« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の29件の記事

『滋味創菜たちばな』

同僚とサシで飲みに出かけました。

一軒目は後日アップするとしてここは二軒目。

少し前かもん亭さんに行ったとき、

そこの大将が、満席だったためお断りしたお客さんに、

「たちばな」さんをお勧めしてたのが記憶にあり、この日訪ねてみることに。

まずはつきだし。

『ハランボの梅肉和え』

ハランボがとてもサッパリ仕上がってます。

つきだしを見て、

この後の料理も間違いないと確信できました。

さて、まずはやはりお刺身。

数ある中から『愛媛産岬アジ』

鯵とは思えない身の厚み、

そして、半端ない脂のノリ。

わさびを大量につけても、

脂ですべてかき消されてしまうくらい。

スッととろける絶妙の旨さでした!

「黒毛和牛タタキ」

お肉が見えませんが、この下には絶品の和牛が隠れています。

甘めのお醤油を使った自家製ポン酢が旨い。

大将は清水出身とのことで、中村のマルサ醤油を使っているようです。

そんなことを話してたら、『グレタタキ』を勧められたのでいただきました。

こちらもまた旨かった!

気さくにいろいろ話して下さる大将の心遣いも嬉しいですね。

『〆は金目鯛炙りの握り』

分厚い身の下にはほんのり甘めのシャリ。

言わずもがなの旨さでした。

手前の甘酢ショウガはピリッと辛口。

他のお客さんが食べてるものも見てましたが、

素材を吟味されているようです。

大将も、お魚はいいものを出したいと言われてました。

大満足でお店を後にしました。再訪決定です!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺房まつみ』

『麺房まつみ』
『ひやかけ、きつね・中』

ニッポンノ夏、ヒヤカケノ夏!
イヨイヨ到来!!

ゴチソウサマデシタ♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺's HOUSE 繋』

『』

『柚子の冷たい塩らぁ麺』

冷やしラーメン第二段は、柚子・塩の組み合わせ。

丁寧に盛られた薬味の赤玉ねぎ・オクラ・大葉・ミョウガ・ミニトマト・青柚子。

これらがそれぞれの香味と歯ごたえで、食感を演出してくれます。

二種類のチャーシューは箸休め。

全体的にあっさりの味わいですが、

チャーシューを齧ると濃厚な旨味が広がってきて、

更に食べ進めたくなります。

スッキリしたスープと、

いつもながらに旨味ある細麺。

とってもよくまとまってて、

今回もバリウマでした。

しかし提供は今月いっぱいの予定との事。

来月の第3弾は、スープはカツオ・醤油系で、麺は太麺との情報あり。

こちらも期待大ですね~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川『アミチャーベーカリー』

『アミチャーベーカリー』

「イモ食パン」

高松市内の商店街をうろうろしてたら、

オーガニック産直みたいな店で、

このパンを見つけました。

お店は坂出にあるようです。

以前、何かでここのパンが美味しいと聞いてたので購入。

トーストすると、何もつけなくてもお芋の甘さがあって美味しい!

自然な風味で、あっさりした後味もいいですね。

今度はお店に行ってみようと思います。

他のパンも期待できそう!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『まんのう公園』

『まんのう公園』

食べてばかりでは何なので、

まつばらからの帰り道、

今が見ごろのまんのう公園のアジサイを見に行ってました。

『まんのう公園』

はじめてきましたが、広大で良いところですね~。

『まんのう公園』

入園料が駐車場代と合わせて720円かかりますが、

価値はあると思いました。

『まんのう公園』

紫陽花がみっしり壁のように咲いてます。

『まんのう公園』

雨模様で、早々に退園しましたが、

一日じっくり堪能したいですね。

しかし、雨の平日だからかほとんどお客さんがいなかったです。

国営とはいえ、これで大丈夫なのかとちょっと心配になりました(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松寺井町『まつばら』

高松寺井町『まつばら』

『かしわ天ざる・中』
高松寺井町『まつばら』

このお店、ネットでの情報では、

麦蔵の共同経営者の一人が独立されてできたお店、との事。

となると、名物は当然かしわ天ですよね~♪

麦蔵に同じく、宮崎地鶏使用で、

とても濃厚な鶏天。もも肉だからと言うのもありますが、

鶏の旨さが素晴らしいです!!!

