カテゴリー「中島みゆき」の47件の記事

ツアー記録とか、です

中島みゆき「夜会工場.vol2」 福岡サンパレス 12/2公演 ネタバレほとんどなし

Img_0483

もう一つの福岡入りの理由はこれ!

二回目にして、ようやく工場の立ち位置を理解できました。

夜会でもできない、

コンサートでもできないことをする、

っていう至極単純なことだったんですね~。

みゆきさんのみならず、

中村中・石田匠・植野葉子・香坂千晶・杉本和世・宮下文一の各キャストが、

それぞれに動くことで、

シンプルに夜会をダイジェストで楽しめる、そんな作り。

あの場面に似せたシーンあり、

実際の舞台ではこんなシーンなかったぞ、と思えるシーンあったり・・・。

そのあたりのさじ加減もいい感じ。

今回の舞台、ひとことで言えば・・・、

「和世姐さん、格好いい!」

個人的にはここが一番のインパクトでした(笑)

DVDでるかなぁ・・・。

今度は出るよなぁ・・・。

前回は、撮影日に声が絶不調で、

それが理由かどうかはわからないけど、

お蔵入りしちゃいましたからね・・・。

期待します!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NEWアルバム「相聞」

Ca3i2606

TSUTAYAで買った!

(ポスターとは名ばかりのチラシ付き^^:)

しかし、今回のアルバムはひと味違ってて面白かった!

ちょこっと感想などを・・・。

1.秘密の花園

歌い出しが独特。 曲に合わせていると、絶対に合わない作りになっているらしい(笑)

そして実際、イントロに合わせてみると、見事にすかされます(^◇^;)

2.小春日和

小春日和=嘘のぬくもりってことか・・・。

こういう比喩が独特で好き。

3.マンハッタン ナイト ライン

♪変わり者が名物 浮気者が名物♪

昨今のニュースを象徴してるような詞(笑)

4.人生の素人

慕情発売時、タイトルだけで惹きつけられた曲。

5.移動性低気圧

最初このタイトル見たときに、

移動性は高気圧だろうと思ったのですが、

低気圧にしてあるのはみゆきさんらしい。

「わからん」って単語、最近ラジオでよく使うけど、

この曲が念頭にあったのかなぁ。

そして多分みゆきさん自身、この歌は特に好きな作品な気がする。

楽しんで歌ってる気がするのです。

6.月の夜に

個人的に今回のアルバムでは雰囲気の好きな曲。

曲の構成が面白い。

カラオケで歌うと気分良さそう。

7.ねこちぐら

タイトルから、多分こんな歌い方だろうと思ったら、やっぱり~!

しかし、歌い方に惑わされるけど、

詞の中身は色々と深刻・・・。

そして、ねこちぐら、は適当な英訳ができなかった模様。

8.アリアーAirー

平原さんのversionは音域が広すぎるからでしょう、

本人が歌いやすく、アレンジして登場。

9.希い

願いではなく、希いと書くのが、いかにもみゆきさんらしい。

この詞を読んでいると、「海嘯」を思い出しました。

10.慕情

ドラマに使われた歌だけど、

見事にこのアルバムを収束させる役割の歌と変わってます。

今回のアルバムはなんだか今までのどのアルバムとも違う、

駆け抜けてゆくような疾走感というか焦燥感というか、

そんなモノを感じました。

どの曲も、経過してきた時間とこれからの時間を考えた時に

生まれた歌達のような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『俵屋吉富』

Ca3i2481


Ca3i2482

『金魚づくし』

とあるミュージシャン(謎)(笑)が、

主題歌を歌っているドラマの撮影現場にこの品物を差し入れした、とのこと。

それを出演者の方がツイートしてたようです。

その情報をつかんだ知人が購入し、送ってくれました。

なんでしょう、今まで食べたことないものです。

外側はぱりっとした砂糖の殻。

それを口の中で割ると糖蜜が溢れ出てきます!

見た目のかわいさと、味わいの面白さ。

なかなかセンスある某ミュージシャンですね~!(^^)!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌縁』広島公演

お昼に三幸に行った日の夜はこちらへ。

Ca3i2369_2
『上野学園ホール』 

かつては郵便貯金ホールだったようです。

結構古いホールだと思ったら、

40年くらい前にはあったとか…。

そこで催されたのが…。

Ca3i2372_2

『歌縁広島公演』

この日の出演者は・・・中村中 華原朋美 クミコ 坂本冬美 研ナオコの5名。

出演者は豪華なのに、客席がちょっとさびしくて、

一階席はほぼ満席でしたが、二階は前二列程度しか入ってなくて、ほとんど空席でした。

 

