カテゴリー「うどん!」の549件の記事

過去食べたうどんや他県のうどんを載せてます♪

高松郷東「はりや」さんは、雨天でも行列~!

浜堂を出て、イオン高松で休憩とお買い物。

そして、いつものように、すぐ近くのはりやさんへ~。

この日は雨でしたが、11時5分前に店に着くと、

既に暖簾が出てました。

店内に入ると席はすでに埋まり、店内行列は2名のみ。

雨のせいか若干出足が鈍いのかな~と思ったら、

10分ほどで店外まで行列になりました(^^;

この日いただいたのは、「天ざる・大」

注文して待ってたら、大将が、つけ汁の容器に

ちょっぴり余ったイカ天をサービスしてくれました♪

そして、この日のボリュームは御覧の通り。


天ぷらが、すべて45度より急な角度で立ち上がってます(笑)

つまり、この天ぷらの背後には、山盛りのうどんが隠れています(^^;

食べてる途中、天ぷらがテーブルに滑り落ちてゆきました(爆)

隣のお客さんも大盛りを注文してたのですが、

”普通の”大盛りの時だと、一玉ずつきれいに形を整えて盛ってます。

それに対してこの盛り方は、お蕎麦屋さんのざるそばのように、

大胆につかんでどんと盛り上げる感じ。

お客さんを見て、食べられそうな人には多く盛ってるのでしょうね~。

それにしてもこの日のボリュームは、いつになく多かった(;^_^A

こうして多く盛ってると当然つけ出汁が足りなくなるのですが、

大将はきちんと見てて、途中でつけ出汁を足してくれます。

事前に用意してあるものを追加で下さる時もありますが、

この日は冷蔵庫から取り出して足してくれました。

キンキンに冷えたつけ出汁にくぐらせると、

うどんがそれにより、きゅっと締められて、

いつもと全然違う食感になるのが面白かった!

はりやさんは、麺を比較的緩めに締められますし、

つけ汁も事前にかなりの数を用意しているので、

通常は常温での提供となります。

それにより、もっちりとした緩やかなコシを楽しめるのですが、

ダシが冷えているというだけで、普段より麺の締りが強くなり、

剛麺へと変貌するのは驚きでした!

たまに食べログなんかで、「もっと冷水で締めてほしい」ってコメントがありますが、

剛麺好きの人にはそうなんだろうな~。

私は…どっちも好きです♪

麺も天ぷらも通常より多く楽しめたので、

腹パンで店を後にしたのでした(^_-)-☆

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸亀市栗熊「香川屋本店」で、仕上げの一杯!

はりやを出た後、まだお腹に“若干の余裕”があったので、

帰り道にあるこちらに立ち寄り。

製麺会社直営のお店だけに、基本的なレベルの高さは保証付き!

シンプルな「かけ・小」に「海老入りの丸天」をいただきました。

やや醤油が勝ってるかな~と思えるダシと、

スタンダードな旨さの麺。

これで310円という圧倒的なCPの良さ!

500円で十分お腹一杯になれる。

これが香川のセルフの良さですよね~(o^^o)

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松郷東「はりや」さんのいか天ざるを食べる!

浜堂を出て、高松市内へ。

仮眠と買い物を経て、10時半過ぎにはりやさんへ。

既に数台の車が駐車中。相変わらずの人気です。

さっと並んで一番釜をいただきました。

この日は開店もいつもより速くて45分過ぎにはのれんを出されてました。

この日は見ての通り、久しぶりに『普通の』大盛り(笑)

なので、盛り付けがキレイです(^◇^;)

この日はいつも以上に麺の食感がパーフェクトで、

きりっとエッジが立ってるのに、尖った感じがなく滑らか。

芯まで軟らかいのにしっかり弾力があるという、

個人的に一番好みの状態でした!

ふわふわのイカ天とを交互に甘めのつけ汁に浸して、

あっという間に完食!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市郷東の「はりや」さんで『かしわざる大盛』!

浜堂を出て、ちょっと昼寝(朝寝?)して、

高松イオンでお買い物して、向かった先ははりやさん。

夏休みということもあり、早めに並ぼうかと10時25分到着で、

先客は3人組の親子連れのみ。

その後ぼちぼち並び始めて、開店時には50人程度になってました。

着席して注文を聞く大将、

私を含め、最初の6人を聞き終わった際、

「今日はここまでみんな常連さん」と言われてました。

はりやの常連って何百人といるだろうけど、

毎日たくさんのお客さんを捌く中でも

なんとなく覚えているのですね~!

【かしわ天ざるうどん・大】

久しぶりに一番釜。

最初に上がったうどんを試食した大将、

次は10秒短くして、とお弟子さんに伝えてました。

食べた感じはちょうどいいくらいに思ったけど、

大将の中では微調整したい部分があったのでしょう。

はりやのうどんは本当に麺とつけ汁と天ぷらのコンビネーションが素晴らしくて、

それぞれがお互いを引き立てあって、

二乗三乗に旨さが増幅するのが特徴です。

今一つ流行らない普通のうどん屋さんだと、

麺は美味しい・ダシは美味しい・天ぷらも美味しい、

でもなんか合ってない、なんか喧嘩してる、

そんな印象を抱くことが稀にあるのですが、

はりやさんにはそれがないんですよね~。

一品料理としての完成度が群を抜いてると思います!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三豊市高瀬『もり』で午後の昼ご飯。

坂出「とらや」を出た後、またあちこち立ち寄って、

再びのお昼ご飯は、詫間から高瀬の、

かつて松井うどんがあった場所に移転した「もり」さん。

ここの名物と言えば・・・、

『あなご一本揚げぶっかけ・二玉』

見た目のインパクトはエビ以上ですね~。

この日は若干揚がり過ぎな気がしたけど(^◇^;)、

まぁ、こんな日もあるかな・・・。

でも、麺はやっぱり素晴らしかった~~!