麺はもっちりどっしりとやや重いタイプ。
ほんのり残る塩気がいいです。

つけ汁は濃いめの甘め。

濃厚な鶏天やずっしりした麺に負けない旨味もあります。

鶏天は単品だといろんなフレーバーもある様子。

カレーもきっと旨いんだろうな…。

いろいろ食べに来てみたいお店ですね~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯山『よしや』

飯山『よしや』
【讃岐もち豚のすだち醤油うどん・中】

久しぶりにうどん県へ(^O^)
朝ご飯に選んだのは、
純手打ちの名店【よしや】さん。

ネジネジの麺は相変わらずもちもちでうまい。
もち豚も、その名の通り、
もちもちで、肉の甘味が素晴らしい。

すだちをギュッと絞ると、
爽やかな香りと酸味が、
肉のしつこさを消して、
さっぱりとした旨さに。

さすがによしやさんは安定して旨いですね〜。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『すき家』

『すき家』

『朝定食+牛小鉢』

大塚国際美術館に行った日の朝、

鳴門市内のすき家で開館前に腹ごしらえ。

まぁ、日本中、どこでも味は一緒かと思いますが(笑)

(あ、でも関東と関西で味噌汁の味が違う、とかあるのかな?)

ご飯に味噌汁、生卵、ヒジキ煮、海苔、そして牛小鉢。

基本の朝ごはんですね~(^_^)

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『かつや』

『かつや』

『ヒレカツ定食』

かつやでは、ほとんどの場合、限定品ばかりを食べていたので、

定番メニューを食べるのは久しぶりです。

(単にヒレカツ150円引きキャンペーンだったからなのですが(^_^;)

ふっくら柔らかいヒレカツ。

チョイと酸味あるソース。

ふわふわに盛られたキャベツ。

豚の旨味たっぷりのトン汁。

フェア中とはいえ、

これで700円を切るお値段なのはさすがですね。

安くておいしい、ありがたいお店です(*^_^*)

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺´s HOUSE 繋』

『繋』

『特製塩ラーメン』

この日はまだ冷やしの第二段が出てなかったのと、

気温も低めだったので、久し振りに基本の塩ラーメン+手もみ麺。

すると大将、「大分スープ変わりましたよ」と。

ほほぅ、とすすると確かに以前より濃くなってる!

丸鶏スープにさらに、魚介系の出汁を合わせてる、との事。

旨味が重厚に迫ってきて、雰囲気変わりましたね~。

何でも、醤油の方も、来週あたりかえしを変えるみたい。

これは醤油の方も食べに来ないといけないですねぇ(笑)

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『たも屋』

『たも屋』

『釜揚げ・大』

多分、人生初の、たも屋で釜揚げ。

でも、お出汁は冷でいただきました。

あつひやで食べる釜揚げもまたいいですねぇ。

夏だからか、ちょっと麺を細くしてますね~。

するするっと食べやすいです。

付け合せには鶏天。

ふっくらした食感と、塩コショウの効いた味付けが、

うどんと合います。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『かね寅』

『かね寅』

『どら焼き各種(一個160円)』

あれは5月下旬のことでした。

そのころ、どこかからの情報で、

高知病院~前川種苗の間に、

どら焼き屋さんができたらしいと聞いたのは。

その夜に前を通り看板を確認。

その翌日、早速伺いました。

私『こんちにわー、どら焼きありますかー。』

店主『すみません、営業はあさってからなんです』

私『…えっ?^_^;』

なんと、まだ正式OP前だったのでした(爆)