セットリスト

中村中・・・『元気ですか~怜子』『蕎麦屋』『あした』

華原朋美・・・『あのさよならにさよならを』『黄砂に吹かれて』『激情』

クミコ・・・『十年』『ホームにて』『世情』

坂本冬美・・・『地上の星』『ひとり上手』『雪』

研ナオコ・・・『あばよ』『アザミ嬢のララバイ』『かもめはかもめ』

全15曲。+最後に全員でMCと『時代』。ナレーションは室井滋。

一曲歌ってMC,そして続けて二曲歌う、っていう形でしたね。

さてそれぞれの感想を少し…。

中村中さん。衣装が金のドレス。ピコ太郎かと思った(^_^;)

MCとしては、私はみゆきさんの歌をCDで買いましたが、

客席はレコード世代が多い(笑)、なんて話題で笑いを取ってました。

華原朋美さん。

MC・・・20代の頃は色々あって、ってところで客席から笑い。

『良かった、笑ってもらえて』

この歌(あのさよ~)をみゆきさんから貰ったのが31歳。

この歌を歌い続けていたら、ホントにさよならできた気がした。

『激情』は、華原さんでも難曲なんでしょうか、

Aメロの一部声が出辛そうでした。

クミコさん。

『十年人を思い続ける…悲惨な歌ですね(笑)』

『みゆきさんは、陰に回ってしまう人にも光を当てる優しさがある』

坂本冬美さん。

客席からの『冬美ちゃーん:』の掛け声に、

『掛け声かかると急に演歌の世界になる(笑)』

『みゆきさんの歌は人生を教えてくれる、お寺の住職さんみたい』

研ナオコさん。

冒頭のあいさつ『錦織圭です』

「23の時に曲を依頼して、あれから20年(笑)」

「探り探りいつも歌ってる」

『出演者が多くて、チケ代が高くて申し訳ない」

「ライブビューイングあります、今日より安いです」

他にもいろいろトークされてましたが、

ひたすら笑いを取ってました。ベテランのトーク術ですね!

ラスト全員登壇。

それぞれに話を研さんが振りつつ進行。

華原さん・・・研さんが楽屋に来るのを待ってた。

馬術でオリンピック出てね!

研さん・・・本来ならみゆきさんが来るとか、

来れないならメッセージでもあるのですが、

何にもない(笑)

それでいて、こちらが何をしゃべっているか、全部筒抜け。

あの型抜け目ないんです(笑)

・・・などのMCが飛び交ってました。

 

総合的にはとてもよかったのですが、

選曲がなぁ・・・・。

前回は一人二曲でしたが、今回は三曲。

 

できたら、各個人の持ち歌はともかく、

それ以外の歌は前回からとは変えてきてほしかったなぁ…とは思いました。

 

でも、こういった企画が成立するのはみゆきさんくらいなので、

これからも定期的に続けてほしいですね~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤坂ACTシアター『夜会.vol19 橋の下のアルカディア』初日

Ca3i2295

『パンフレット表紙』

ラーメン食べることも、スヌーピーミュージアムを見ることも、

それぞれ上京目的の一つでしたが、最大の目的はこちら!

11/17、初日に出かけてきました。

マイクを通しての声だけでなく、

地声も聞こえる近さの席で、

キャストの三名の声の調子も良い様子。

歌に力がこもってました!

内容は前回の再演ですが、細かいところに手を入れて、

一見さんにも、わかりやすしようとした意図は感じました。

もっとも、私のようにDVDで何度も見ているような人には、

かえって蛇足に感じる部分もあったり…(^^ゞ

曲のアレンジや歌い方、

登場人物のセリフも部分部分で変えてました。

より3人の個性や、過去が浮き出るような印象でした。

シリアスな場面では、よりシリアスな歌い方をしてましたね。

一部歌詞を追加した歌(呑んだくれのラブレター)もあり…。

1幕で『問題集』を二人でハモるシーンで、みゆきさんの方が間違い、

見事に二か国語放送となってました(笑)

一瞬、これも演出上の変化か、と思いましたが、

終演後のあいさつで間違えたことを告白してました。

まぁ、ある意味いつも通りですが(^_^;)

今まで夜会の振り付けを担当していた竹村類さんが鬼籍に入り、

どうなるのかと思ってたら、今回は意外にもラッキィ池田夫妻!

