カテゴリー「登山記録」の92件の記事

登山記録です

『石鎚山』土小屋往復

2017.10.11(水) 晴れ 登り2:20 下り1:45

Img_9191

朝焼けの石鎚が素晴らしかった・・・。

Img_9194

この日は好天に恵まれ、紅葉も例年以上に美しかった。

Img_9199


Img_9227


Img_9235_1


Img_9251_1


Img_9244_1


Img_9256_1


Img_9261_1


Img_0014


Img_0025_1


Img_0029_1


Img_0032_1


Img_0019_1


Img_0048


Img_0045_1


Img_0066_1

素晴らしい、ただその一言に尽きる石鎚山でした\(^_^)/







| | コメント (2) | トラックバック (0)

鷹取山保護林

中津川の彼岸花を見た後、

439号線を通るとき以前から気になってた鷹取山へ。

Img_9155

山頂には行かないので、

登山と言うよりは、トレッキング、という感じでしょうか。

北側のキャンプ場前から登り、

西側の源流の碑前に降りるルート。

Img_9157_1

樹間から国道が見えます。

Img_9160_1

林内はモミ・ツガの巨木がごろごろ。

Img_9161


巻き込み株という、切り株が再成長した物、だそうです。

Img_9162

林内に何カ所かこんな看板があります。

Img_9168

こんな苔むした所もあったりします。

登山道は、所々倒木や、崩れているところもあり、

少し歩きにくかったかな。

傾斜も案外きついです。

わかりにくくて道を探したところもあって、

120分のコースでしたが、5分ほどオーバー。

Img_9174


下の分岐には、谷川コースは通行止めの看板。

ただ、上から降りてきたときには、

そんな表示はないので注意。

Img_9177

北川川は透き通った見事な清流ですね。

折りたたみ自転車を漕いで車まで戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三嶺』

2017.8.29 晴れ

この夏は山に行けないんじゃないかと思ってたら、

ようやくお休みと晴天が重なりました。

三嶺に登るのは、なんと10年ぶり!

そのときも名頃からでしたが、当時は林道沿いの登山道でしたので、

新道に変わってから初めてとなります。

Img_9011
『新登山口』 5:45

Img_9012
三嶺林道に出会う  6:20

Img_9014

ダケモミの丘 7:17

Img_9030

山頂直下の大岩 8:40 

森林限界を突破して、この景色を見ると、三嶺に来た、って感じします!

Img_9032


Img_9035

山頂 9:00


Img_9038

上天気、暑さもほどほど。

涼やかな風が駆け巡ってました。

1時間ほど頂上でのんびり過ごして下山。

Img_9052
なんだか顔に見える避難小屋 10:10

Img_9046
ツリガネニンジン?

Img_9047
アキノキリンソウ

Img_9060

ホソバノヤマハハコ

Img_9063
シコクフウロ

高山植物もぽつぽつと。

Img_9020_3
カニコウモリ群生地(何故か横倒し(^_^;)

下山は12:35。

登りは3:15 下りは2:20ほどでした。

平日だからか、登山者は単独二名、ご夫婦1組の4名に出会っただけの、

静かな三嶺登山となりました~~\(^_^)/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふるさと林道から白髪避難小屋まで

2017.7.17 別府西熊ふるさと林道から白髪避難小屋分岐往復

Img_8880

早朝、ここから高ノ瀬へ、と思って登り始めました。

鹿の捕獲、日曜日に定期的に行われているようです。
Img_8881

この界隈のあちこちの登山口に掲示されてました。


Img_8886

天気予報は午後から下り坂だったので期待はしてなかったけど、

この時間からこのガスの発生。

展望は期待できそうにないし、下手すりゃ早々に雷雨に遭いそうだったので、

ココで撤収(笑) 登り50分 下り40分でした。

Img_8889


Img_8893

夏の草花がちらほら。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

徳島『雲早山』

イオンでご飯を食べた後、神山の道の駅で車中泊。

翌朝、雲早山に登りました。

Img_8812_1_5

往復二時間程度の楽ちんコース。

Img_8821
登山口からすぐの所に鹿!

Img_8827


フタリシズカ~、だと思う(^_^;

Img_8842
稜線はちょっと荒れ気味?

笹がなくなり、乾燥・裸地化の進行が、森の木に影響を及ぼしてるのかな?