驚きを隠せない私。

そんな私を憐れんでくださったのか、

店主『よかったら、試作品ですけど召し上がってみませんか?』

と、なんとも素敵なご提案。

タダで一個いただいちゃいました。

食べながら、開店の苦労などを伺っていると、

同じようなお客さんが入ってきたので、

案外他にも、居たのかもしれませんね~。

前置きが長くなりました。

正式OPして少しした頃、改めて訪問。

掲示してあったフレーバーは、

つぶあん・こしあん・抹茶・チョコ・バターどら、生アイス・・・。

フムフムと見てたらその中に「マヨタク」と言う、何とも変わったものを発見。

早速食べてみると、なるほど、名前通り、

マヨネーズと刻んだたくあんが入ってました。

思いがけない取り合わせでしたが、

塩気のある種でも、案外合うものですね。

どら焼きの生地もよく膨らんでいて軽い食感。

抹茶も食べましたが、抹茶あんもしつこくなくてあっさりしてました。

東京では数多くありますが、

高知では初めてかもしれない、どら焼き専門店。

今後の展開に期待です。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『まつみ』

『まつみ』

『冷麺・大盛り』

高知橋のまつみさんに、冷麺が出たとの話を聞いて訪ねてみました♪

まずビジュアルが美しい!

左からチャーシュー・錦糸卵・ハム・きゅうり・わかめ・そして中心に海老。

特に、極細に切られたハムの食感が良いです!

スープは酸味がしっかりあるのにまろやかな口当たり。

このあたりがまつみさんらしさのように思いました。

卓上のラー油を投入すると、

マイルドだった冷麺の表情が一変して、

キリッとした印象に変わります。

後半、味の変化をつけるのもアリでした。

ピリ辛の冷やしつけ麺も気になったので、

この夏、再訪確実のお店です。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺屋 國丸』

『麺屋 國丸』

『北海道百年味噌 野菜ラーメン バタートッピング』

國丸さんに来たのは何年振りだろう?

かつては濃厚味噌で鳴らしたお店でしたが、

少し前、味をリニューアルして、

さらにおいしくなったとの話を聞きつけ訪店しました。

バターと野菜、迷った末、日ごろの不摂生を鑑みて

野菜ラーメンにバタートッピングに決定!

(全然鑑みてないのがバレバレですね・・・^^ゞ)

もっちりした麺と、パリパリの野菜の食感が好対照。

スープは以前のこってりとした感じからガラリと変わって、

味噌の強さは穏やかになり、バランスの良い濃さになってました。

少しづつ溶け出すバターの旨味で味が変わってゆくのも楽しかったですね。

締めにご飯の小にスープを投入し、

卓上にある柚子酢を混ぜて完食。

柚子がいい仕事しますね~。

こってりしたラーメンの食後を

爽やかな印象に変えてくれました。

次はチャーシューか味噌カツを

不摂生度外視して食べてみたいと思います(^^)

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『俺の串なおさん』

Img_5725

カウンターのみ7席ですが、

黒を基調としたシックな店内が、

落ち着いた大人の空間を演出してます。


Img_5727

「せせり・タレ」

肉のうまみが一番濃厚なのは、やはりせせりですよね~(^_^)

Img_5728


『生姜巻』

ショウガのピリッとした辛さが何とも言えず美味です。

Img_5730


『皮・塩』

いつもはカレー味のたれですが、

塩もまたシンプルで良いですね!

一旬からの帰り道、一人で二次会~♪

麦のお湯割りと串を3本。

ん~、至福のひとときですなぁ。

心をほぐして帰路に着きました(*^_^*)

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土佐町 田井 『繁じ』

二度目ましての繁じさん。

『繁じ』

前回よりちょっぴりメニューが増えてます。

野菜や海老の天ぷら、ご飯ものなんかもいずれ並ぶのでしょうか。

期待したいところです。

『繁じ』

さて、この日の注文は『肉しょうゆ・大』です。

きれいにそろった麺線を見ると、手打ちなのか機械なのか判然としませんが、

喉をくすぐる絶妙の食感で、とにかく旨い麺です。

ほんのの残る塩気もいい感じ。

しょうゆは出汁醤油で、甘すぎず、塩辛すぎず、バランスがいいです。

少々かけすぎても大丈夫ですね。

お肉は大きな薄切りの一枚肉がどんと載ってます。

後、小さな切れが3切れほど。

とても柔らかく、良いお肉を使ってますね。国産なのは疑いなさそうです。

この肉しょうゆの旨さは、

名店「やすきや」さんに並ぶのではないでしょうか?

