カテゴリー「登山記録」の83件の記事

登山記録です

高知市鏡『雪光山』 

2017.4.23

前回登った際気になった、柿ノ又の奥から、林道を走って、

北側から雪光山に登るルート、改めて登ってみました。

Img_8261

『森はすべてを友とする』と書かれた石碑の前が広くなっています。

ここに駐車しました。これより奥にも林道は伸びてますが、

やや荒れ気味なので、普通車はここまでが良いでしょうね。

Img_8266

ここは東屋やトイレもあって、便利なところです。

Img_8267


15分ほどでこの分岐。左手尾根のの歩道を進みます。

Img_8269

すると、10分ほどで花の展望所に。
上がこの日の画像

下が19日の画像

Img_8221

若干花数は増えているかな?

そして山頂。3人の登山者がいるだけで、静かな山頂でした。

Img_8271
この日の山頂。
↓は先日の画像

Img_8184

アセビ?の新芽が鮮やかに赤く染まってました。

Img_8296


この日はお天気も良く、透明度も高くて、

石鎚山脈の主稜線が見事に見渡せました。

Img_8293
山頂から、駐車地点の東屋がチラリと見えました。

お手軽過ぎる登山でしたが、

前日飲み会で、早起きできなかったのでこれで十分。

次のお休みに期待したいところです!







| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市鏡『雪光山』

2017.4.19

この日は絶好の登山日和でした。

桜も終わって、そろそろあの花が咲いてるかも?と期待して雪光山へ。

今回は柿ノ又から登ってみました。

Img_8170
ここを右に行くと登山口。

周囲に駐車スペースは狭かったので、左に行って・…、

Img_8169

すぐのところに下に降りる道があり、そこが柿ノ又公民館。

今回はそこに車を置かせてもらいました。

Img_8171


Img_8174


峠までは植林の中。石垣が多かったので、かつては棚田や集落が広がってたのでしょう。

Img_8234

途中には立派な石垣が。

御社か、学校、庄屋かな?

Img_8175

左下から登ってきました。

45分ほどで峠に。祠があります。右手の尾根に進みます。

Img_8177

手水分岐。

Img_8178

ここまでくればもうすぐ頂上。

Img_8188
登山口から1時間35分ほどで頂上到着です。

Img_8184

敷ノ山とお目当てのアケボノツツジ。

Img_8218


Img_8221

山頂北側の斜面には、花付きの良い樹がありました。

Img_8229
遠くに見えるのは工石山かな~?

ゆっくり1時間半ほどで下山。

下山中、膝が痛くなる(^_^;) あんまり無理できないな~(^_^;)

帰りは平家の滝へ。Img_8239

Img_8259
マイナスイオンを浴びて帰宅。

7か月ぶりの登山で結構疲れてました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西予市『竜王の峰』

野福峠を後にして、法華津峠目指いて、

林道成谷・竜王線へ。

Img_7535
快適な林道を走っていると、
こんな看板があったので、ちょっと徒歩で。

10分少々で大展望が!

Img_7533
お天気さえよかったら…

Img_7527
野福峠付近も、早朝には人っ子一人いなかったのですが、

少しづつ人出があるのが確認できました。

Img_7526
この場所、謂れがあるようです。

Img_7537
そして法華津峠の展望地へ。

南予の展望が優れているのは、リアス式海岸のおかげでしょうね~。

夕焼けも見に来たいです(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『平家平』

2016.9.9

この日は高藪登山口から登りました。

平家平、かなり前に小麦畝から登り、

その後、別子側から登ったことがあったかどうか…?

とにかく久しぶりの平家平でした。

Img_6377

『高藪登山口』
未舗装路の先に、車が数台おける場所があります。

Img_6382

程よい傾斜の登山道はおおむね自然林。

道幅も広く快適です。

Img_6380


花は少なかったですね。怪しげなキノコがありました。

Img_6383


登山口から1時間40分で山頂。

あいにくガスで真っ白。

風も強く寒いし、朝露でボタボタになったので、

冠山はパスしてそそくさと下山。

Img_6390


リンドウも寒さに震えてました。

Img_6404


下山は1時間20分。

高藪の集落でヒガンバナを見つけました。

もうそんな頃なんですね(*^_^*)

Img_6407


帰りは早明浦ダム方面から帰りましたが、

大川村旧役場の屋根、見えてました。

水量少ないですが、この冬の水不足、大丈夫かな?




| | コメント (4) | トラックバック (0)

『一の森~剣山』

2016.8.8 晴れ 

梅雨明け後、ようやく山に行くことができました。

8月初旬と言えば、やはり天涯の花が見たいもの。

と言うことで剣山へ。

4:10 まだ星空の中、ヘッドランプをつけて見の越をスタート。

気温は15度くらい、涼しい~(*^_^*)

Img_6296

5:10 西島野営場 さすがに夏休みとあって、テントが二貼。

Img_6307


このころには日が昇ってきました。

Img_6310


鳥たちもお目覚めのようです。

Img_6318


5:40 『刀掛けの松』(別名・タオル掛けの松(笑))