太め、不揃いでもっちもちの強いコシ。

仄甘さもあって、いくらでも食べられる感じ。

ぶっかけ出汁は万人受けする感じかな?

今度はざる+鶏天かイカ天でいただいてみたいです。

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坂出「とらや」で午前の昼ご飯。

「ひさ枝」で朝ご飯の後、イオンやあちらこちらで買い物して、

少し小腹がすいた頃、坂出市のとらやさんへ。

ここは、何で耳にしたか忘れたけど、

「三里うどん本舗」の大将が、

香川で美味しいうどん屋を訊かれた際に、

その答えとして言われたお店。

少し前から訪店を狙っていたのです。

『明うどん』(冷たいぶっかけ・2玉)

ここの名物は「明うどん」と名付けられたひやぶっかけ。

甘めのダシは黒糖を使っているのだとか。

それにわさびをといてアクセントに使います。

麺は結構細麺で、注文の度茹でている様子。

きりっとエッジが立っていて、なかなか見事なコシです。

幹線道からは外れますが、

周囲は工業地帯なので、路駐も可能。

だから、ある程度集客が可能なのでしょう。

このあたりは「ひさ枝」さんと共通する立地かな?

新しいお店を探求するのも楽しいです!

ごちそうさまでした♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松郷東「ひさ枝」で朝ご飯。

久しぶりに新店ツアーへ。

一件目は高松市内、名店「はりや」さんからほど近く、

朝7時から開店している『ひさ枝』さんへ

『かけ・ひやあつ・2玉』

湯で置きだけども、もっちり感残る、食べやすい麺。

ダシはイカにも香川らしい、イリコ香る旨いだし。

お昼時の回転のよい時間にまた来てみたいですね~!

『山芋バラシ』

ここの揚げ物は、普通のタイプと“バラシ”と呼ばれる、

小さめにカットされたモノがあります。

あまり他店にはない、山芋のバラシを。

衣はカリッと、山芋の歯触りはシャクッと、

塩と青のりが振られてそれだけでも美味しいし、

ダシに浸してもまた美味しい。

朝早い時間だからか、大将は一人で回してたけど、

慌てず良い笑顔で接客されてて素敵でした\(^_^)/

また来ます!

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市郷東『はりや』

「かしわざる・大」

朝に浜堂、そして昼はここ「はりや」さんに出かけるのが最近パターンになりました(^^;

到着は12時前でしたが、店外に少し並んでの入店。

並んでる間に注文を聞いてくれるので、

着席してからは早いのですけどね。

さて、この日のかしわざるは・・・、

いつも通りの旨さ♪

もっちりむっちりの麺と、

甘めのつけ汁、

塩コショウのきいたかしわ天。

この組み合わせはやはり最強ですね(^_-)-☆

この日はなぜか、カップルや女性客といった大人にも、

飴を配ってた(笑)。

こういう大将の気まぐれというか気配りというか、

場の和ませ方が面白いです。

はりやさんに、10年以上通いますが、

従業員さんがほとんど変わらない。

定期的に入れ替わる弟子を除くと。

天ぷら担当の女性。

接客担当の、数年前から見る小柄で気配りのきいた明るい接客の女性。。

洗い場担当のちょっと年配の女性。(最近あまり見かけないのは、ちょっと心配)

そしてフリーですべてを担当できる、黒縁メガネの人。

この中から大将・弟子を含め、基本4人で回してますね。

弟子がいない時は3人で回してる時もありました。

きっと、色々と働きやすい環境も作ってるんだろうな。

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松市郷東『はりや』

「いか天ざる」

注文したのは大盛だったけど、揚がった麺の量が若干足りなかったようで、

半分は次の釜になりました。なので 画像の麺は並の量です。

こういうのって、カウンターのみの形態だからこそ、

臨機応変に対応できるのですよね~。

さて、この日のはりやさんは、

なんとなくだけど、いつも以上に旨かった!

口当たりは優しく柔らかいのに、

芯の部分はしっかりと歯を押し返す弾力がる麺。

いつもより、ちょっと濃く感じたつけ汁。

サクふわに揚げられた、とろけるイカ天。

どれもこれも最高の状態でございました。

大将が他のお客さんと話をしてて、

イカや昆布など色々値上がりしてて、品薄で大変みたい。

「ラーメン屋になろうか」って笑ってました。

でもはりやの大将なら、絶対旨いラーメンつくるだろうな~!

ごちそうさまでした♪♪♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳島『のぶ穴吹店』

徳島『のぶ穴吹店』

『かけ・小+ちく天+野菜天』

須崎を出た後、満濃池や谷川米穀店を横目に徳島に出て、

吉野川沿いに192号線を東進。

小腹が空いた(^_^;ので、のぶに久しぶりに立ち寄りました。

もちっとした麺と、ちょっと濃いめのかけダシが旨い。

ちく天100円、野菜天はなんと50円!

これで税込み430円とありがたい価格設定は香川に近いからでしょうか。

しっかりお腹を満たして、次の場所に向かいました(o^^o)

ごちそうさまでした♪♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