« 三豊『アンファーム』 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2016 男木島篇 »

瀬戸内国際芸術祭2016 女木島篇

7/18から始まった瀬戸芸。

夏の島めぐりは暑さで厳しいのですが、

やはり行かずにはおれず、お出かけしてきました。

朝8時の船に乗り、まずは女木島へ。

ここはいわゆる桃太郎伝説の『鬼が島』として有名です。

Img_5909


港の入り口には鬼が見張っております(笑)。

金棒が灯台の役割をしているようです。

Img_5910


土台には小鬼ちゃんが。

Img_5911


Img_5912


Img_5908


表情豊かです(^。^)

女木港で他にまず目に入ってくるのは

Img_5917

040 木村崇人 かもめの駐車場

Img_5921

041 禿鷹墳上 20世紀の回想

ピアノの土台は傷だらけになってますね(^^ゞ

まぁ、誰でも触れる位置にあるので、仕方ないでしょうか。

インフォメーションで電動自転車を借りて、

今回初登場の作品を見に、西浦漁港まで。

Img_5932
052 ナウィン・ラワンチャイクン+ナウィン・プロダクション

西浦の塔(OKタワー)

中々POPなデザイン(笑)

作家差の方はタイの方。そういわれると、納得の色使い。

この塔は上まで登れます!

次は鬼が島大洞窟へ。

Img_5944
051 オニノコプロダクション 

オニノコ瓦プロジェクト

この鬼瓦は以前から。地元の子供たちが作ったもの。

Img_5950

バトルの場面に何やら怪しい人影が…?(^_^;)

これも作品、なのかなぁ?

前からあったような、なかったような…?(^_^;)

Img_5965

049 カオス ラウンジ

鬼の家 第一会場

この作品は、島内三か所に分かれてます


ここの洞窟にあるものは

流木や漁網を組み合わせている様子。

Img_5971

050 行武治美 均衡

行武治美さんの『均衡』は、以前からありますが、

相変わらずの美しさです。

Img_5984


鏡とガラス板とアクリルの板?を絶妙に組み合わしてますね。

Img_6004

049 鬼の家 第3会場

Img_6017

パッと見、絵のように見えますが実は…?


Img_6026
042 MEGI HOUSE 

ここも以前からあります

Img_6034

044 平尾成志×瀬ト内工芸ズ。/香川県盆栽生産振興協議会

Img_6035


盆栽が宙に浮いてます!

そして、回ってます!!

盆栽も見事なアートになってますね~!

Img_6076

045 大竹伸郎 女根/めこん

前回と、ちょっと変えてます、上には上がれなくなってました。


Img_6077

046 依田洋一郎 女木島名画座



Img_6085

049 鬼の家 第2会場



Img_6066

043愛知県立芸術大学 瀬戸内アートプロジェクトチーム

ここにはいろんなものが置かれてます。

女木島、新しい展示も多く、かつて行かれた方でも存分に楽しめると思います~。

そして、洋の東西問わず、以前より外国人の方を多く見かけました。

直島や豊島からの波及効果もあるのでしょうね。

それに比して、日本人がちょっと少なく感じたのは、

回を重ねた故でしょうかね?

次回、男木島編に続きます~!

|

« 三豊『アンファーム』 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2016 男木島篇 »

自然探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/63977300

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭2016 女木島篇:

« 三豊『アンファーム』 | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2016 男木島篇 »