隣の標識には帽子も忘れられてました(^_^;)

ここから行場へ。

Img_6320

『カニコウモリ』


Img_6323

『ソバナ』


Img_6330

『レイジンソウ』
このあたり、以前と比べると、

保護ネットの内側はかなり花が増えているように感じました。

そして・・・

Img_6332

咲いてました、天涯の花、

『キレンゲショウマ』


Img_6337

まだつぼみも多く、しばらく楽しめそうです。
Img_6343
この鮮やかなイエローが素敵です。

Img_6349

『ヒメフウロ?』

石灰岩の岩場の苔の上に咲いてました。

シコクフウロより小ぶりなので、たぶんヒメフウロかと。


Img_6352

『シシウド』

花火のような鮮やかな姿形。

流石にこのあたりは花の宝庫ですね。

先年大雨、土砂崩れの被害があったようですが、

なんとか維持できているようです。

Img_6353

ここから一ノ森へ。

しかし、所々沢抜けの跡が。
Img_6354

養生の跡も痛々しい。

一の森にかけて、かなり崩壊したみたいですね。

今以上広がらないとよいのですが。

Img_6357


7:00 一ノ森山頂。 快晴です。しかしアブが多い(^_^;)

見の越のお店の方によると、今年はかなり多いとか。

Img_6358


山頂すぐそばの展望台から剣山を見る。

Img_6374


8:00 剣山山頂 空を見ると、もう山は秋の気配でした。

Img_6362


陽射しはきついけど、風がカラッとして爽やか。

Img_6361


Img_6364


山頂からは、潮見台や、浦戸大橋も見えました。

Img_6366


と言うことは、あの辺りから剣山が見えてるはずですが、

こちらからではよく分からないのですよね(^_^;)。

御在所山の向こうになるのですが…。

30分ほど休憩して山頂からは真っ直ぐ下山。

9:40 見残しに戻りました。

そしてこの後、夜須までラーメン食べに行きましたとさ(笑)

折角のカロリー消費が吹っ飛んだ、素晴らしい一日でした(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『土佐矢筈山』~『小桧曽山』

2016.6.2 

この日は、久し振りに小桧曽山~土佐矢筈山の稜線が歩きたくなったので、

花の時期ではなかったですが、京柱峠から登ってました。

ちょうどタイミングよく、439号線の道路工事による時間制限がなく、

平日登山が多い私には大変ありがたい!!

Img_5522


京柱峠。

登山口は、京柱林道に入って少しのところにあります。

(この日は気付かなくて、この案内板の裏から無理矢理登りました(^_^;)

Img_5525


植林の中とぐんぐん高度を上げていると、原生林分岐。

この日は左手の尾根道を選択。

Img_5528


この辺の森、笹が食害の影響か、ほとんどなかったです。

見通しは良いのでありがたいのですが何か違和感を感じました。

Img_5529


主稜線に出ました。ここまで1時間半ほど。

ここからまず矢筈山を目指します。

Img_5534


ニセ小桧曽山(1541)のピークを過ぎ、のんびり歩きます。

Img_5537

わずかに残ったミツバツツジ。花付き多いですね。

Img_5541


分岐から矢筈山まで55分ほど。

京柱峠から2時間半かかりませんでした。

この区間は平坦なので、距離が稼げますね。ありがたいです(笑)

Img_5544


ランチはカップ蕎麦。

残ったダシに、おにぎりを投入して完食。

30分ほど休憩して往路を戻ります。

Img_5550

小さな紫の花は確かヤマラッキョウ?

このあたり、多かったと記憶してます。

Img_5563


このなだらかな笹原は広々として

いつもながら清々しい気分になりますね。

Img_5564


しかし、この笹原、よく見ると、白骨化した

灌木が目立ちます。

Img_5569


帰路、小桧曽山にも立ち寄り、さらに南方の笹原も探索しましたが、

こちらもどことなく荒涼とした雰囲気。

Img_5571

枯れている木、枯れかけている木、いろいろあって気になります。

Img_5580

この木は樹皮がありません。巻枯しなのか、シカの食害か?

