カテゴリー「土佐のごちそう!」の214件の記事

高知県内の美味しいモノの記録です

『大吉』さんで一杯~!

高知の友人3名と、

出張で高知に来た知人1名の5名で飲み会~!

『土佐巻』

端っこは、カツオがはみ出てました。

『クジラカツ』

濃厚なクジラの旨味を感じます。

『大吉名物 イカ団子』

食感はふっくらとしてて、

大きい団子をぱくりと口に頬張れば、

じんわりとイカの旨味が広がってきます。

これは名物になるの、分かりますね~!

一年ぶりの知人は、出張での仕事の合間に、

サクッと晩ご飯のつもりで街に出たら、

私たちに掴まって、午前様となってしまった様子(笑)

でも、私たちからすると、せっかく高知まで来て、

何のもてなしもせず返すわけにはまいりません~!

久しぶりに会ったこともあって、

いろいろな話で盛り上がりました!

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枡形の名店「筒」さんで一杯、その2~♪

お酒も進んで、まだまだ食べます!

「アスパライカバター」

その1はほとんど私のセレクトでしたが、

こちらは同僚のリクエスト。

イカもアスパラも、火加減が絶妙なんですよね~!

「岬アジ昆布締め」

これはお客様リクエスト。

昆布の旨味とアジの旨味。

それがギュッと濃縮されたこれまた逸品!

焼酎がすすんで困ります(笑)

「青さのり天ぷら」

これもお客様リクエスト。

揚がり具合が見事で、さっくり軽い食感。

これも筒さんの名物ですね~!

「握りずし・2人前」

3人なので、二人前にしました。

この日はウニがなくて代わりにイクラ!

このイクラが癖がなくてめちゃくちゃうまいイクラでした。

ネタは大トロ・中トロ・タイ・クルマエビ・白イカ、かな?

お客様は白身の魚が好物とのことで、

二貫とも召し上がられてましたね!

…子供のころ、刺身は苦手なのに、いくらだけなぜか大好きで、

瓶詰めのイクラをちびちび食べてたなぁ…。


「にゅうめん」

締め第2弾(笑)。

お客様がここのお出汁が気になる、飲んでみたい、とのことでリクエスト。

干しシイタケをまず感じられてましたね~。

このダシの“引き方”に興味津々のお客さまでした!

後半、ちょこんと載ってる生姜を溶かすと、

ぐっと味が引き締まってまた旨いんです!

3人で来たこともあり、結構食べたので、

お会計が普通の居酒屋さん二回分くらいになっちゃいましたが、

お客様も納得の表情でございました。

この日もパーフェクトな筒さんでございました!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枡形の名店「筒」さんで一杯。その1

ある日、いつもの同僚、

そしてこのお店がお初なとあるお客様をこの店にお誘いして一杯。

突き出しは「ドロメ」

いつもながら、透き通る身のさわやかさにしてやられます。

「生タコから揚げ」

タコにごく薄く衣をつけ、

さっと揚げたのち薄く切って出されているのですが、

この絶妙なレア感がいつも通りパーフェクトです。

「しめさば」

箸でつまむと、身はあくまでしっかりしてるのに、

口の中で脂とともに溶けてゆく、これまた極上品。

「あんきも」

この日、お客様が一番感動されてた一品。

後半、追加注文してました。

私も大好物であれば必ず注文します♪

まだ時期が早いのかな? 

どちらかというと小ぶりでさっぱりとした印象。

これからもっと旨味が出てくる季節なんだろうな~!

「カツオ刺身」

筒さんといえば、高知でも随一のカツオが出てくるのですが、

この日は御覧の通り。

身の色がすべてを物語っております。

もっちりとした舌ざわり、程よくのった脂で、

次第に口中でとろけてゆくその様が相変わらず素晴らしすぎでした。

鮮度だけでなく、大将の“仕事”がこの味をつくってるのだろう、

とはお客様の感想。

「恒湿恒温」のネタケースや、

その中に入っているネタの保存方法を見て、

大将の腕の確かさを認識されている様子でした。

この日はまだ食べたので、続きます…♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅『キラメッセ室戸』でジェラート~♪

日和佐からの帰り道、室戸の道の駅で休憩。

地場産品化工場で売ってるジェラートに目がとまりました♪


この日売ってたのは・・、

『牛乳・塩・ブルーベリー・チョコ抹茶・栗・カボチャ』

その中から今の時期らしいカボチャと栗をセレクト。

ジェラートは空気をたっぷり含んで、食感がソフトなのが良いですよね~。

そして、素材の旨味がダイレクトに感じられるのも楽しい所。

カボチャが特に独特の香りや旨味も加わって美味しかった~!

隣の産直で、めちゃ安のサツマイモやマコモダケを購入して帰宅。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やいろ亭」でカツオを食べる♪

お客様たちと新子と貝を堪能した次の日の夜はひろめ市場へ~!

