« 『春日』 | トップページ | 『讃岐うどん屋』 »

『猿越山』

2015.5.2 『猿越山』

世間はGWで賑わってますが、そんな喧騒を逃れたく、

どこかメジャーでない山域で、と探してたら、

ネットの掲示板やHPにこの山の情報がUPされてて、

ここなら大丈夫だろうとお出かけしてきました。

最近行かれた方の情報によると

好展望、ミツバツツジ咲く稜線歩きが楽しめるとのこと。

池川の奥、山中に突如現れる大規模林道を西へ行き、

Img_3149


7:00

この場所から登りはじめます。

すでに中津明神をはじめ、これから歩く山並みが一望です。

Img_3148


登山口。『公山』の紅い標識の下には、雑誌山の標識もありました。

Img_3156

7:10

10分も歩けば小屋があります。造林小屋かな?

Img_3163

7:32

植林を抜け、自然林になって少し進むと、

雑誌山や黒滝峠の分岐、その少し先にはから池と、

これから目指す中津明神方面の標識。

から池は帰りに訪れることにし、先へ行きます。

Img_3172

スミレ類もあちこち咲いてます。

Img_3177


7:58

中津明神を見ながらミツバツツジを楽しむ。

から池周囲や、稜線各所にミツバツツジが点在。

Img_3198


オオカメノキの白さも鮮やか。

Img_3189


はるか眼下には、桜が!結構大きな木と見ましたが、

ここに行くにはなかなか大変そうです。

大規模林道がいつかこの下まで通ったら、ね(笑)

Img_3200


山頂直下の急登を登りきると、素晴らしい眺望が!

Img_3210
9:00

山頂から見る石鎚山とその周囲の山々。

これ以上ない好天と、そよそよ吹き続ける風が最高です。

Img_3206


中津明神方面を見ると、何か空飛ぶレジャーをされている様子。

Img_3208

9:15
少し中津側まで歩くと、中津明神から続く林道の登山口まで来ます。

明神まではどれくらいだろう?1時間あれば十分でしょうかね?

この日はここから引き返します。

Img_3216


はるか石鎚山は、きっと登山客でごった返していることでしょうが、

この日の猿越山は私ひとり占めでした。

こんな晴天の日なのに、こんなに絶好の展望台なのに、

誰も来ないとは・・・。贅沢なひとときでした。

Img_3221


帰りはのんびり花を見ながら、

Img_3236


ゆっくり下山。

Img_3253

Img_3257
帰りはから池へ。

Img_3262


不思議な空間です。

Img_3270

ネコノメソウ

これから四季折々色々咲くのでしょうね~!

から池で40分くらい遊んでました。

下山したのは12:30

Img_3280


今度は雑誌山に登ろう!

|

« 『春日』 | トップページ | 『讃岐うどん屋』 »

登山記録」カテゴリの記事

コメント

☆ふぉんさん

家族サービスでしょうか?お疲れ様でした。
お子さんがいらっしゃると、どうしても
もまれなくてはいけませんよね(^^ゞ

山も、石鎚山とか剣山とか有名どころは
GWあたりは人ごみにもまれますよ(笑)

それでもきれいな空気や絶景は、
身体の細胞が入れ替わったような、
すっきりした気分が味わえます。
いつか、お子さんとぜひ~!

投稿: 紅千鳥 | 2015年5月 5日 (火曜日) 午前 08時13分

山いいですねぇ~
GWの喧騒を避けて静寂と絶景を味わう。
命の洗濯ができそうです。
ちなみに私は一日の休暇を人ごみにもまれ終わりましたw

投稿: ふぉん | 2015年5月 4日 (月曜日) 午後 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/61528540

この記事へのトラックバック一覧です: 『猿越山』:

« 『春日』 | トップページ | 『讃岐うどん屋』 »