Img_5574


Img_5579


少しは花もありました。

Img_5590


帰路は原生林コースを選択。

Img_5592


美しい森ですが、この森も倒木が目立ちました。

環境破壊なのか、それとも長い目で見れば遷移の過程の最中なのか…。

色々考えながらの下山となりました。

Img_5594


無事下山。

この日のコースタイム。

京柱峠登山口~稜線・京柱峠分岐 1:30

~土佐矢筈山 0:55

~小桧曽山 1:00

~京柱峠 1:20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三ヶ森(みつがもり)』

2016.5.19 この日は今治のイオンにもいきたかったので、

どこか近くの手軽な未踏の山、と言うことでこちらに。

北東側の楠窪林道は工事中らしいので、

西側の余野林道からアプローチ。

路面はフラットで、走りやすい林道でした。

Img_5444


未舗装部分をちょうど5キロで登山口。

Img_5447


この花を多く見かけました。

Img_5458


傾斜は結構ありますが、杉の枯葉と腐葉土たっぷりふかふかの道は歩きやすい。

沢に出会うと、盗掘禁止の看板。

山葵を地元の方が育成されてる様子。

右手の丸太橋を渡ってさらに進みます。

Img_5460


薄暗いですが枝打ちのキチンとされた林。

Img_5464


山頂から西に延びる主尾根に乗ると、

足元にはたくさんの花たちがお出迎え。

Img_5470


Img_5471


Img_5473


Img_5478

Img_5516





徐々に標高をあげてゆくと、シャクナゲが出てきます。

Img_5485


Img_5488


ちょっと萎れた感はありましたが十分見ごたえありました。

Img_5497


山頂手前の岩場から石鎚山脈の主稜線が一望。

ここからすぐ山頂です。

Img_5507

シャクナゲと石鎚山。

山頂は灌木が伸びてて、虫も多くそそくさと退散。

山頂までは、1時間40分ほど。

下りは傾斜がある分早くて1時間ほど。

休憩込みで3時間。

平日早朝と合って、誰にも会わない静かな登山でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『野鹿池山』

2016.5.15

ようやくお休みと好天が重なったので、山に出かけてきました。

とはいうものの、予報を見る限り下り坂傾向だったこの日。

熟慮の結果、短時間で登れる野鹿池山を選択。

立川番所側から登山口を目指しました。

番所からすぐ上のところで工事中でした。

おそらく、平日の日中は工事で通れないでしょう。

舗装林道を進み、野鹿池山登山口へ。

お天気はまずまず。

Img_5375

Img_5377


Img_5376


野鹿池山、登山口が一番の好展望の山ですね(笑)

階段状の道を登ってすぐに現れるのが、

Img_5382


シャクナゲの群生。

ここは植栽だそうですが、見事な規模です。

Img_5407


花付きもいいし、ちょうど満開といったところ。

落花も多く、つぼみは少なめだったので、

終盤でしょうかね~?

Img_5381


この奥、木道があり、そこは野鹿池。

Img_5386

こちらのシャクナゲは自生。。

しかし、あいにく花はなし。

その後、頂上へ。

Img_5392


15分くらいで着きました。

時間があるので西峰へ。

Img_5394


この間の尾根は少し笹が被ってるところもありましたが、

踏み跡明瞭、テープもあり、心配はない道ですね~。

引き返して登山口へ。

帰りもシャクナゲを撮影。

Img_5398

Img_5399

Img_5414

Img_5390
クマザサの花も咲いてました。

往復2時間足らず、アプローチの方がつらい山ですが、

たまにはいいものですね~

Img_5426


帰路、林道を走ってたら青い花が。

何の花だろ?




| | コメント (2) | トラックバック (0)

『柏尾山』

『柏尾山』

『ギンリョウソウ』
『柏尾山』

『山頂は城跡』

『柏尾山』

『月石からの眺め』

最近、ちょっと体重が増加気味(^^ゞ。

やはり、食べ過ぎと運動不足が原因のようです。
ちょっとしばらく、外食は控えめにして、

運動を増やして、体重減と体力強化に励むことといたします。

今まで夜勤明けは、どこかに食べに出かけることが多かったけど、

それを止めて、お天気の良い日は近場を歩こうと思います。

というわけで、夜勤明けに早速柏尾山へ。

春野運動公園の北部から尾根に取り付き、一気に登ると山頂へは30分くらい。

帰りは運動公園西入り口付近の通常ルートを下山。

軽く1時間半程度の運動でした。

夜勤明けにはこれくらいがちょうどですね~。

頑張って痩せるぞっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『秋葉山』『穴内八幡桜』

昨秋以来、5カ月ぶりくらいかなぁ…?

17日のことですが、山歩きに行ってきました。

西川公民館に車を置いて、岩鍋登山口へ。

Img_4808


「岩鍋登山口」

Img_4809

登山道はきれいに整備されてます。

Img_4810

しかし、結構急坂(^_^;)

Img_4812


椿が少し咲いてました。

Img_4816


林道に出ます。

ここまでくれば山頂の神社はもうすぐ。

Img_4818


ちょっと斜めになりました・・・^^;

秋葉神社です。

展望もないのですぐ下山。

Img_4819


帰りはヤマザクラを見るために、中西川方面へ。

Img_4820
Img_4821


こちらもなかなか急坂ですが、一気に下りると、ヤマザクラポイントへ。

あいにくまだちらほら。

Img_4824


Img_4825


一気に下って下山。

往復2時間半でした。

登山後、いおき家でうどんを啜った後、穴内の八幡桜を見てきました。

Img_4827

主幹はかなり傷んでいるようですが、

まだまだ花を咲かせてます。

Img_4832


樹勢が回復することを祈りたいです!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