« 今度は丸亀の「岡じま」さんで朝ご飯! | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2019~粟島篇~ »

瀬戸内国際芸術祭2019~本島篇~

岡じまでうどんを食べた後、丸亀港から船に乗って本島へ~!

7:40の便で渡ったので、電動自転車もスムースにレンタル可能でした。

瀬戸芸では島にもよりますが、

電動自転車の有無が行程の速度に直結するので、

可能な限り電動をレンタルしています。

Kimg2311 

まずは定番、ho03 五十嵐靖晃 

そらあみ「島巡り」

春より長さを増して秋に登場。

Kimg2312_20191009183801

青空によく映えます。

瀬戸芸を象徴する作品の一つですね!

 

旧作ももちろん見ておりますが、ここからは新作を中心に~

Kimg2323

ho07 ラックス・メディア・コレクティブ

「恋の道」

干潮で水がなくて映えず(^_^;

 

 

ho12 アリシア・クヴァーデ

パラペンツ(屏風)

Kimg2354_20191009183801

女木島の不在の存在をさらに複雑にしたような作品。

鏡と枠と、小物類が織りなす実像と虚像。

とても不思議な空間。

これは実際見てみるとその不思議さがより体感出来ると思います!

本島イチオシの作品です~!

 

 

Kimg2344

軌道(革命グラディウス)

これもなかなか見事です。

奥の三連の石はどうやら組み合わさっているだけの様子。

同じ作家さんの作品ですが、

剛胆さと繊細さを兼ね備えた素晴らしいものでした!

 

ho11 ピナリー・サンピタック

Kimg2359

笠島ー黒と赤の家ー

ここは食のワークショップもあるようです。

 

ho04中村厚子 

海境

Kimg2376

暗くて写真は難しかったけど、静謐な佳作です!

 

そのほか、既存の作品も全て見て回りました。

かつて見た作品達が、時間の経過にも負けず現存しているのは嬉しいものですね。

全体的に見ても、本島は良作が多いと思います。

 

新作を中心に見たせいか、2時間くらいでさっと見て回れました。

そのため、予定より一本早い便、

11;15分の船で粟島に向かいました~!

・・・にじ観光の船は揺れました(^_^;

|

« 今度は丸亀の「岡じま」さんで朝ご飯! | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2019~粟島篇~ »

自然探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度は丸亀の「岡じま」さんで朝ご飯! | トップページ | 瀬戸内国際芸術祭2019~粟島篇~ »