Img_8846_1
山頂。ここまで1時間5分。下山は45分でした。

今度は高丸山まで縦走するぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『赤荒峠から国見山』

2017.5.19 快晴

Img_8696

とてもよい天気だったこの日、まだ筋肉痛も癒えず、

午後からやりたいこともあったので、

手軽で行ったことのないところ、と探してここへ。

7:20 登り始めました。

Img_8701
7:36 15分ほどでこの標識。
この写真載せ中川に少し行ったところに、

906三角点

Img_8704


Img_8708
すぐ近くの岩場から、これから登る国見山方面
Img_8713
緩やかな尾根道を上ってゆくと、かつての歴史の道に出会います。

Img_8715_1
8:27 山頂。あいにく展望なし。

Img_8716_1

すぐそばに朽ちかけた櫓があり、登ってみると、

Img_8718

かろうじて高知市内が望めました。

Img_8743


Img_8758_1

かなりねじ曲がった木(^_^;

Img_8759

帰りは50分ほどで登山口に戻りました。

往復2時間ほどで、気軽に森林浴ができる山でした~。

帰りは本山方面へ。

Img_8762

極楽浄土?を訪ねると、

Img_8765_1
ボインの木(^_^; 乳銀杏ですね!

Img_8763
お父さん預かりますって(爆)

この後私が向かったのは・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シャクナゲ満開の御祝山~三本杭』

2017.5.16 曇り

各種掲示板等で、シャクナゲが数年ぶりに大規模に開花してると聞いて、

えっちらおっちら出かけてきました。

Img_8467
6:00『万年橋登山口』 

Img_8472

6:50 

赤崖コース分岐。大嵓の滝、ってなんて読むんだろ(^_^;

林道に出会ったりしながら、高度を上げてきました。

Img_8483

7:38 御祝山山頂 

このコース、10年以上歩いてないから、記憶は完全に消去されてて、

まっさらな気持ちで登ることができました(^_^;

Img_8502
ここからはシャクナゲ尾根。

普段は桧尾根と呼ばれる場所ですが、

今はシャクナゲ尾根、という名が相応しい!

Img_8517_1


Img_8520_1
どの木も夥しい数の花をつけてます。

Img_8548_1


Img_8569

落花も夥しく、まるでシャクナゲの雨でも降ったかのよう。

Img_8580_1
ブナものびのびと美しいですね~。

Img_8594_1

林床にあったはずの笹がないのが悲しいところ。

裸地、乾燥化で、この森が消えてしまう前に

なんとかできないものでしょうか・・・。

Img_8601


Img_8613
一本の木に、これだけ花をつけるとは、

普段の姿からは信じがたいですね!

Img_8614_1

あまりにたくさん咲いていて、

歩みが進まなかったです(^_^;

Img_8626_1

シャクナゲ尾根を過ぎると、今度はアセビの森!

Img_8635
若芽?の赤が美しい。
Img_8632

苔の中にスミレが一輪

Img_8638_1

9:04 目黒鳥屋方面への分岐、かな?

Img_8646


Img_8647

山頂付近にはゲートが設置され、保護を図ってました。

Img_8649

9:15 三本杭山頂 

Img_8653

遙かにかすかに見える、石鎚山。

山頂で40分ほど休憩して下山。

帰りは奥千畳方面へ

Img_8658

10:19 熊のコル

Img_8660_1

新緑鮮やかな渓谷を下ります。

Img_8662_1

このコース久しぶりですが、

妙に倒木が多かったのが気になりました。
山が荒れてきてるのか、なぁ。

Img_8667

11:16 奥千畳

Img_8671_1

Img_8680_1

12:17 雪輪の滝

Img_8687

万年橋付近でリスを発見!

すばしっこくて、なかなかフレームに収まらず。

12:47 駐車場に戻りました。

久しぶりの万年橋周回でしたが、

比較的楽に歩ける、よいコースですね~!