「刺身」

身はパリッとして新鮮そのもの。

もうちょい脂がのってたらよかったけど。

「塩たたき」

タレのたたきもいただきました。

やいろのたたきは氷で締めず、

焼き切りで供されるからこその旨さですね~。

「きゅうり」

塩とゴマ脂のタレですが、これが旨いんですよね~。

「青さノリ天ぷら」

もっちりと揚げられた天ぷらが旨い~!

「はちきん地鶏・塩焼き」

鶏の脂が甘くてうまかったです!

他にも皮串・川海老から揚げ・ウツボから揚げなど、

やいろ亭名物の土佐の味をみんなでいただきました。

連休でごった返してましたが、

その活気の良さもひろめ市場のいいところ。

お客様も満足されてました~(^^♪

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久礼と宇佐で仕入れて夜は宴会~!

「浜ちゃん」で食べる前に、

道の駅中土佐の中土佐マルシェと勝丸鮮魚で

メジカの新子を仕入れました。

さばきたてはやはり違います!

さわやかな甘さと旨味が素晴らしい~!

今年の新子は脂ものってました\(^o^)/

宇佐の西村水産で貝も購入。

長太郎…1枚130円

大あさり・・・1キロ1500円

でした。

これもまたうまかった~!

遠来のお客様も大満足でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『市場のめしや 浜ちゃん』でかつお丼♪

この日は遠来のお客様のおもてなしのため、

午前中の内に久礼に買いだし~!

今が旬の新子を手に入れました!

そしてついでにお昼ご飯。

「かつお丼・大盛り(850円)」

大盛りは並と比べてご飯だけでなく、かつおの量も多い!

並が650円か700円だったので、

量を食べられるなら、こちらが断然お得ですね~!

さて、かつおの質ですが・・・・・・・、

さすが久礼というべきもので、

切り置きなのに臭み無く、

透き通った旨さは見事な旨さでした。

観光客はもちろんのこと、

地元民でも満足できること請け合いです!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに魚肉ソーセージを買ってみた。

先日、レストパークいのに行ったとき見かけたモノ。

普通の魚肉ソーセージはありふれてるけど、

『土佐』の名を冠し、四万十青さ海苔味とあり、

これはどんな味だろう?と購入。

作ってるのは宇和島のメーカーだったと思うけど、

色々素材にこだわってる感じで、

良くあるソーセージとは違い、えぐみは少なくて、旨味が多い。

1本130円で、常温保存効くから、

ちょっとした手土産なんかにも使えそう!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新庄川河口で食べる「たけざき」のおにぎり!

この日は良い天気♪

ちょっと遠出して、サイクリングで須崎へ。

国道を一気に走ると、2時間かからず到着。

朝ご飯にたけざきでおにぎり買って、

すぐ側を流れる新庄川河口加工で朝ご飯。

須崎で朝ご飯と言えば、やっぱりたけざきでしょう。

たけざきのおにぎりには色々種類がありますが、

個人的にはこの『いりこみそ』がお気に入り。

たっぷり汗をかいた後なので、いりこ味噌の塩気と

卵焼きのだしの旨味が最高です!

帰りは裏道を色々と。

まずは県道314号・浦の内仏坂多ノ郷線。

かなりの狭道ですが、遍路道のためか、

訪れる方はそこそこいるようです。

仏坂の峠に経つこの看板。

ここにはお寺や弘法大師様のいわれのあるものなどある様子。

仏坂の地名も納得ですね。

この道沿い、法面に所々壕のような穴が開いてました。

かつての防空壕か、それとも地元の倉庫なのか・・?

そこから浦ノ内湾沿いに走り、宇佐のコンビニで休憩。


汗をかいた後のガリガリ君はまた違う味わいです。

その後、春野町県道37号高知春野線の旧道、

秋山越えへ。

今はとなりの雨森農園の方に種間トンネルができたので、

この道を通る人は少なそうです。

そのせいか、不法投棄だらけでした(ーー;)

最期に治国谷を経て帰宅。

フラットな道を快適に走るのも楽しいし、

ちょっときつい上り坂を喘ぎながら登るのも、

良い運動になって楽しいです。

サイクリングは見る景色が車と違うので、

通い慣れた道にも新たな発見が多くて興味深いですね。

次はどこへゆこうかな?♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万十屋さんの逸品「天然うなぎ佃煮」を買いました!

先日クアアイナさんに言った帰り道、

四万十川河畔に建つ「四万十屋」さんに立ち寄り。

ここは天然うなぎを食べることのできるお店として知られてますが、

ここだけで、しかも限定で売られている逸品があると聞きつけたからなのでした。

それがこちら、

「天然うなぎの佃煮(1200円)」

なんでも、型の小さい、かば焼きに適さないものが取れた時だけ作られるとか。

瓶を開けると、うなぎの佃煮が6切。

一口かじると、天然らしい歯ごたえや滋味深い味わいはそのままに、

しっかりと味の載った佃煮になってます!

わずかな量ですが、天然うなぎを味わえること、

そして、佃煮を作る手間賃も考えると、

とてもお買い得な逸品といえるのではないでしょうか。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