そのせいか? 今回は中村中さんの動きが、いい意味でとても大げさ(笑)

でも、中さんの個性が存分に引き出されていたようにも思いました。

(パンフにきちんとクレジットされてるのに、

他のスタッフのように写真で紹介されてないのは不思議・・・大人の事情かな^^:)

総合的には大きく変わらずで、

細かいところは微妙に変化をつけている。

今晩屋よりは変化度合いが大きくて、

24時着よりは変化度合いは少ない、

と言うところのように思います。

舞台は生ものなので後半に行くにしたがって変わってくるでしょう。

どういう変化がみられるか、楽しみにしたいところです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ラウンドワン』+『平原綾香・LOVE(アリア)』

『ラウンドワン』+『平原綾香・LOVE(アリア)』
『ラウンドワン』+『平原綾香・LOVE(アリア)』
平原綾香さんのニューアルバム、LOVEに、
みゆきさんの提供曲『アリア』が入ってます。

それを歌いたくてヒトカラへ!
めちゃくちゃ難しい(^_^;)
私には無理でした…。

ホットケーキをつまみながら、
二時間がっつり歌いました(^O^)
たまにはカラオケもいいですね〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島みゆき『一会』 Concert 2015~2016 『2/11 楽日 国際フォーラム』

東京に出かけたのはコンサートの為でした。

今回はゆったりとした4カ月にわたるツアーだったので、

お休みが取りやすくて幸運にも4度行くことができました。

回を増すごとに歌い方が変わっていったのですが、

楽日はさらに変わってて、

しっとりとした歌はよりしっとりと、

激しい歌はより激しく、

変幻自在のヴォーカルがこれでもかと展開されておりました。

今回のセトリを再掲すると…。

第1部 ~Sweet~

1.もう桟橋に灯りは点らない
2.やまねこ
3.ピアニシモ
4.六花
5.樹高千丈 落葉帰根
6.旅人のうた
7.あなた恋していないでしょ
8.ライカM4
9.MEGAMI

第2部 ~Bitter~

☆お便りコーナー (ビタースイートサンバ)

10.ベッドルーム
11.空がある限り
12.友情
13.阿檀の木の下で
14.命の別名
15.Why&No
16.流星
17.麦の唄

第3部 ~Sincerrely Yours~

18.浅い眠り
19.夜行
20.ジョークにしないか

・・・でしたが、

特に印象に残ったのは・・・下の二曲。

『ピアニシモ』はふわりと優しく慈愛に満ち、

『友情』は一言一言の鋭さが際立ってました。

噂によると、撮影が入っているらしいです。

劇場版やブルーレイでの発売が待ち遠しいですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島みゆき『一会』 Concert 2015~2016 『1/8 フェスティバルホール』

『』

パンケーキを食べた後向かったのがフェスティバルホール。

初日・12/17に続いて3度目。

フェスは音響が良いので期待大でしたが、

想像をはるかに超えておりました。

固さがあった初日と比べて、

12/17オリックス劇場は千変万化の歌声を聞かせてくれましたが、

年が明けてフェスでも、その振れ幅の大きさは変わってませんでした!

いや、むしろ、更に良くなってたと言うべきかもしれません。

近年何度もライブに出かけてますが、

ここまで歌声に変化をもたせ、

なおかつ声を自由自在にコントロールできていることは

無かったように思います。

大概、一曲目はあまり声が出てなくて、

徐々に後半に向かうにつれ出てくることが多かったのですが、

今回は1曲目からエンジン全開、それが最後まで続きます。

日程がゆったりしているから、体調を整えやすいのでしょうかね~。

全盛期はまだこれからなのかも・・・。

進化し続ける63歳、恐るべしです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島みゆき『一会』 Concert 2015~2016 『12/17 オリックス劇場』

『中島みゆきコンサート』

『オリックス劇場、中3階にあるサイン』

大阪に出向いていたわけはこちらでございました。

オリックス劇場は初めてです。

この日は年内最後の公演とあってか、

それとも回数こなしてだんだん慣れてきたせいか、

初日と比べると、すべてが良くなってたように思いました!

特に歌声が絶好調!!!

元来みゆきさんは7色の声ですが、

この日は一曲一曲すべて声が違ってました。

そのせいか、演奏陣も乗ってるように思いました。

曲のアレンジも少し変えてるのかな~?

違って聞こえましたし、

MCも絶好調で、場内爆笑の渦でした。

過去何度もコンサートに行ってますが、

この日はトップ3に入るパフォーマンスだったと言えます!

まだまだ進化し続けるみゆきさん、

次も楽しみです~!!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ドライブイン引地橋で見たもの』

『ドライブイン引地橋で見たもの』

ちょっと前、高知新聞夕刊人乗ってた記事。

これによると、引地橋のおでん屋には、

かつて沢山の有名人が立ち寄った痕跡があるらしい。

ふーんと見てたら、そこに何と『中島みゆき』の文字が!

それはどんなか見に行かねば!

と言うことで、引地橋まで出かけたわけです。

ちょうどお客さんがいない時間だったので、

お店の方に声をかけ、片っ端から椅子をひっくり返し(笑)、

この椅子を発見しました~!

『ドライブイン引地橋で見たもの』

H1年5月だと「野うさぎのように」ツアーの真っただ中と推察。

高知から愛媛への移動時でしょうかね?

記事に載ってるかた以外にも、沢山の痕跡があるようです。

引地橋の椅子の裏、気にしてみてください(笑)

お店の方、ありがとうございました!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