« 六本木『森美術館』 | トップページ | 『麺’sHOUSE 繋』 »

赤坂ACTシアター『夜会.vol19 橋の下のアルカディア』初日

Ca3i2295

『パンフレット表紙』

ラーメン食べることも、スヌーピーミュージアムを見ることも、

それぞれ上京目的の一つでしたが、最大の目的はこちら!

11/17、初日に出かけてきました。

マイクを通しての声だけでなく、

地声も聞こえる近さの席で、

キャストの三名の声の調子も良い様子。

歌に力がこもってました!

内容は前回の再演ですが、細かいところに手を入れて、

一見さんにも、わかりやすしようとした意図は感じました。

もっとも、私のようにDVDで何度も見ているような人には、

かえって蛇足に感じる部分もあったり…(^^ゞ

曲のアレンジや歌い方、

登場人物のセリフも部分部分で変えてました。

より3人の個性や、過去が浮き出るような印象でした。

シリアスな場面では、よりシリアスな歌い方をしてましたね。

一部歌詞を追加した歌(呑んだくれのラブレター)もあり…。

1幕で『問題集』を二人でハモるシーンで、みゆきさんの方が間違い、

見事に二か国語放送となってました(笑)

一瞬、これも演出上の変化か、と思いましたが、

終演後のあいさつで間違えたことを告白してました。

まぁ、ある意味いつも通りですが(^_^;)

今まで夜会の振り付けを担当していた竹村類さんが鬼籍に入り、

どうなるのかと思ってたら、今回は意外にもラッキィ池田夫妻!

そのせいか? 今回は中村中さんの動きが、いい意味でとても大げさ(笑)

でも、中さんの個性が存分に引き出されていたようにも思いました。

(パンフにきちんとクレジットされてるのに、

他のスタッフのように写真で紹介されてないのは不思議・・・大人の事情かな^^:)

総合的には大きく変わらずで、

細かいところは微妙に変化をつけている。

今晩屋よりは変化度合いが大きくて、

24時着よりは変化度合いは少ない、

と言うところのように思います。

舞台は生ものなので後半に行くにしたがって変わってくるでしょう。

どういう変化がみられるか、楽しみにしたいところです!

|

« 六本木『森美術館』 | トップページ | 『麺’sHOUSE 繋』 »

中島みゆき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115141/64520534

この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂ACTシアター『夜会.vol19 橋の下のアルカディア』初日:

« 六本木『森美術館』 | トップページ | 『麺’sHOUSE 繋』 »