ざる、しょうゆと食べたので、次は出汁の入ったうどんを

食べたいですね。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『一旬』

Img_5718


仕事関係の飲み会で訪れました!(^^)!

Img_5719


チョイといいおお値段ですが(^_^;)、

地物が色々ありました。

あと、沖縄料理も何故だか多いです。

Img_5720
『島ラッキョウの酢漬け』

ラッキョウと言うより、ほぼネギ(笑)

Img_5721


カツオの塩たたきは、2センチ近い厚さの切り身。

Img_5722


左・じゃこ天焼き

右奥・島ラッキョウ天ぷら

右手前・流れ子バター焼き

参加者各人が、ひと品づつ注文しましたが、

それぞれ個性が出ますね(^_^)

ここは個室が点在してて、

他のグループと隔絶した感じになるので、

しっとり話をしながら飲むには最高ですね。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『衣家』

『衣家』

『ロースかつ定食』

愛宕・じぇんとる麺さんが閉店し、

その場所でトンカツ屋さんがOP。

カツラーメンが有名でしたが、

ラーメンを止めてカツの方に特化したお店になりました。

高知にはカツの専門店は少ないので、

もっと増えればいいなあと思います。

この定食で880円なので、普段使いにはちょうどですね。

その都度切って揚げられるカツはふっくらジューシー。

粗めの衣もさっくりとしてて良い感じでした。

今度は味噌カツにしてみようかな?

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『漁ま』

『漁ま』

『芋豚西京焼』

『漁ま』

『刺身盛り合わせ(二人前)』

漁まさん、人気のようですね~。

前を通るといつも混んでますし、駐車場も一杯。

この日は開店してすぐの時間に訪店。

同僚と二人で晩御飯しました。

夜は定食がないので、刺身と豚の西京焼き、ご飯を注文。

刺身はさすがに活け締めだけあって、コリコリしたし歯ごたえがいいですね。

アジ・サバ・サーモン・タイ・カンパチ・イカ。

アツアツご飯にのせても旨いです。

麦豚は、柔らかく、

タレが美味しくて、ご飯のお供に最高でした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おく実庵』

『おく実庵』

『大天せいろ』

この日はどうしてもおそばが食べたかった!

さて、どこにしようかと考え、最近隣の敷地に移転OPされたこちらへ!

実はここ何度か尋ねたものの、駐車場が開いて無くて涙をのみ続けてたのですが、

この日はやっと旨い具合に入れました。

鱧天ざる『1600円』にも惹かれましたが、お財布と相談した結果、

無難にこちら(^^ゞ

大盛りのもり蕎麦・さっくり・もっちりした天ぷらを、

江戸風の辛めの汁に浸けて手繰りこむ…。

いやぁ、快感ですねぇ(*^_^*)

高知では数少ない蕎麦の名店。

これからも繁盛することでしょう~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳴門『ことらや』

鳴門『ことらや』

『マドレーヌ&どら焼き』

鳴門で何かお土産を買おうと検索したら、

こちらの和菓子屋さんがヒット!

常温で持って帰れるどら焼きとマドレーヌを買いました♪

どら焼きはあんこが甘さ控えめながら小豆の風味が濃厚。

スポンジもパサつきがなく、かといってしっとりすぎない、

絶妙のふわふわ感。

マドレーヌも生地が軽くてふあふあ食感。

甘さもちょうどで、抜群に旨い!

大当たりの和菓子屋さんでした。

他にも美味しそうなものたくさんあったので、

鳴門に行った際は、また立ち寄ることは確実ですね~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鴨島『王将』

鴨島『王将』

『チャーシューメン小(700円)+ご飯小(150円)』

大塚国際美術館から美郷へ移動途中、

折角だから、徳島ラーメンを、と思って検索。

『王将』と名がついてますが、

某チェーンとは無関係のお店。

大きく分厚いチャーシューが7~8枚は入ってるでしょうか、

麺や薬味が見えません(笑)

豚ももかな?脂分は控えめなので、

数あっても、しつこさはないですね~。

これで700円。

満足度高いです!

