« 瀬戸内国際芸術祭2019~沙弥島編~ | トップページ | 瀬居島の後は、定番コース、高松郷東の「はりや」さんへ~ »

瀬戸内国際芸術祭2019~瀬居島編~

前回まで瀬戸芸に参加していた、神戸芸術工科大学。

今回は、瀬戸芸のプログラムからは外れますが、

瀬戸芸の後援という形で、

沙弥島のすぐ東隣にある瀬居島でアート作品を展開しています。

臨時駐車場からまずは歩いて15分ほどの北浦地区へ。

Kimg1718

1.しましまのうみ  中山玲佳

ちょっと見え難いですが、左奥の防波堤のペイントがそれです。

そして、この松の木は、地元の人が大切に手入れしている名木で、

見事な枝ぶりとなっています。

こちらもある意味“アート”ですね!

 

Kimg1712

Kimg1715

2.先祖宮 かわいひろゆき

この地域特有の盆灯篭に使われている、白い蓮花を古民家につってます。

いかにも瀬戸芸らしいインスタレーション。

 

北浦地区から徒歩で山越えをして、竹浦地区へ。

Kimg1724

4.島影と面影 尹智博

これがなかなか手の込んだつくり。

針金で横から見ると、与島五島、それぞれを形作られていて、

それを上から光を当てると、

影絵で、かつてここに住んでた方々の顔が浮かび上がる、という仕組み。

それぞれの位置関係も、実際の島の配置と同じにしてあるとか。

 

3.千年の星空 戸矢崎満男

島影と面影のある家の屋根裏に設置されたインスタレーション。

場所が暗く、スマホではあまり映らなかったので画像なし。

しかし、これもまた美しい、瀬戸芸らしい作品。

戸矢崎さんは、そういえば前回もどこかで作品を出されてたような‥?

 

5.空と海のゲート 藤山哲朗

使われなくなったゲートボール場に設置された作品。

 

 

瀬居島にはこの5つの作品がありますが、

どの作品もいかにも瀬戸芸っぽさにあふれた素材や見せ方で、

わざわざ訪れても十分楽しめると思います!

 

瀬居島を後に、ランチに出かけました~!

|

« 瀬戸内国際芸術祭2019~沙弥島編~ | トップページ | 瀬居島の後は、定番コース、高松郷東の「はりや」さんへ~ »

自然探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀬戸内国際芸術祭2019~沙弥島編~ | トップページ | 瀬居島の後は、定番コース、高松郷東の「はりや」さんへ~ »