地店で冷かけが始まったとの情報を得たので、

早速訪ねてきました。

5月ともなると、冷かけが最高の季節になりますねぇ。

讃岐うどん屋の冷かけは初体験かも?

さてダシですが…おおぅ! カツオがガツンと効いてます!

でもえぐさはなくて、シャープさが際立つ、良いダシです!

麺の方は、きゅっと引き締まってはいても、

出汁が上滑りすることなく、

きっちりと連れて来てくれるので、

満足感も高いです。

後半は柚の酢を投入して、さらにさっぱり感アップ。

普通のかけと、お値段同じでこの充実感は・・・・heart

冷かけの夏、到来ですね~~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『猿越山』

2015.5.2 『猿越山』

世間はGWで賑わってますが、そんな喧騒を逃れたく、

どこかメジャーでない山域で、と探してたら、

ネットの掲示板やHPにこの山の情報がUPされてて、

ここなら大丈夫だろうとお出かけしてきました。

最近行かれた方の情報によると

好展望、ミツバツツジ咲く稜線歩きが楽しめるとのこと。

池川の奥、山中に突如現れる大規模林道を西へ行き、

Img_3149


7:00

この場所から登りはじめます。

すでに中津明神をはじめ、これから歩く山並みが一望です。

Img_3148


登山口。『公山』の紅い標識の下には、雑誌山の標識もありました。

Img_3156

7:10

10分も歩けば小屋があります。造林小屋かな?

Img_3163

7:32

植林を抜け、自然林になって少し進むと、

雑誌山や黒滝峠の分岐、その少し先にはから池と、

これから目指す中津明神方面の標識。

から池は帰りに訪れることにし、先へ行きます。

Img_3172

スミレ類もあちこち咲いてます。

Img_3177


7:58

中津明神を見ながらミツバツツジを楽しむ。

から池周囲や、稜線各所にミツバツツジが点在。

Img_3198


オオカメノキの白さも鮮やか。

Img_3189


はるか眼下には、桜が!結構大きな木と見ましたが、

ここに行くにはなかなか大変そうです。

大規模林道がいつかこの下まで通ったら、ね(笑)

Img_3200


山頂直下の急登を登りきると、素晴らしい眺望が!

Img_3210
9:00

山頂から見る石鎚山とその周囲の山々。

これ以上ない好天と、そよそよ吹き続ける風が最高です。

Img_3206


中津明神方面を見ると、何か空飛ぶレジャーをされている様子。

Img_3208

9:15
少し中津側まで歩くと、中津明神から続く林道の登山口まで来ます。

明神まではどれくらいだろう?1時間あれば十分でしょうかね?

この日はここから引き返します。

Img_3216


はるか石鎚山は、きっと登山客でごった返していることでしょうが、

この日の猿越山は私ひとり占めでした。

こんな晴天の日なのに、こんなに絶好の展望台なのに、

誰も来ないとは・・・。贅沢なひとときでした。

Img_3221


帰りはのんびり花を見ながら、

Img_3236


ゆっくり下山。

Img_3253

Img_3257
帰りはから池へ。

Img_3262


不思議な空間です。

Img_3270

ネコノメソウ

これから四季折々色々咲くのでしょうね~!

から池で40分くらい遊んでました。

下山したのは12:30

Img_3280


今度は雑誌山に登ろう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『春日』

『春日』
『ゲソ天ざる・大』

近くに用事があったので、久しぶりの春日さん。
ゲソ天をいただこうと注文しました。
…が、ゲソ天は一個(というか一塊のみ)
あとは野菜天でした。
一個はちょっと淋しい…(^_^;)
まあうどんはバッチリ茹でたてでうまかったです\(^ー^)/

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »