« 観音寺『白栄堂』 | トップページ | 丸亀『岡じま』 »

瀬戸内国際芸術祭2016 本島篇

この日は朝早くに丸亀に到着。

7:40 丸亀港発のフェリーに乗って本島へ。 乗ってるのはほぼこえびさんたち。

一般のお客さんは20人くらいだったかな?

港について、まずは自転車をレンタル。 

普通の自転車はたくさんありますが、電動自転車は18台しかありませんので注意!

さて、当然屋内作品はまだOPしてないので、野外作品をチェック。

Img_6569

138 石井章 Verrek『出航』

これは以前から。

Img_6573

142 五十嵐靖晃 そらあみ《島巡り》
春の沙弥島から今度はこちらに。

場所が変わるとまた違って見えますね~。(実際違う網ですが(^_^;))

Img_6604

140 村尾かずこ 漆喰・鏝絵かんばんプロジェクト

こちらも前回からそのままです。

Img_6609


Img_6610

ここは前回は作品として展示されてたもの。

梵字が印象的でしたが、そのまま残されているようです。

まだ開いてなかったので、帰る前に見に来ようと思って忘れました(笑)

期間限定、100円の有料のようです。

Img_6598


141 眞壁陸二 咸臨の家

男木島でおなじみの真壁さんの作品。

床に水が張られ、それに写る壁画が見事です。

Img_6619


146 齋藤正×続・塩飽大工衆 

善根湯×版築プロジェクト こちらも前回から。

左の建物、前回私が訪ねたときは建築中でした。

右の建物、中には入れなくなってました。

Img_6627

145 アレクサンドル・ポノマリョフ

水の下の空

設置場所と言い、使われた素材と言い、如何にも瀬戸芸らしい作品。

鏡に映る網の船が三艘ならんでます。

Img_6635

晴天なら、もっと作品が映えたことでしょう!

Img_6641

144 ツェ・スーメイ  Moony Tunes
笠島の街並みの中にあります。

静謐な作品ですね。

Img_6650


143 古郡弘 産屋から、殯屋から

遠くから見ると、赤い布が彼岸花みたいでした。

こういう、当地独特の風習にクローズアップした作品も

瀬戸芸らしさですね。

Img_6657

中に進むことんな感じです。

こういう暗いところにある作品は、

目が慣れるまで時間がかかるので、

混雑する土日は避けたいところですね~。

Img_6667

139 川内豊 内藤香織 シーボルトガーデン

こちらは維持されてました。ただ時期的なものか花は少なかった^^;

その場所にある建物、中に入ると…。

Img_6670

190 蓮沼昌宏 12島の物語

春に沙弥島にあったこちらの作品が置かれてます。

実は13に増えてます。

13番目はunoとなってました!(^^)!

これで本島の作品は完了。

屋釜地区など、遠い場所の作品がなかったので、

半日でゆっくり回れますね。

次は高見島です。

|

« 観音寺『白栄堂』 | トップページ | 丸亀『岡じま』 »

自然探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/64341750

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内国際芸術祭2016 本島篇:

« 観音寺『白栄堂』 | トップページ | 丸亀『岡じま』 »