また秋にでも歩きたいです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島『薬研谷』

2017.5.2 晴れ

この日は、前々から行ってみたかった徳島の薬研谷へ。

Img_8342

神山町から野間殿川内林道を上って登山口へ。

ここで、徳島から来られた二人連れと出会い、

登山口を訪ねられました。

その縁でこの日はご一緒することに。

6:50 スタート。

Img_8345

7:06 柴小屋神社鳥居

Img_8346

所々カタクリを確認しながらゆっくり上って
7:17 柴小屋山山頂

Img_8350


7:36 大道山山頂。

ここで東の尾根をたどらなければならなかったのですが、

山頂の手前に分岐を見落としていてちょっと右往左往。

Img_8352


8:04 荒れた尾根を下ってゆくと、アセビの群生地へ。

Img_8354

この辺は、土砂の流出があったのかなぁ?

Img_8360_1


枯れたアケボノツツジの根元から、

新たに芽吹いて花が咲いてました。

Img_8381_1


8:39 岩場に到着。

対岸の岩はまだ陰ってました。

Img_8401_1_2

ちょっと休憩したり、おしゃべりしたりしながら過ごし、

9:37 対岸の岩場へ

こちらも絶景ですね~

Img_8413


9:51 林道に降り立ち、岩場を見上げる。

古い林道を歩いて行くと・・・

Img_8416_1

結構大きなヤマザクラ!

Img_8425_1


この付近ヤマザクラが多く残ってますね。

山主さんが育ててるのかな?

Img_8426


10:14 工事中の林道に出会います。

工事は県の仕事で、旭が丸の方までゆくとか。

すぐに林道を逸れ四国のみちに。

Img_8432


Img_8436


Img_8442


いろいろ咲いてる花を見ながら登山口に戻りました。

11:20くらいだったかかな?

この日であった徳島からのお二人様には

飴やコーヒーをごちそうになりました。

この場を借りて御礼申し上げます。

ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大タヲ山と聖神社』

2017.4.29

世間ではGW突入ですね~。私は関係なく普段通り、一連休です(笑)

この日は午後からちょっと仕事があったので、

午前中に少し山の空気が吸いたいと思い、

越知町と津野町の境にある大タヲ山を目指しました。

稜線まで車で行けて、手軽にアケボノツツジが見られると、

最近売り出し中のところですね。

どんどこどんどこ山奥を目指していると…、

Img_8323

視界が開けこんな場所に出ます!

遠くに太平洋、蟠蛇ヶ森、見えてる町は、葉山の街。

Img_8325

帰りに、ディスカの駐車場から見上げたけれど、

この場所はかすんで分からなかったです。

Img_8310

反対側を見ると、とんでもないところに家があったりします


Img_8311

中津明神が見えてます。

駐車場も整備されてますし、歩いてすぐのところに…、

Img_8313
咲いてます。といっても、ちょっと終わりかけで、

ほとんど萎れてました(^^ゞ

Img_8321
ヒカゲツツジや…、

Img_8315

新緑も鮮やか\(^o^)/

短時間で散策できる、良いところです!

Img_8327

帰りは聖神社へ。

Img_8329


よくこんなところに建てたものですね。

Img_8334

吊り橋を渡り、遠くの脚立を登って

Img_8335
岩の上でパチリ。

短時間で森林浴ができる良い空間です。

その後、葉山側へ車を走らせると、

風の里公園につながってました。

鳥形山が近くに見え隠れする面白いドライブルート。

今度は逆から走ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市鏡『雪光山』 

2017.4.23

前回登った際気になった、柿ノ又の奥から、林道を走って、

北側から雪光山に登るルート、改めて登ってみました。

Img_8261

『森はすべてを友とする』と書かれた石碑の前が広くなっています。

ここに駐車しました。これより奥にも林道は伸びてますが、

やや荒れ気味なので、普通車はここまでが良いでしょうね。

Img_8266

ここは東屋やトイレもあって、便利なところです。

Img_8267


15分ほどでこの分岐。左手尾根のの歩道を進みます。

Img_8269

すると、10分ほどで花の展望所に。
上がこの日の画像

下が19日の画像

Img_8221

若干花数は増えているかな?

そして山頂。3人の登山者がいるだけで、静かな山頂でした。

Img_8271
この日の山頂。
↓は先日の画像

Img_8184

アセビ?の新芽が鮮やかに赤く染まってました。

Img_8296


この日はお天気も良く、透明度も高くて、

石鎚山脈の主稜線が見事に見渡せました。

Img_8293
山頂から、駐車地点の東屋がチラリと見えました。

お手軽過ぎる登山でしたが、

前日飲み会で、早起きできなかったのでこれで十分。

次のお休みに期待したいところです!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