カテゴリー「四国のごちそう!」の75件の記事

四国(高知以外)の美味しいモノの記録です

大洲『村田文福老舗』

大洲『村田文福老舗』

 

大洲『村田文福老舗』

『月窓餅』

同僚の大洲土産。

何でも創業寛永元年(1624年)とか!400年近い老舗ですね~。

http://www.iyokannet.jp/iimono_sp/item/detail/gourmet_id/184

その中でもこの月窓餅は創業当時からある由緒正しきお菓子です。

馬の鼻づらにも例えられる軟らかさと、

青大豆のきな粉の香味、

2.3日寝かせたという餡の穏やかな甘さが特徴です。

これはパクパクいくつでも食べられそう。

大洲は歴史の街なので、他にも老舗のお店が多い様子。

ちょっと訪ね歩いてみたいものです。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島『麺屋 藤』

徳島『麺屋 藤』

「塩ラーメン」

徳島『麺屋 藤』

『焼き餃子』

前々から行ってみたかった、徳島県の山間部にありながら、

名だたる徳島ラーメンのお店を差し置いて食べログ徳島NO.1のこちらのお店。

昨年がちゃさんが行かれてましたが、ようやく私にも行く機会が巡ってきました。

時刻は12時前、カウンターが一席空いてました。

醤油・黒醤油・つけ麺などなどメニューも豊富、目移りしましたが、

個人的な好みで「塩」から。

まずスープを一口・・・。

・・・なんじゃこりゃぁ! 

口当たりはどこまでもまろやかなのに、

旨味のパンチ力がガツンときます。

脂の濃さも、塩加減も絶妙。

恐れ入りました。

麺は自家製麺かな?

プツンと歯切れがいいです。

味玉・チャーシューやメンマも味付けは控えめで、

主役のスープを引き立ててますね。

焦がしネギや柚子皮も良いアクセントです。

羽根つきの餃子はカリッと、中はジューシー。

自家製のラー油の旨さも特筆ものでした。

食べログNO.1になる理由、よくわかりました。

徹底的に洗練された一杯。

わざわざここまで出向く価値、大ありですね!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直島『山本うどん』

木の崎うどんを出た後、さてどうしようかとちょっと悩んで、

やっぱり滅多にこれない直島なのでもう一軒のうどん屋さん、

山本うどんへ。

直島『山本うどん』

「ざるうどん」

極太麺で、もっちりとした歯ごたえは、

最近流行の細めグミ麺とは一線を画す食べ応え!

昔ながらの讃岐うどん、ってこんな感じなんだろうな~。

直島『山本うどん』

家プロジェクトや、今回やっと予約が取れた『きんざ』を見て、

最終便で高松へ。夕映えがとてもきれいでした。

来年の芸術祭も賑わうのでしょうね。

おじゃましました~♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直島『木の崎うどん』

バカ一代でうどんを食べた後、フェリーに乗って直島へ。

直島『木の崎うどん』

草間彌生の赤かぼちゃを見て…

直島『木の崎うどん』

『ANDO MUSEUM』を見て…

直島『木の崎うどん』

『地中美術館』を見て…

直島『木の崎うどん』

眼下の瀬戸内海も堪能して…

直島『木の崎うどん』

宮浦港すぐの木の崎うどんでお昼ご飯!

ざる・大+鯛天。

鯛天はタイのすり身の天ぷらの天ぷら、ってなんのこっちゃですね(^^ゞ

さつま揚げに衣をつけて、揚げてある代物です。

麺は多分茹で置きでしょうが、まずまずのコシ。太麺なので、食べごたえあります。

前回の芸術祭の頃OPしたお店ですが、

直島という小さな島でも、しっかり根付いているのが凄いことです。

流石うどん県だと感じた一杯でした!

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松『手打ち十段 うどんバカ一代』

高松『手打ち十段 うどんバカ一代』
『かけ・2玉+椎茸の乗った天ぷら』

大きな仕事が終わったので、
気分転換に高松市へ。
まずは朝ご飯。
バカ一代のかけうどんは定番です。

エッジ鋭いコシのある麺より、
少し茹で置いた程よい柔らかさ、緩さが、
朝一番にはむしろ良いですね。

椎茸の乗った天ぷらは、もちもち感がGOOD!
椎茸の旨味も加味されて、なかなかのお味でした!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国中央市『ひかり食堂』

四国中央市『ひかり食堂』
『冷やしラーメン+豚めし』
久しぶりのひかり食堂!
相変わらずの繁盛振り。
12時過ぎという時間でもあり、
駐車場にすぐ入れず、少し待ちました。

さて何をと思ったら、夏期メニュー発見!
迷わず冷やしラーメンにしました。


十分な旨味とコク。
それでいて後味軽く爽やかな飲み口。
スープのクオリティは、四国屈指ではないでしょうか?

キリッと締まった麺との組み合わせもバッチリ!

豚角切りがたくさん載った豚めしも旨いし、
最後スープでダシ茶漬けにしてもうまい!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松『はりや』

高松『はりや』

『生醤油』

はりやで一度食べてみたかった生醤油。

いつもは甘いつけ汁のざるうどんなのですが、

しょうゆと薬味のみの生醤油も旨いですね~!

高松『はりや』

『いか天ざる」

生醤油だけではもちろん足りないし、折角ならんで一杯では淋しいので、

いかざる並も注文してました。

麺と変わらない食感のいか天が、とろける旨さ、

相変わらず絶品でございます。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇多津『おか泉』

宇多津『おか泉』

「こんぴらうどん(えび天+揚げ餅)」

宇多津『おか泉』

「おでん(こんにゃく+牛筋)」

島から戻って、坂出の「さらい」でお風呂に入った後の晩御飯。

遅い時間でも確実に旨いうどんが食べられる老舗おか泉へ。

端正な、びしっとスーツで決めた紳士のような、

麺も出汁も天ぷらも、如何にも讃岐うどんらしい讃岐うどん。

何かが突出しているわけではないけれど、

かといって何かが足りないということも感じない、

最高のバランス感だと思います。

んー流石、老舗の味、って感じでした!!!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松郷東『はりや』

高松郷東『はりや』
『かしわざる・大』

定期的に、そして衝動的に食べたくなる、
はりやさんのざるうどん!

この日は一番乗りでした。
ちょっと細めの麺はしなやかな腰。
クドくない、軽い甘さのつけダシ。
ふっくら揚がったかしわ天

この日のパーフェクトな旨さでした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今治『馳走屋』

今治『馳走屋』

今治鉄板焼鳥 タレ・塩

今治『馳走屋』

上・自家製豆腐

下・イカ刺し

今治『馳走屋』

せんざんき

今治『馳走屋』

寿司

今治『馳走屋』

焼きナスポン酢

この日は今治で夕食。

友人がテレビでこの店が紹介されてるのを見て、

行きたいとのリクエストがあり訪店。

今治市内の居酒屋レストランといった感じのお店へ。

駐車場も大きめで、県外客には行きやすい感じ。

今治と言えば焼き鳥とせんざんきは外せませんよね~。

鉄板焼鳥は、まぁ鶏皮を焼いたシンプルなもの。

せんざんきは、こちらもいわゆるから揚げですね。

寿司はきちんと専門の職人が握ってた模様。

オープンキッチンでの演出もなかなか見ごたえあります。

焼きナスは、太い串焼きになってました。

これはあまり見たことないビジュアル。

どの料理も平均以上で、

特別何が凄い、と言うわけではないけれど、

総合力は高めのお店でした。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