スープはこってりしてるけど、しつこくない、

スタンダードな徳島ラーメン。

小とはいえ、麺の量も普通に入ってますし、

ご飯の小も150円分ちゃんと入ってます。

確実にお腹一杯になれますね(#^.^#)

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大塚国際美術館』&美郷のホタル

毎年、第一日曜日の次の日の月曜に、

特別開館される大塚国際美術館に行ってきました。

3年ぶり、3回目。年に一度のこの日には、

通常3240円→1000円で入館できるのです。

広大な敷地に、西洋の古代から現在に至るまでの

ありとあらゆる名画が、

陶板と言う技術で再現されています。

大きさが原寸大の為、本で見るのとは違い、

とても迫力があります。

そして、偽物であるがゆえに、触ったり写真を撮ったり

色々できちゃいます(^_^)/

Img_5598

フェルメール

真珠の耳飾りの少女

Img_5602

スクロヴェーニ礼拝堂

Img_5606

貴婦人と一角獣

Img_5609

受胎告知は色々な時代、色々な画家が、

それぞれの時代の作風で残してて、

見比べるもの楽しいです。

Img_5616

色々謎の人(笑)

Img_5619


システィーナホールではコンサートもやってました。

Img_5620


『シェー』のポーズ(爆)ではないか(^_^;)

Img_5633


幻となった『ゴッホの青いひまわり』

これは以前来た時はなかった気がします~。

Img_5648


表のテラスには睡蓮。

もちろん、そのすぐ脇にはモネの睡蓮も実物大で再現。

ざっと駆け足で見るだけでも2時間、

じっくり、丸一日滞在して楽しみたい所です。

帰路、美郷に立ち寄ってホタル見物

Img_5662

Img_5693


私のへっぽこカメラでも、かろうじて写ってました(^_^;)

鳴門は遠いですが、わざわざ行く価値ありますね~(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『かつや』

『かつや』
『牛ミルフィーユカツ定食』

この日、諸事情により夕食はお外(^^)
かつやの前を通ったら、
現在の限定メニューは牛さんのカツとか!

牛カツは久しぶりだなあっと喜び勇んで入店。
けっこう遅い時間なのにお客さん多いです。

サクッと揚がってた牛カツに思わずニヤリ

タレは日本食研『晩餐館』のにんにくタレらしい。
ご飯によく合います。 
(普通のトンカツソースで良かったけど^^;))
最近はこういうコラボがホント多くなりましたね。

程よいボリュームと値段がありがたいお店です。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『JACK IN THE DONUTS』

『』

ずいぶん時間が経ってしまいました。

三ヶ森へ登った帰り、新しくできたイオン今治新都市に立ち寄った際、

このドーナツを買って帰ったのです。

ジャック インザ ドーナツ と言うお店で、四国初出店らしい。

初物に弱い高知県人(爆)ですので、

数名の待ちがありましたが、並んで買ってみました(^^ゞ

パリッとした、クロワッサン生地のドーナツで、

ガツンとした甘さもあります。

ミスドとは違う、ちょっと小洒落た感じがいいですね。

向こうへ行ったなら、お土産がてらまた買うかも…?

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『麺´sHOUSE 繋』

『繋』

『塩煮干し冷やしそば』

ガラスのうちわに宿ったキンキンに冷えた煮干しスープ。

コリコリっとした細麺の切れ味。

赤玉ねぎ・ネギ・カイワレ・青ジソといった薬味野菜のさわやかさ。

鶏チャーシュー・味玉のコク。

全体的に塩気を感じる中、濃厚さと甘さのアクセントとなるトマト。

見た目も味の構成も絶妙のバランスでした!

旨かった~~~!

