« 『銘菓創園 桂』 | トップページ | 『古民家 和』 »

高松郷東『はりや』

久しぶりにうどん県~。

 

季節に一度程度、ふと食べたくなる、はりやのうどん。

 

10時35分店着で10人くらい並んでました。

 

この日は行列多かったなぁ・・・。

 

Ca3i24190001

 

GW中に、改装したらしく、

 

外観がきれいになってました。

 

Ca3i2420

 

『かしわざる・大』

 

はりやのド定番、かしわざる!

 

ふっくら上がったとり天に、

 

もっちりした麺が2玉ドンと盛って登場!

 

甘めのつけ汁に浸し、飲むようにすすり込めば

 

極楽浄土へえんやこら~(^_^)

 

この日も抜群に旨かった!

 

 

 

珍しく欧米っぽいの外国の女性が一名で来店してて、

 

でも、日本語はできなさそうで、

 

大将がカタコトの英語で対応してたのをみました。

 

 

 

メニューもわからなかったみたいで、

 

大将ちょっと考えて、

 

かけにエビ天ととり天を一個ずつを添えて出してましたね~。

 

こういう気配りは、いつもながら、さすが。

 

 

 

お弟子さんも前回までいたAさんはいなくなってて、

 

新たにKさんという方が入ってました。

 

まだ間がない感じで動きがたどたどしい感じだったけど、

 

これから雰囲気変わってくるのでしょうね~。

 

 

 

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

|

« 『銘菓創園 桂』 | トップページ | 『古民家 和』 »

はりや!」カテゴリの記事

コメント

★竜一さん

メニューが理解できない様子だったので、
「チキンOK?]とか訊きながら、
多分、ざるのような、
お箸を起用に使ってつけて食べるのは苦手と踏んで、
提供されたのではないかと想像します。

いろんなお客さんが来たと思うけど、
どんな時も冷静で、落ち着いていて、
客あしらいが抜群なんですよね~。

てんぷらを揚げる担当の女性、
洗い場のおばちゃん、
フリーでその両方に入る女性。
従業員の方が10年来代わってないのが、
大将の人柄を象徴しているように思います。

投稿: 紅千鳥 | 2017年5月26日 (金曜日) 午後 01時49分

外国のかたが来られても丁寧に対応する。人気にあぐらをかかない「はりや」の大将の人柄が垣間見えるエピソード。読んでいてほっこりました。大将素敵ですねー(^_^)

スタンダードなうどんである「かけ」にエビ天と「はりや」自慢の鶏天を添えたってのが、言葉にできない優しさを感じます。

投稿: 竜一 | 2017年5月26日 (金曜日) 午前 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高松郷東『はりや』:

« 『銘菓創園 桂』 | トップページ | 『古民家 和』 »