« 高松市『うどんバカ一代』 | トップページ | 『甘いもの二題』・・・ 『夢果房たから』『吉野川ハイウェイオアシス』 »

高松市『もり家』

♫ずっと探してた~ ホントの自分を~♪

というテーマソングが流れる、

某国営放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』で最近取り上げられた【もり家】さん。

高松市『もり家』

バカ一を出た後、イオンやらあちこちでかけて、訪れたのは、11時半ごろ。

平日なのにざっと40人くらい並んでました。

GWは3時間待ちだったとか(・。・;

ですがこの日は40分ほどで着席。
高松市『もり家』

思いっきりブレブレですが、注文したのは、

春季限定『竹の子天ざる・大』

ここは大だと、せいろが二枚になるようです。お蕎麦みたい(*^_^*)

しゃくっとした竹の子の歯触りがいいです。

天つゆか藻塩で食べます。

高松市『もり家』

この日は森田大将自らの麺でしたが、この麺は凄かった!

表面はふわりと軟らかく、それでいてしなやかに伸び、中心には凛とした歯ごたえを残す、

剛柔兼ね備えた、絶妙のコシ。

諸条件すべてが整い、

打ちも茹でも完璧に近い精度で決まったからこそのように思えます。

つけダシも、濃厚なのに、尖ったところがまるでなく、真円に近いまろやかさ。

正に『プロフェッショナル』という言葉がふさわしい、そんなひと品でした。

テレビに出ることにより、色々ハードル上がってしまっているかと思いますが、

そんなことをものともしない、素晴らしい実力を拝見でき光栄でした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

|

« 高松市『うどんバカ一代』 | トップページ | 『甘いもの二題』・・・ 『夢果房たから』『吉野川ハイウェイオアシス』 »

うどん!」カテゴリの記事

コメント

☆グランマー啓子さん、

連休に有名店や道の駅は、やはり大混雑なのですね。

私の場合、シフト制の仕事なので、
連休とかがない代わりに、平日に行けるのがありがたいところです。

しかし、四国から大阪まで12時間とは…。
恐ろしくて想像すらできません。


それでも、帰れるふるさとがあるっていうのは
素晴らしいです。
息子様ご夫妻には、渋滞してでも帰りたい場所なのでしょうね。

投稿: 紅千鳥 | 2015年5月14日 (木曜日) 午後 05時55分

紅千鳥さん こんばんは

「もり家」のうどんは、幻のうどんでした

連休で帰省していた息子夫婦が
「もり家」に寄ったら3時間待ち
「うどんバカ一代」も長蛇の列で諦めたとか

恐るべし、さぬきうどんですね!

結局、淡路の道の駅で「しらす丼」を食べたけど
此方も2時間待ち!

おまけに淡路で45kmの渋滞にも遭い
12時間かかって大阪に帰り着いたそうです

話を聞いただけで疲れました

投稿: グランマー啓子 | 2015年5月13日 (水曜日) 午後 11時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/61584255

この記事へのトラックバック一覧です: 高松市『もり家』:

« 高松市『うどんバカ一代』 | トップページ | 『甘いもの二題』・・・ 『夢果房たから』『吉野川ハイウェイオアシス』 »