6月中旬ごろまではあるようで、

その後、また別の冷やしラーメンが出るそうですよ~(^_^

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『京柱茶屋』

『京柱茶屋』

『京柱峠からの眺め』

この日は天気が良く、空気の透明度もまずまず。

かすかですが、石鎚山も確認できました。

『京柱茶屋』

『しし肉うどん』

京柱峠から矢筈山に登った後、

疲れをいやすべく立ち寄った京柱茶屋。

84歳の大将が、ことこと拵えてくれました。

麺はもちろん冷凍ですが、

お出汁が旨味が濃厚で旨いっ!

そしてしし肉もとても柔らかく、臭みもなくて、

しし肉の自然な甘みもあってこれもまた旨い!

この場所で、ということ抜きに、

仮に町中で売られてたとしても、

十分勝負できると思える珠玉の一杯でした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『土佐矢筈山』~『小桧曽山』

2016.6.2 

この日は、久し振りに小桧曽山~土佐矢筈山の稜線が歩きたくなったので、

花の時期ではなかったですが、京柱峠から登ってました。

ちょうどタイミングよく、439号線の道路工事による時間制限がなく、

平日登山が多い私には大変ありがたい!!

Img_5522


京柱峠。

登山口は、京柱林道に入って少しのところにあります。

(この日は気付かなくて、この案内板の裏から無理矢理登りました(^_^;)

Img_5525


植林の中とぐんぐん高度を上げていると、原生林分岐。

この日は左手の尾根道を選択。

Img_5528


この辺の森、笹が食害の影響か、ほとんどなかったです。

見通しは良いのでありがたいのですが何か違和感を感じました。

Img_5529


主稜線に出ました。ここまで1時間半ほど。

ここからまず矢筈山を目指します。

Img_5534


ニセ小桧曽山(1541)のピークを過ぎ、のんびり歩きます。

Img_5537

わずかに残ったミツバツツジ。花付き多いですね。

Img_5541


分岐から矢筈山まで55分ほど。

京柱峠から2時間半かかりませんでした。

この区間は平坦なので、距離が稼げますね。ありがたいです(笑)

Img_5544


ランチはカップ蕎麦。

残ったダシに、おにぎりを投入して完食。

30分ほど休憩して往路を戻ります。

Img_5550

小さな紫の花は確かヤマラッキョウ?

このあたり、多かったと記憶してます。

Img_5563


このなだらかな笹原は広々として

いつもながら清々しい気分になりますね。

Img_5564


しかし、この笹原、よく見ると、白骨化した

灌木が目立ちます。

Img_5569


帰路、小桧曽山にも立ち寄り、さらに南方の笹原も探索しましたが、

こちらもどことなく荒涼とした雰囲気。

Img_5571

枯れている木、枯れかけている木、いろいろあって気になります。

Img_5580

この木は樹皮がありません。巻枯しなのか、シカの食害か?

Img_5574


Img_5579


少しは花もありました。

Img_5590


帰路は原生林コースを選択。

Img_5592


美しい森ですが、この森も倒木が目立ちました。

環境破壊なのか、それとも長い目で見れば遷移の過程の最中なのか…。

色々考えながらの下山となりました。

Img_5594


無事下山。

この日のコースタイム。

京柱峠登山口~稜線・京柱峠分岐 1:30

~土佐矢筈山 0:55

~小桧曽山 1:00

~京柱峠 1:20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『牛藩 北本町店』

『牛藩』

この日は職場の同僚と肉っ!

土曜日とあって混んでましたが、

事前予約OKだったのでスムースに入店。

牛藩って、イチヤの経営だったんですね~。

全国チェーンだと思ってました。

高知以外に埼玉県越谷市に店舗がある様子。

何故そんな遠隔地に店舗を展開してるか不思議です(^^ゞ

イチヤと言えば紳士服ですが、

こちらは全国チェーンに押されたのか、郊外店は見なくなりましたね。

イチヤと言えばかつて、高知競馬に同名の馬がいて、結構強かった記憶。

(イチヤヒメ)とかもいたような…?)

食べてる途中、そんなことを思ってました。

しかし6人で行って2万少々。

おひとり様3500円で腹いっぱい食べることができました。
安い割にお肉は十分いいお肉でしたし、

これはまた行かないといけないですね~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »