« 瀬戸内国際芸術祭2019~女木島編~ | トップページ | 【らぁ麺屋鴨】で、冷やしラーメン始まりました~! »

瀬戸内国際芸術祭~女木島編・その2~!

瀬戸芸にはさまざまな食の仕掛けもありますが、

その代表ともいえるのが、

EAT&ART TAROさんの食とアートを融合させた展開。

2013年の「島スープ」や2016年の「ALL AWAY CAFE」など、

それぞれ大変盛り上がってたことを思い出します。

 

今回は、mg15 レアンドロ・エルリッヒ 不在の存在の中にある、

レストランイアラで展開されております。

mg16 EAT&ART TARO 瀬戸内ガストロノミー

Kimg1815

こんな感じで、TAROさんが、一回20名の定員を前に、

調理の仕上げをしながらいろいろお話を聞かせてくださいます。

 

まずは前菜のサラダ。

香川産の各種野菜を、ねぎ入りのマヨネーズでいただきます。

Kimg1811

素材はすべて香川産。

野菜はキュウリ・アスパラ・スナックエンドウ・セロリ。

マヨネーズは、新鮮な卵・米酢・ネギ。

ネギのさわやかさが際立つマイルドなマヨネーズが旨かったですし、

野菜の甘みがそれによりくっきり浮き出てました。

 

Kimg1813

メインは「風とレモンのローストポーク」…だったかな(^^;

軽く干したかローストした、トマト・パプリカ・シシトウ。

豚肉もそんな感じで、旨味が凝縮されています。

それを爽やかにいただける仕掛けが、すりおろしたレモンの皮。

豚肉の脂が薫り高く美味しかったですね~!

 

 

Kimg1817

締めは鰆のお寿司。

瀬戸内の春といえば、鰆は名物です!

女木島の桜で燻された鰆は柔らかく薫り高く。

お寿司のお酢はマヨネーズに使ったお酢。

シャリもふっくら仕上がってました。

 

Kimg1819

デザートは「イアラのためのクッキー」

生姜風味の足型のクッキー。

なぜ足型なのかは、不在の存在を見れば分かります。

お茶は香川名産の高瀬茶。

とことん地産地消にこだわったランチでした。

1500円と量の割にちょっとお高いのは、

アーティストの説明と、素材のお値段かと思います。

まぁ瀬戸芸価格、とも言いますが(;^_^A

できれば、せっかくなので、各回5分くらい時間を延長して、

TAROさんと質疑応答なんかができたらよかったかと思います~!

 

そしておそらく、

夏・秋でメニューは変わる事が予想されますので、

タイミングが合えば、出かけてみたいなぁ…。

 

ランチした後は、「島の中の小さなお店プロジェクト」へ。

Kimg1822 Kimg1825 Kimg1830

レアンドロ・エルリッヒの「ランドリー」

などなど、色々見て回りました。

島の中のお店、という設定なので、

それぞれ実際に体験することができます。

美容室・卓球・マッサージ・自転車・麻雀・たこ焼き・くじ引き…。

 

女木島の締めは、

Kimg1839

mg05 ヴェロニク・ジュマール 

カフェ・ドゥ・ラ・プラージュ

こちらの作品カフェで、

アイスコーヒーと瀬戸内産甘夏のブランマンジェでまったりと。

Kimg1847

岸壁で船を待ってたら、猫が寄ってきたのでパチリ。

10分くらい、側でくつろいでました。

 

 

今回の瀬戸芸は恒久展示されてる旧作も多く、

新作もそんなにたくさんなくて、

島内で作品が展開されている地区や範囲も狭くなっており、

前回までよりゆったりと作品を見て回れるようになってますね。

 

行武さんの「均衡」という作品が前回までありましたが、

それが無くなっていたのは残念~!

夏は小豆島・男木島・大島を回りたいと思ってます~!

|

« 瀬戸内国際芸術祭2019~女木島編~ | トップページ | 【らぁ麺屋鴨】で、冷やしラーメン始まりました~! »

自然探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瀬戸内国際芸術祭2019~女木島編~ | トップページ | 【らぁ麺屋鴨】で、冷やしラーメン始まりました~! »