« 瀬戸内国際芸術祭2016 粟島編 | トップページ | 飯山『よしや』 »

詫間『もり』

詫間『もり』

『さんまの竜田揚げと舞茸の天ぷらぶっかけ』

粟島から11時15分の船に乗って詫間に戻った後、

この町で最近名をあげているこのお店へ。

以前一度行きましたが、『橙家』という良店があったところですね。

店内はほぼ同じ感じです。

さて、色々メニューがありましたが、

月替わりの季節メニューがあり、サンマと舞茸天だったのでセレクト。

ふっくらサンマと濃厚な旨味の舞茸も旨かったですが、

驚愕だったのはこの麺!

最近珍しいくらいの太麺でかなりの強いコシ。

ですが、中心までふっくら膨らんでいて、

小麦の香りもたっぷりと感じます。

ぶっかけ出汁も、くっきりした輪郭なのにまろやかさも兼ね備えて旨い!

キビキビ動く大将の動きもいいですねぇ(*^_^*)

ここは絶対また来ます!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

|

« 瀬戸内国際芸術祭2016 粟島編 | トップページ | 飯山『よしや』 »

うどん!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/64359161

この記事へのトラックバック一覧です: 詫間『もり』:

« 瀬戸内国際芸術祭2016 粟島編 | トップページ | 飯山『よしや』 »